早竹虎吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hayatake Torakichi Utagawa Kunisada II 1.jpg
大坂下り 早竹虎吉「石橋」二代目歌川国貞画 1857年
早竹虎吉「江戸の花」歌川国芳画。1857年

早竹 虎吉(はやたけ とらきち、生年未詳 - 慶応4年1月15日1868年2月8日)は、幕末期の曲芸師、軽業師である。京都生まれ。桜綱駒司(のちの駒寿)とともに幕末の軽業二名人と言われた[1]

幼少期については、はっきりとした記録が残っていない。寺町誓願寺で軽業渡世に励んだ後、1842年天保13年)に京都道場の芝居にて軽業[2]1843年天保14年)、大坂へ下って興行し、10年以上に渡って活躍した。

1857年安政4年)正月江戸に下って両国で[3]興行を始めるや否や、たちまち人気を博すようになった[4]歌舞伎仕立ての衣装を身にまとい、独楽や手品の手法を取り入れた豪快な舞台を披露[5]。およそ2カ月の間に錦絵30数点が出版され、たちまちのうちに売れたという。曲差し(きょくざし)(竿から手を離して肩だけで支え、三味線を曲弾きするという非常に高度な芸)や石橋(しゃっきょう)(足で長い竿を支え、竿に人や動物を載せる芸)と呼ばれる、長い竿を足や肩で支える曲芸を得意とした。

慶応3年7月25日1867年8月24日)、約30名の一座を率いて、虎吉は横浜を出発しアメリカに渡航した[6]。翌月にサンフランシスコに上陸。サンフランシスコのメトロポリタン劇場を振り出しに、サクラメントニューヨーク等アメリカ各地を興行した。

フィラデルフィアアカデミー・オブ・ミュージックでの興行(慶応3年12月30日1868年1月24日)終了後、突如体調を崩し、慶応4年1月15日(1868年2月8日)に心臓病客死した。その数日前より、一座を海外へ連れ出した外国人手配師の契約不履行などを訴え、揉めていたようである[7]。その後、明治7年(1874年)に実弟が二代目早竹虎吉を襲名した[8]

技の例[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『歴史公論』第 6 巻1980、348p
  2. ^ 天保十二年(1841)~天保十四年(1843)五見世物興行年表
  3. ^ 『江戸まるわかり事典』大石学出版社 時事通信出版局, 2005
  4. ^ 藤岡屋日記にも、前日から予約しないと見物できないと記録がある
  5. ^ BS-TBS 「謎解き!江戸のススメ」 2013年2月25日放送分より
  6. ^ 同じ船には、後に内閣総理大臣となる高橋是清も乗船していたと伝わる
  7. ^ 慶応四年/明治元年(1868年・戊辰)一見世物興行年表
  8. ^ 北川央『おおさか図像学: 近世の庶民生活』 103 ページ

関連項目[編集]

  • 軽業 (落語) -「早竹虎吉の門人」という触れ込みの軽業師が登場する

外部リンク[編集]