本郷新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本郷新
生誕 本郷新
1905年12月9日
大日本帝国の旗 大日本帝国 北海道札幌区
死没 (1980-02-13) 1980年2月13日(74歳没)
日本の旗 日本 東京都世田谷区[1]
国籍 日本の旗 日本
教育 高村光太郎[1]
出身校 東京高等工芸学校工芸図案科工芸彫刻部[2]
著名な実績 彫刻
代表作 氷雪の門
わだつみのこえ
受賞 国画奨学賞 (1931年)
野間美術賞 (1944年)
日本平和文化賞 (1953年)
北海道文化賞 (1978年)
勲三等瑞宝章 (1979年)
選出 国画会
新制作協会彫刻部
日本美術会
この人物に影響を
与えた芸術家
オーギュスト・ロダンアントワーヌ・ブールデル[1]

本郷 新(ほんごう しん 、1905年明治38年)12月9日[1] - 1980年昭和55年)2月13日[1])は、日本彫刻家新制作協会彫刻部創立会員。 息子は俳優の本郷淳、義娘(息子の妻)は柳川慶子。孫は俳優の本郷弦(無名塾所属)

来歴[編集]

北海道札幌区(現札幌市)生まれ。

1919年、旧制・札幌第二中学校(現北海道札幌西高等学校)に入学。

一度東京へ移った後に1925年に旧制・北海中学(現北海高等学校)、東京高等工芸学校彫刻部(現千葉大学工学部)卒業。

31年国画会の国画奨学賞受賞、34年同会員、39年新制作協会彫刻部創設に参加。44年野間美術賞受賞。

1945年日本美術会創設に参加。

1948年日本共産党へ入党。

1953年日本平和文化賞受賞。

1978年北海道文化賞受賞。

1979年勲三等瑞宝章受章(受章は周囲から反対されたという)。

代表作の1つ「わだつみ像」がたびたび何者かによって破壊されるという事件も起きている。

主な彫刻作品の設置場所[編集]

ギャラリー[編集]

著書・参考文献[編集]

  • 彫刻の美 冨山房 1942 中央公論美術出版より2005年復刊
  • 一彫刻家の入党記録「自由の旗の下に 私はなぜ共産党員になつたか」労農救援会編、三一書房 1949
  • されど「わだつみ」は起つ「平和運動20年記念論文集」日本平和委員会編、大月書店 1969
  • 本郷新 現代彫刻センター 1975
  • 本郷新記念札幌彫刻美術館 ニュー・スカルプチュア・センター 1981
  • 本郷新-彫刻集 求龍堂 1981
  • おやじとせがれ 彫刻家父本郷新の思い出 本郷淳 求龍堂 1994

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 本郷新”. 『日本美術年鑑』昭和56年版. 東京文化財研究所. pp. 243-244 (1981年). 2018年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月3日閲覧。
  2. ^ 本郷新について”. 本郷新記念札幌彫刻美術館. 2018年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月3日閲覧。
  3. ^ 立命館大学校友会「この1点 vol.6「嵐の中の母子像」 (PDF) 」 、『りつめい』第214号、立命館大学校友会、2003年10月1日、 16頁、2017年1月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]