小林正弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林 正弘(こばやし まさひろ、1956年10月24日 - )は、トランペット奏者。東京都出身。

5歳よりトランペットを始め、高校在学中にRCサクセションのサポートメンバーとしてプロデビュー。その後国立音楽大学に進学したが、キャンディーズのバックバンド「MMP」に参加するなど多忙を極めたため中退。1979年に「宮間利之&ニューハードオーケストラ」に1年間在籍。退団後は、大先輩である数原晋のサイドマンとして数多くのスタジオワークに参加。1980年代後半よりサックス奏者の小池修らと共に自己のホーンセクションで数多くのスタジオワークやサポートワークに参加する。

1994年にはフュージョンバンド「Source」を結成。1997年に初めてのアルバム『Source』をリリース、音楽雑誌「ADLIB」(アドリブ)の読者人気投票でその年の「最優秀新人バンド賞」を受賞した。

1998年にバンド「Kicks」を結成、翌1999年11月にはアルバム『Kicks』をリリース。また2001年にはボサノバ系バンド「Nouvelle-B」を結成。更には同じトランペット奏者であるエリック・ミヤシロ率いる「EM BAND」などで活動中である。

また同じくトランペット奏者で「BIG HORNS BEE」などで活躍している小林太は実弟。「小林ブラザーズ」(別名「兄弟HOT! BROTHERS」)として、ライブなどでの共演も多い。

参加作品[編集]

※上記以外

外部リンク[編集]