アカデミー・オブ・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカデミー・オブ・ミュージック(フィラデルフィア)

アカデミー・オブ・ミュージック(フィラデルフィア)(Academy of Music, Philadelphia)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアにある歌劇場(オペラハウス)。 フィラデルフィアオペラ座の本拠地である。 19世紀以来、フィラデルフィア市の舞台芸術施設が集中している《Avenue of the Arts》(芸術大通り)の中心的役割を果たしてきており、フィラデルフィア市民からは《Grand Old Lady》(気高い古風な貴婦人)として呼ばれ親しまれてきた。

概要[編集]

1855年に建設が始まり、こけら落としが1857年に行われた、現役のオペラハウスとして現在でも活躍中の米国最古のオペラハウスである。 世界的に見ても最も古いオペラハウスの一つに数えられる。 アメリカ合衆国国定歴史建造物に指定されている建物でもある。 1900年から2000年の100年間は、フィラデルフィア管弦楽団の旧本拠地としても活躍し、オペラに限らず幅広い音楽史に輝かしい歴史を残している。 米国初演のオペラは、ヴェルディイル・トロヴァトーレ》、リヒャルト・シュトラウスナクソス島のアリアドネ》、グノーファウスト》など多数に及ぶ。 オペラ以外では、セルゲイ・ラフマニノフの自作自演によるピアノ協奏曲第2番(ストコフスキー指揮)[1]マーラー《交響曲第8番》初演などが有名である。

設計[編集]

フィラデルフィア在住の著名な建築家、Napoleon Le BrunGustavus Rungeが手がけた。 外装は赤レンガで控えめだが、内装はハリウッド映画[2]の撮影に利用されたほど豪華である[3]。 特に、直径5メートル弱、円周15メートル超、重量2.5トンのクリスタル製のシャンデリアは圧巻[4]。 シャンデリアのライトには、240個のガス焜炉式蝋燭が使用され、電球式に切り替わったのは1900年以降である。

脚注[編集]

  1. ^ 1990年代フィラデルフィア管弦楽団を頻繁に指揮したリッカルド・シャイーは、「このオペラハウスでは、ラフマニノフや他の歴史的な音楽家の亡霊を感じる」と語っている。
  2. ^ アカデミー・オブ・ミュージックを撮影に使用した映画エイジ・オブ・イノセンス
  3. ^ アカデミー・オブ・ミュージック内装(写真)[1][2]
  4. ^ シャンデリア(写真)[3]