R・E・S・O・R・T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
R・E・S・O・R・T
THE SQUAREスタジオ・アルバム
リリース
録音 Dolphine Sound(1985年2月4日-2月21日
One On One Studio(1985年2月14日、ホーンセクションのみ)
ジャンル フュージョン
レーベル CBSソニーレコード
プロデュース マイケル河合
THE SQUARE 年表
Stars and the Moon
1984年
R・E・S・O・R・T
1985年
S・P・O・R・T・S
1986年
『R・E・S・O・R・T』収録のシングル
  1. PRIME
    リリース: 1985年4月1日
  2. OMENS OF LOVE
    リリース: 1985年6月21日
テンプレートを表示

R・E・S・O・R・T』(リゾート)は、THE SQUAREの10枚目のアルバムである。1985年4月1日にリリースされた。

解説[編集]

THE SQUAREが初めて日本以外のスタジオで録音したアルバムである。大部分はホノルルハワイ)で録音されたが、ホーンセクション(ジェリー・ヘイ率いる「シーウィンド」のメンバーが参加)のみロサンゼルスのスタジオで録音された。

本作からは12インチシングルとしてシングルカットが2枚発表されている。一つは本アルバムと同時発表されたもので、8曲目の「PRIME」をA面に、6曲目の「IN THE GRID」をB面としたもので、どちらの曲もアルバムとは異なるアレンジで収録されている。もう一つは本アルバム発表の約2ヶ月半後にシングルカットされたもので、1曲目の「OMENS OF LOVE」をA面に、「STIMULATOR〜FEEL ALRIGHT」(4曲目の「STIMULATOR」と2曲目の「FEEL ALLRIGHT」をメドレー方式で無音を入れずに繋いだもの)をB面としたもので、いずれも基本的にはアルバムと同一アレンジである。これらのシングルバージョンは、全て2001年発売の『THE SQUARE SINGLE COLLECTION』に収録されている。

音楽雑誌『ADLIB』2000年2月号の特集記事「日本のフュージョン歴史的名盤厳選10作品」及び2013年5月9日に発行されたムック『日本のフュージョン』掲載の「T-SQUARE ALBUM REVIEW」で取り上げられている。『日本のフュージョン』掲載のスクェアの記事及び「T-SQUARE ALBUM REVIEW」を執筆したライターの阿部志穂はこのアルバムを「『アドヴェンチャーズ』で打ち出した爽やか路線を進化させ、ひとつのスタイルとして確立した作品」と評している[1]

なおこのアルバムを最後にドラマー長谷部徹は脱退し、次のアルバム『S・P・O・R・T・S』からは則竹裕之が後任のドラマーとしてスクェアのメンバーとなった。

収録曲[編集]

全曲THE SQUARE 編曲。ホーンアレンジ(#2,4,6)はJerry Hey

  1. OMENS OF LOVE和泉宏隆 作曲)
    後にシングルカットされた、本アルバムでの代表的ナンバーの一つ。
    金澤曰く「ストレートでスピード感溢れるリズム」「ピーンと際立ったメロディ・ライン」「F-1のテーマに使われてお茶の間でもお馴染みとなったトゥルースにも負けない、キャリアを代表する名ナンバー」[2]との評価。
    阿部曰く「安藤に負けないメロディ・センスにキーボーダーらしい彩りを添えてオープニングを華々しく飾った」[1]との評価。
    「ウィンク・キラー」のタイトル(松本隆 作詞)で小泉今日子野村宏伸がカヴァーしたほか、吹奏楽電子オルガンの定番曲となった(詳細は楽曲記事を参照)。
  2. FEEL ALRIGHT安藤まさひろ 作曲)
  3. CHANCES(安藤まさひろ 作曲)
    金澤曰く「クールなピアノが印象的」[2]との評価。
  4. STIMULATOR田中豊雪 作曲)
  5. WE'LL NEVER HAVE A TROUBLE(安藤まさひろ 作曲)
  6. IN THE GRID(安藤まさひろ 作曲)
    金澤曰く「サックスのポップなフレーズとシーウィンド・ホーンズの厚みのあるサウンドが耳に残る」[2]との評価。
  7. MERYLU(和泉宏隆 作曲)
    金澤曰く「まろやかでツヤのあるサックスがセクシーに響く」[2]との評価。
  8. PRIME(安藤まさひろ 作曲)
    本作と同時にシングルカットされた本アルバムの代表的ナンバーの一つ。金澤曰く「スリリングなリフが圧巻」[2]との評価。
    1995年リリースのアルバム『Welcome to the Rose Garden』のラストナンバー「PRIME TIME」(NHK『Jリーグ中継』初代テーマ曲)は本曲のセルフリメイクである。
  9. FORGOTTEN SAGA(和泉宏隆 作曲)
    和泉作曲のバラードによるラストナンバー。金澤曰く「ロマンティック・バラード[2]との評価。

ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『日本のフュージョン』p.65
  2. ^ a b c d e f 『ADLIB』p.117

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

上の2つのサイトで『R・E・S・O・R・T』に収録されている全9曲の一部分を30秒間試聴できる。