CITY COASTER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CITY COASTER
T-SQUAREスタジオ・アルバム
リリース
録音 ONKIO HAUS
ジャンル フュージョン
レーベル Orange Lady
プロデュース T-SQUARE、青木幹夫
T-SQUARE アルバム 年表
REBIRTH
2017年
CITY COASTER
2018年
テンプレートを表示

CITY COASTER』(シティ・コースター)は、T-SQUAREの44枚目のアルバムである。2018年4月25日にリリースされた。

解説[編集]

本作はT-SQUAREの40周年を記念するアルバムであり、レコーディングにはフルタイムメンバーの4人、サポート・ベーシストの田中晋吾に加え、ゲスト・ミュージシャンとしてパーカッショニストレニー・カストロ英語版トランペット奏者の山崎千裕トロンボーン奏者の湯浅佳代子の3人が参加した。

カストロは、米国ロサンゼルスを拠点とするパーカッショニストでTOTOのサポートなどで知られる[1]。山崎は、2014年にT-SQUAREのキーボーディスト河野啓三のプロデュースによりメジャーデビューアルバム『GOOD ONE』を発表している[2]。また、トロンボーン奏者の湯浅は本作の多くの曲でT-SQUAREのサックス奏者伊東たけしとのデュエットの形でメロディーを担当しており、本作のリリースツアーにも帯同する予定である[3]

本作では、フロントマンの伊東たけしはアルトサックスフルートのみを演奏し、ウインドシンセサイザーは使用していない。T-SQUAREのオリジナルアルバムでウインドシンセサイザーが使用されないことは非常に珍しく、『Lucky Summer Lady』、『Midnight Lover』、『BRASIL』、『New Road, Old Way』に次ぐ5作目となる。

本作のCDは4月25日に発売され、その後6月20日にアナログ盤が発売された[4][5]。T-SQUAREのオリジナルアルバムのアナログ盤の発売は1988年発表の『YES,NO.』以来30年振りである。

収録曲[編集]

  1. City Coaster - 坂東慧作曲
  2. From Now On - 安藤正容作曲
  3. In My Dreams - 坂東慧作曲
  4. Better Than Yesterday - 安藤正容作曲
  5. Sleepless Night - 安藤正容作曲
  6. 幻想の世界 - 河野啓三作曲
  7. Trade Wind - 坂東慧作曲
  8. Everlasting Dream Part II - 河野啓三作曲
  9. Trap It - 安藤正容作曲

ミュージシャン[編集]

  • T-SQUARE
    • 安藤正容 - Guitars
    • 伊東たけし - Alto Sax, Flute
    • 河野啓三 - Acoustic Piano, Keyboards
    • 坂東慧 - Drums
  • Special Support
    • 田中晋吾 - Bass
  • Guest Musicians
    • レニー・カストロ - Percussion
    • 山崎千裕 - Trumpet
    • 湯浅佳代子 - Trombone

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “今年デビュー40周年のT-SQUARE、44枚目のオリジナルアルバム発表”. 音楽ナタリー. (2018年4月25日). https://natalie.mu/music/news/279777 2018年5月16日閲覧。 
  2. ^ 山崎千裕、満を持してメジャーデビュー”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2014年2月13日). 2018年5月16日閲覧。
  3. ^ 湯浅佳代子 (2018年4月25日). “T-SQUARE 44枚目のアルバム”. 伸びたり縮んだりする日々。トロンボーン吹き 湯浅佳代子ブログ. サイバーエージェント. 2017年5月17日閲覧。
  4. ^ T-SQUARE 44枚目のオリジナルアルバム。新譜「CITY COASTER」4月25日発売決定!”. T-SQUAREオフィシャルサイト (2018年2月17日). 2018年5月16日閲覧。
  5. ^ T-SQUARE、通算44作目となる最新アルバム『CITY COASTER』のアナログLPが本日6月20日発売!”. ソニーミュージックオフィシャルサイト (2018年6月20日). 2019年7月31日閲覧。

外部リンク[編集]