NEW-S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NEW-S
T-SQUAREスタジオ・アルバム
リリース
録音 CBSソニー信濃町スタジオCBSソニー六本木スタジオ1991年1月 - 2月
ジャンル フュージョン
レーベル CBSソニーレコード
プロデュース T-SQUARE
T-SQUARE アルバム 年表
NATURAL
1990年
NEW-S
1991年
IMPRESSIVE
1992年
テンプレートを表示

NEW-S』(ニュース)は、T-SQUAREの16枚目のアルバムである。1991年3月21日にリリースされた。

解説[編集]

デビュー時からのサクソフォーン奏者・伊東たけしの脱退後、本田雅人が加入して最初にリリースされ、ジャズファンク色の強い音楽を得意としていた本田のプレイと楽曲が前面に出ているアルバムである。本田の作曲した3曲はどれもスクェアに新しい息吹を吹き込み[1]、特にアルバムの1曲目の「MEGALITH」はそれまでのスクェアのイメージを覆したというべき曲で[1]、ファンを大きく驚かせ[1]、伊東の脱退でスクェアはどうなるんだというファンの不安を吹き飛ばすことにも成功した(MEGALITHショック)。「インストゥルメンタル・ポップス」とでもいうべきスクェアの音楽に1960年代・1970年代フュージョンのようなテイストを加え既に確立したスクェアのスタイルをも堅持した難曲であり、同時に本田雅人の代名詞的な楽曲でもある。

また、他の楽曲も生ストリングスを導入したボサノバ・スタイルやビッグバンドスタイルなどフロントに本田を想定したつくりになっており、『NATURAL』のスタイルは伊東のソロアルバムに継承された形となっている。楽曲においてソプラノ・サックスもこのアルバムから使われるようになり、そのためEWIを使用する楽曲は相対的に少なくなっている。[2]

ちなみに、「MEGALITH」や「LITTLE LEAGUE STAR」など、アルバムのうちの数曲は、アルバム発売の1カ月前の2月25日に行われた伊東、本田の歓送迎ライブ「FAREWELL & WELCOME」にて、アルバム発売に先立ち披露されている。

初回限定版では、T-SQUAREのロゴがCDケースに直接プリントされている。また、「ROMANTIC CITY」は後にシングル『RISE』にカップリングとして収録された。

収録曲[編集]

  1. MEGALITH - 本田雅人作曲
  2. ガーティの夢 - 安藤まさひろ作曲
  3. 真夏のためいき - 安藤まさひろ作曲
  4. LITTLE LEAGUE STAR - 本田雅人作曲
  5. YOUR RESTLESS EYES - 安藤まさひろ作曲
  6. MIDNIGHT CIRCLE - 和泉宏隆作曲
  7. THE SUMMER OF '68 - 和泉宏隆作曲
  8. NAB THAT CHAP!! - 須藤満作曲
  9. ROMANTIC CITY - 安藤まさひろ作曲
  10. WHEN I THINK OF YOU - 本田雅人作曲

ミュージシャン[編集]

  • T-SQUARE
    • 安藤まさひろ - ACOUSTIC AND ELECTRIC GUITARS AND PROGRAMMING
    • 和泉宏隆 - ACOUSTIC AND MIDI PIANO, SYNTHESIZERS AND PROGRAMMING
    • 則竹裕之 - DRUMS AND PERCUSSION
    • 須藤満 - BASSES
    • 本田雅人 - SAXOPHONES, EWI AND PROGRAMMING
  • ADDITIONAL MUSICIANS
    • STEVE REID - CONGAS, PERCUSSION AND SOUNDSCAPE(#1, #2, #5, #6, #7, #8, #10)
    • 荒木敏男 - TRUMPET(#1, #3, #4, #6)
    • 小林正弘 - TRUMPET(#1, #3, #4, #6, #8, #9)
    • MASAHIKO SUGASAKA - TRUMPET(#8, #9)
    • 山本拓夫 - TENOR SAXOPHONE(#1, #3, #4, #6)
    • 村田陽一 - TROMBONE(#4, #6, #8, #9)
    • 中西俊博グループ - STRINGS(#10)

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 熊谷美広 監修 『ディスク・ガイド・シリーズ No.1 フュージョン』 シンコー・ミュージック2000年8月8日初版発行、ISBN 4-401-61649-9、111頁。
  2. ^ このアルバムのためのツアーでも、代表曲である「TRUTH」がソプラノ・サックスで演奏されている。

外部リンク[編集]

上のサイトで「ROMANTIC CITY」のメロディーの一部を30秒間試聴できる。