750ライダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

750ライダー』(ナナハンライダー)は、石井いさみによる日本漫画作品。

週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて1975年から1985年まで連載された。単行本は少年チャンピオン・コミックスから発売され、全50巻。文庫版は全10巻。作者によると、『週刊少年サンデー』(小学館)に描いた『750ロック』(ナナハンロック)を発展させ、人間にスポットを当てて描こうとしたもの(『いきなり最終回』、宝島社より)。

概要[編集]

「高校2年生の青春」をテーマにした学園漫画。人気の高まりで連載が10年続いた。

10年間で絵も作風も変化し、当初は登場人物も少し劇画風で内容もシリアスだったが、徐々に恋愛を絡ませたさわやかな青春漫画となる。最終回は巻頭カラーで1985年1月25日号。高校3年に進級する春を目前にした冬、主人公と仲間たちが10年後の自分にレターを書き、瓶に入れて地面に埋め、タイムカプセルとするところで終わっている。

登場人物[編集]

早川光
ホンダ・ドリームCB750FOURに乗る竜堂学園高校の2年生。学校でバイク通学は禁止だが、連日バイク通学で、担任にばれると放課後の教室掃除をさせられる。もっとも、何度処罰しても没収や退学などの処分はされていない。白い作業ツナギ(ナッパ服)がトレードマーク。自己紹介の常套句は「オレ光。新幹線ひかり号の光」。最終回でも野崎順平と教室掃除をやっていた。
連載当初は目つきも鋭く、多少斜に構えた性格で、「ナナハンが没収され代わりに乗ってやると没収した教師に言われたときに前輪のアクスルシャフトを固定しているナットをこっそり外しておいて事故を誘発させようとする」「暴走族と濃霧の首都高速でバトルを行ったとき、ナナハンのブレーキランプ球を抜いた状態で相手を分岐に誘導し分岐点に衝突させる」などアウトローな行動が目立った。作品が進むに連れて次第にバイトに精を出す爽やかな少年に変貌していく。
久美子(委員長)
光の同級生。ロングヘアで品行方正であり、優しく控えめという非の打ち所がないヒロイン。クリスチャンであり、兄が一人いる。
野崎順平
光の同級生。食い意地が張っていて、空気が読めないところがあり、他の登場人物を唖然とさせたり怒られたりしているが、肝心なところでは男気を見せることもある少年。大家族の長男であり、弟や妹に対しては面倒見の良い優しい兄である。
麻子
光の同級生。おさげ髪で活発な久美子の友人。
用務員のおやっさん
光のバイクを預かる気のいい人物。旧軍では陸王に乗っていたらしい。片腕(右腕一本)ながら光のナナハンを容易く操る技量の持ち主。
熊田先生
竜堂学園高校教師。本編最終回で2人目の子供が生まれたことが判明。
喫茶店「ピットイン」のマスター
店内ではアイスコーヒーを「つべたいコーヒー(冷たいコーヒー)」とオリジナルの名称で呼称(メニュー表では普通通り表記)するなどお茶目な所がある。愛車はホンダ・モンキー。独身。
隊長
暴走族「ブラック・ベアー」のリーダーであり、初期は光と対立していた。以後は、鉄工所で真面目に働く青年として登場し、光や、その仲間達と親密になる。姉が一人いる。
番長
竜堂学園高校の3年生。校内不良グループ「竜堂組」の番長だが、竜堂組を学園を守る組織と位置づけており、普通の学生に手を出すことはなく、メンバーによる恐喝や暴力に対しては制裁を下している。自分達に非があれば自らが頭を下げることも辞さない、男気のある人物。
早川麦
光の妹、優しく素直な少女。

番外編、続編[編集]

本編の連載中に日本石油(現:JX日鉱日石エネルギー)のグループ内報紙『スリーライン』(1991年から『SUNPRESS』)で『あしたは光くん』という番外編が始まり、本編終了後も続いた(安恒理『「巨人の星」から「ルパン三世」まで“アフターストーリー”全掲載!!』、辰巳出版より)。ここで早川光は自動車整備士の資格を持ち、ガソリンスタンドでアルバイトをしていた。第77話で光は自動車を操るのに苦労し、やはり自分にはナナハンが似合うと実感。最後の第151話ではある年の春に早川光がアルバイトを辞め、ピットインでコーヒーを飲んで、ナナハンに乗ってどこかへ旅立つところで終わっている。本編作中に於いても光のバイト先は日本石油のガソリンスタンドであり、これらの縁から1980年代後半には日石スタンド内のPOPにも使用された事もある。

『週刊少年チャンピオン』2009年No.18では40周年記念で特別に描き下ろし新作の『750ライダー』が掲載された。

ラジオドラマ[編集]

1978年TBSラジオの『夜はともだち』内のコーナー「ラジオ劇画」で放送された。