古澤健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふるさわ たけし
古澤 健
生年月日 (1972-10-22) 1972年10月22日(46歳)
出身地 東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 映画監督
ジャンル 映画

古澤 健(ふるさわ たけし、1972年10月22日[1] - )は日本映画監督。男性。東京都出身[1]早稲田大学高等学院から[要出典]映画美学校を経て早稲田大学第一文学部[要出典]卒業[1]

来歴・人物[編集]

中学生の時に観た『悪魔のいけにえ2』に影響を受け、高校生の時から8ミリ映画を撮りはじめ、早稲田大学では稲門シナリオ研究会に所属する[1]。1997年、「home sweet movie」で、ぴあフィルムフェスティバルに入選し、PFFアワード1997 WOWOW賞(脚本賞)を受賞。同年、映画美学校に第1期生として入学[1]黒沢清高橋洋塩田明彦らに学ぶ[2]。1998年、16ミリ映画『怯える』が仏クレルモンフェラン国際短編映画祭の招待作品となる[3]

『大いなる幻影』(1999年)、『回路』(2000年)などで演出助手を務め、2001年に『超極道』で脚本家デビュー[1]。そして2004年の『ロスト★マイウェイ』で監督デビューした[1]

2013年現在、母校である映画美学校で授業も担当している[4]

フィルモグラフィ[編集]

監督[編集]

監督以外も担当している場合は合わせて併記する。

脚本[編集]

  • 超極道(2001年)
  • ドッペルゲンガー(2002年)
  • こっくりさん 日本版(2005年)
  • 隣之怪 参談 「ツイテナイ」(2007年)
  • 華鬼 三部作〜華鬼×神無編(2009年)
  • 華鬼 三部作〜麗二×もえぎ編(2009年)
  • 華鬼 三部作〜響×桃子編(2009年)
  • ゾンからのメッセージ(2018年)[6]

演出助手[編集]

  • 大いなる幻影 Barren Illusion(1999年)
  • 回路(1999年)

テレビドラマ[編集]

監督[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 【オトシモノ】公式サイト キャスト&スタッフ”. 『オトシモノ』公式サイト (2006年). 2018年12月6日閲覧。
  2. ^ ルームメイト特集”. GYAO!. 2013年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月20日閲覧。
  3. ^ a b “古澤健監督:「アナザー」橋本愛&山崎賢人の成長を実感 「また仕事したい」”. MANTANWEB. (2012年12月8日). https://mantan-web.jp/article/20121207dog00m200045000c.html 2018年12月6日閲覧。 
  4. ^ 古澤健監督インタビュー”. 映画美学校. 2013年11月20日閲覧。
  5. ^ 新谷里映. “古澤健監督 SPECIAL INTERVIEW”. ORICON STYLE. 2013年11月20日閲覧。
  6. ^ 古澤健; 鈴木卓爾 (2018年8月9日). vol.7 映画「ゾンからのメッセージ」古澤健プロデューサー×鈴木卓爾監督」編. インタビュアー:伊藤さとり. キネマ旬報社.. https://cinema.co.jp/column/satori-ito/article/81 2018年12月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]