地獄八景亡者戯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地獄八景亡者戯』(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)は、上方落語の演目の一つである。『八景』は「はっけい」ではなく、「ばっけい」と読まれる。江戸落語では『地獄めぐり(地獄巡り)』と呼ばれる。

概要[編集]

旅噺に分類され、「東の旅」こと『伊勢参宮神之賑』の一部に組み込まれたこともある(作中に登場する軽業師「和矢竹の野良市」は「東の旅」の一つ『軽業』に名が見られる)。

通しで演じると1時間超である上、全編を通じて時事ネタを交えたギャグが入り、身ぶり手ぶりを交えた演出も多いなど、話し手にかなりの力量を要求する大ネタである。

天保年間に起源を求めることが出来る演目であり、米朝によると、1839年に刊行された安遊山人作の「はなしの種」という小咄本に出てくるのがもっとも古いものだという。昭和戦前期には5代目笑福亭松鶴(タイトルは「弥次喜多地獄の旅」。SPレコードが残っている)、3代目笑福亭福松らが伝えているに過ぎなかった。今日の「地獄八景」は、米朝が1954~55年頃に福松から教わり(福松が上方2代目文の家かしく時代に京都で演じたのを見に行っているが、晩年にさしかかった時期の口演だったので聞き取りにくかったらしい)、再構築したものを基にしている。東京では三遊亭圓遊代々の噺(「地獄巡り」)として、4代目圓遊(加藤勇)の録音も残っているが、内容が少し異っていて所要時間も短い。

あらすじ[編集]

大きく前半と後半に分かれる。まず、サバの刺身を食べて食当たりで死んだ喜六が、冥土への旅路で伊勢屋のご隠居と再会するところから始まる。三途の川渡り、賽の河原、六道の辻、閻魔の庁などおなじみの地獄の風景が、登場人物が入れ替わりつつ描写される。最初に登場する喜六の他、居並ぶ一同に閻魔大王の裁定が下される所までがだいたい前半である。

閻魔大王の裁定により、一同の中から4人の男が地獄行きとなり、後半はその4人と地獄のや閻魔の話である。4人が4人とも曲者揃いで、あれやこれやの手を使って鬼たちを困らせる。

サゲ[編集]

通常のサゲ「大王を飲んで下してしまう」は、瀉下作用をもち便秘薬としても使われる漢方薬大黄にかけているが、馴染みにくいこともあり、桂枝雀は「嘘をついたら地獄で閻魔大王に舌を抜かれる」という警句を踏まえたサゲに変えている。

バリエーション[編集]

三途の川岸のお茶屋の娘が三途河(しょうづか)の婆の半生や渡し舟の変遷を語る場面や賽の河原の場面は、世相を反映したギャグを入れやすい。米朝は渡し舟の件りでポートライナーウォーターライドを登場させ、1990年の京都での口演(毎日放送『特選!!米朝落語全集』収録)では賽の河原を、当時タレントショップが相次いで進出していた京都嵐山に見立てていた。

六道の辻には地獄の目抜き通り「冥途筋」が走り、芝居小屋や寄席が軒を連ねている。御堂筋のもじりであり、わざとどちらにも聞こえるように発音するのがミソで、「ずーっと行くと突き当たりが高島屋と南海電車か」と御堂筋の地理などを出して「そりゃ御堂筋や」。ここの寄席では懐かしの東西の名人上手が居並ぶ。米朝はここで自身の名を出して「近日来演」とやるくすぐりを入れていた[1]。米朝の実子・小米朝(現5代目桂米團治)はここに「20年も前から『近日来演』の札が掛かっている」とツッコミを入れていた。実際に、米朝が鬼籍に入った翌日の動楽亭の公演では、米團治がこの演目の前半を演じて「桂米朝、本日来演」と話の中に登場させた[2]

また江戸落語の「地獄めぐり」では、特にベテランの落語家が口演する際、以前はこの場面で7代目立川談志を登場させて揶揄する場面が見られた。

閻魔の庁へ向かう途中に見える「紙の橋」のスケッチでは、米朝やその弟子である桂吉朝は口演時点での人気力士の名を出して、体重ではなく渡る者の罪が重いと崩れると言われる橋の特徴を述べるが、ここで比較対象として、上方噺家の中でも一、二を争う痩身だった3代目桂文我2代目桂春蝶を登場させて、笑いを取っていた。

恐ろしい形相で閻魔大王が出御する場面は、CD・DVDのジャケットを飾るなど本演目の象徴であるが、もとが童顔の枝雀は敢えて柔和な表情で登場してみせた。また米朝は閻魔の顔を見せた後、片手で顔を隠しつつ「これやるとしばらく顔が元に戻らんようになります」とくすぐりを入れている。

閻魔の庁での一芸披露大会では、枝雀は動物の物真似を、吉朝は師・米朝ら先輩落語家の「出」(高座に上がること)を出囃子付きで演じてみせた。

3代目桂米朝十八番として知られる。放送で初めて全編を披露したのは1962年(昭和37年)3月1日の朝日放送ラジオで、2月23日に同局主催の「第21回上方落語をきく会」で公開収録された[3]。米朝は1990年(平成2年)11月の「正岡容三十三回忌追善公演」(東京イイノホール)を最後に演じなくなったが、代わりに米朝一門を中心とした中堅世代が、次へのステップアップとして挑戦するケースが増えている。

米朝、枝雀、吉朝以外では、桂文珍4代目桂文我桂雀々桂九雀桂吉弥らの口演が知られる。2010年11月には4代目林家染丸が「染丸特撰落語会」で独自の解釈を加えた染丸版を演じ、雀々は高座に地獄のセットを組み宙吊りになって演じる「スーパー落語」がある。九雀はハメモノを三味線だけでななくマリンバを入れて演じる独特なスタイルで初演した。

6代桂文枝創作落語の一編として、横山やすしを登場させた改作「地獄八景やすし編」を自作自演している。

備考[編集]

  • この演目を題材にし上方落語の多くの演目が登場する、東野ひろあき脚本G2演出の舞台「地獄八景‥浮世百景」がある。
  • また、この演目を絵本にした作品、田島征彦著の『じごくのそうべえ』とそのシリーズがある。
  • 1960年代中期、3代目米朝が初めて「地獄八景」を東京で演じた時は、同時に6代目松鶴の「らくだ」も演じられるなどの豪華版で、東京の落語ファンに上方落語の復興を印象付けるものであった。このとき、安藤鶴夫は「上方にもすごい噺家がいるね。」と興奮状態であったという。
  • 3代目桂米朝の追善として、2016年2月に『桂米朝追善芝居 地獄八景亡者戯』と題して大阪松竹座で芝居化された。キャストは米朝一門2代目桂ざこば3代目桂南光三林京子を含めた一門総出演、一門以外から桜花昇ぼるISSADA PUMP)らが出演。脚本は米朝と親交のあった落語作家の小佐田定雄、演出はわらび座齋藤雅文[4]
  • 田中啓文『地獄八景』は、落語の地獄の世界を舞台に、様々な物語が展開する、短編小説集。
  • 1984年にテレビ朝日系で放送されたアニメ番組「オヨネコぶーにゃん」の『地獄よいとこ』(第16話・パートA)や1990年に同局で放送された「アニメスペシャル オバタリアン」の『オバタリアンは二度死ぬ!!』は主人公が地獄に行き、獄卒の鬼たちを困らせると言う演目に近いエピソードがある。

脚注[編集]

  1. ^ ここのくだり「米朝という名前で死んだ噺家はおらんと思いますが」と、正確には微妙に含みがある表現でしゃべっている。これは、もともとは前座名なため初代や2代目の米朝は「その名前で死ん」ではいないから、それにあてはまるのは三代目の自分が最初、ということである。話者によっては自分の名前を挙げても、単に「先代だろう」と流すところ。
  2. ^ 「桂米朝さん死去から一夜 長男・米団治さん、高座で熱演 」 日本経済新聞 2015年3月21日
  3. ^ 米朝さん「地獄八景」これが原点 半世紀前の音声を発見 朝日新聞デジタル 2016年1月27日
  4. ^ “米朝さん追善、十八番「地獄八景亡者戯」芝居で”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2015年11月24日). http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20151124-OYO1T50014.html 2015年11月26日閲覧。 

関連項目[編集]

  • まんが日本昔ばなし - このネタの後半、閻魔大王登場場面以降を「地獄のあばれもの」のタイトルでアニメ化した。その際に主人公は医者・山伏・鍛冶屋の三人組に変更された。
  • じごくのそうべえ(田島征彦 作) - 曲芸中に転落死した軽業師そうべえが主役の本ネタが下敷きになっている就学前児童向け絵本。閻魔大王登場場面以降が描かれる。