木村文洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

木村 文洋(きむら ぶんよう、1979年12月28日 - )は、日本映画監督

きむら ぶんよう
木村 文洋
生誕 1979年12月 (38歳)
青森県
職業 映画監督

なお、映像美術の木村文洋は別人である。

来歴[編集]

青森県弘前市出身。1998年、京都大学法学部在学中より自主映画(8ミリ映画)の制作を開始。2000年度より、京都国際学生映画祭の創成期のメンバーの一人として運営に参加する。2003年には運営委員長となる。大学卒業後、同世代の自主映画作家の現場に参加し、映画監督の佐藤訪米井土紀州に師事。2008年、スピリチュアル・ムービーズ桑原広考高橋和博らと、青森県を舞台に六ヶ所村核燃料再処理工場に言及した『へばの』(西山真来吉岡睦雄主演)を自主制作で初長編監督。第32回カイロ国際映画祭デジタルコンペ部門でシルバー・アワードを受賞、第38回ロッテルダム国際映画祭 bright future部門出品。第2作『愛のゆくえ(仮)』(主演 前川麻子<共同脚本>、寺十吾)は第25回東京国際映画祭「ある視点」部門上映、ポレポレ東中野で2012年12月公開された。長編監督第3作『息衝く』は2012年よりサポーター募集により製作開始され、2017年に完成し、2018年2月にポレポレ東中野で公開された。

主な作品[編集]

映画監督作品[編集]

  • へばの(2008年)
  • 愛のゆくえ(仮)(2012年)
  • 息衝く(2017年)

PV[編集]

  • 気配 Vol.0 -北村早樹子(2011年/加瀬修一 contrail企画 )[1]

短篇映画[編集]

  • 雄悟(8mm/2000年)
  • なしくずしの志(2004年)
  • 小谷可南子の手馴れた砂(2007年)

その他[編集]

外部リンク[編集]