吉備津神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉備津神社
Kibitsu Jinja 10 cropped.jpg
本殿(国宝)
所在地 岡山県岡山市北区吉備津931
位置 北緯34度40分14.4秒
東経133度51分2.2秒
座標: 北緯34度40分14.4秒 東経133度51分2.2秒
主祭神 大吉備津彦命
社格 式内社名神大
備中国一宮
官幣中社
別表神社
創建 不詳
本殿の様式 吉備津造檜皮葺
例祭 5月第2日曜・10月19日
主な神事 鳴釜神事(金曜以外毎日)
地図
吉備津神社の位置(岡山県内)
吉備津神社
吉備津神社
テンプレートを表示
神体山とする吉備の中山
右端は参道の松並木。
入り口の注連縄

吉備津神社(きびつじんじゃ)は、岡山県岡山市北区吉備津にある神社式内社名神大社)、備中国一宮旧社格官幣中社で、現在は神社本庁別表神社

「吉備津彦神社(きびつひこじんじゃ)」とも称したが、現在は「吉備津神社」が正式名である[1]

概要[編集]

岡山市西部、備前国備中国の境の吉備の中山(標高175m)の北西麓に北面して鎮座する。吉備の中山は古来より神体山とされ、北東麓には備前国一宮・吉備津彦神社が鎮座する。当社と吉備津彦神社とも、主祭神に、当地を治めたとされる大吉備津彦命を祀り、命の一族を配祀する。

本来は吉備国の総鎮守であったが、吉備国の三国への分割により備中国の一宮とされ、分霊が備前国・備後国の一宮(備前:吉備津彦神社、備後:吉備津神社)となったとされる[2][3]

足利義満造営とされる比翼入母屋造の本殿は、独特の「吉備津造」で、拝殿とともに国宝指定。また社殿3棟が国重要文化財指定のほか、特殊神事の鳴釜神事が有名。

当地出身の政治家犬養毅は、犬養家遠祖の犬飼健命が大吉備津彦命の随神であるとして、吉備津神社を崇敬したという。神池の畔に犬養毅の銅像が建てられ、吉備津神社の社号標も犬養毅の揮毫になる。

祭神[編集]

祭神は次の9柱。

主祭神
  • 大吉備津彦命(おおきびつひこのみこと)
    第7代孝霊天皇の第三皇子で、元の名を「彦五十狭芹彦命(ひこいせさりひこのみこと、五十狭芹彦命)」。崇神天皇10年、四道将軍の1人として山陽道に派遣され、弟の若日子建吉備津彦命と吉備を平定した。その子孫が吉備の国造となり、古代豪族の吉備臣になったとされる。
相殿神
  • 御友別命(みともわけのみことのみこと) - 大吉備津彦命の子孫。
  • 仲彦命(なかつひこのみこと) - 大吉備津彦命の子孫。
  • 千々速比売命(ちちはやひめのみこと) - 大吉備津彦命の姉。
  • 倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと) - 大吉備津彦命の姉。
  • 日子刺肩別命(ひこさすかたわけのみこと) - 大吉備津彦命の兄。
  • 倭迹迹日稚屋媛命(やまとととひわかやひめのみこと) - 大吉備津彦命の妹。
  • 彦寤間命(ひこさめまのみこと) - 大吉備津彦命の弟。
  • 若日子建吉備津日子命(わかひこたけきびつひこのみこと) - 大吉備津彦命の弟。

古くは「吉備津五所大明神」として、正宮と他の4社の5社で1つの神社を成した(他4社の祭神は後述の「摂末社」項参照)。

 

歴史[編集]

創建[編集]

社伝によれば、祭神の大吉備津彦命は吉備中山の麓の茅葺宮に住み、281歳で亡くなって山頂に葬られた。5代目の子孫の加夜臣奈留美命が茅葺宮に社殿を造営し、命を祀ったのが創建とする説もある。また、吉備国に行幸した仁徳天皇が、大吉備津彦命の業績を称えて5つの社殿と72の末社を創建したという説もある。

概史[編集]

朝廷からの篤い崇敬を受け、国史では承和14年(847年)に従四位下の神階を受けた記載が最初で、翌年には従四位上に進んだ。仁寿2年(852年)には神階が品位(ほんい)に変わって四品(しほん)が授けられ、10世紀には一品(いっぽん)まで昇叙された。

延長5年(927年)成立の『延喜式神名帳では備中国賀夜郡に「吉備津彦神社 名神大」と記載され、名神大社に列している[4]

中世には武家の崇敬を受け、たびたび社殿の修復や社領の寄進があった。江戸中期には三重塔を破却し神仏分離を行った。

明治維新後、明治4年(1871年)に近代社格制度において国幣中社に列し、公称を現在の「吉備津神社」に定めた。大正3年(1914年)には官幣中社に昇格した。

神階[編集]

  • 六国史時代における神階奉叙の記録
    • 承和14年(847年)10月22日、無位から従四位下 (『続日本後紀』) - 表記は「吉備津彦命神」。
    • 嘉祥元年(848年)2月21日、従四位上 (『続日本後紀』) - 表記は「吉備津彦命神」。
    • 仁寿2年(852年)2月20日、四品、官社に列す (『日本文徳天皇実録』) - 表記は「吉備津彦命神」。
    • 仁寿2年(852年)8月27日時点、四品 (『日本文徳天皇実録』) - 表記は「吉備津彦命神」。
    • 天安元年(857年)6月3日、四品から三品 (『日本文徳天皇実録』) - 表記は「吉備津彦命神」。
    • 天安3年(859年)1月27日、三品から二品 (『日本三代実録』) - 表記は「吉備都彦命」。
  • 六国史以後

境内[編集]

本殿及び拝殿[編集]

本殿と拝殿(国宝)

本殿・拝殿は、室町時代明徳元年(1390年)、後光厳天皇の命で室町幕府3代将軍の足利義満応永12年(1405年)再建し、応永32年(1425年)に遷座した。比翼入母屋造の本殿の手前に切妻造、平入りの拝殿が接続する。比翼入母屋造とは、入母屋造の屋根を前後に2つ並べた屋根形式で、「吉備津造」ともいう。

本殿の大きさは、出雲大社本殿、八坂神社本殿に匹敵するもので、随所に仏教建築の影響がみられる。地面より一段高く、漆喰塗の土壇(亀腹)の上に建ち、平面は桁行正面五間、背面七間、梁間八間で、屋根は檜皮葺とする。内部は中央に閉鎖的な内々陣とその手前の内陣があり、その周囲を一段低い中陣とし、中陣の手前はさらに一段低い朱の壇(あけのだん)とし、これらの周囲にさらに低い外陣が一周する。このように、外側から内側へ向けて徐々に床高を高くする特異な構造である。壁面上半には神社には珍しい連子窓をめぐらす。挿肘木、皿斗、虹梁の形状など、神社本殿に大仏様(だいぶつよう)を応用した唯一の例とされる。

拝殿は本殿と同時に造営され、桁行(側面)三間、梁間(正面)一間妻入りで、正面は切妻造、背面は本殿に接続。正面と側面には裳階(もこし)を設ける。屋根は本殿と同じく檜皮葺だが、裳階は本瓦葺きとする。これら本殿・拝殿は、合わせて1棟として国宝に指定されている[5][6]

その他の社殿[編集]

  • 御釜殿
    江戸時代慶長11年(1606年)の鉱山師・安原知種による再建。単層入母屋造の平入で、本瓦葺。南北に伸びた長方形で、北二間に釜を置く。金曜日を除く毎日、特殊神事の「鳴釜神事」が行われる。国の重要文化財に指定されている[7]
  • 回廊
    戦国時代天正年間(1573年-1591年)の造営とされる。総延長398m。岡山県指定文化財に指定されている[8]
  • 北随身門
    室町時代、天文11年(1542年)の再建。単層入母屋造檜皮葺。神社正面からの参道途中に建てられている。国の重要文化財に指定されている[9]
  • 南随身門
    南北朝時代延文2年(1357年)の再建。吉備津神社では最古。単層入母屋造本瓦葺。本宮社への回廊途中に建てられている。国の重要文化財に指定されている[10]

摂末社[編集]

本宮社

古くは5つの社殿と72の末社があったとされる。5つの社殿(本社正宮・本宮社・新宮社・内宮社・岩山宮)を「吉備津五所大明神」と総称した[11]。現在、新宮社と内宮社は本宮社に合祀されている。

  • 本宮社 - 五所大明神の1社。祭神:孝霊天皇(第7代。大吉備津彦命の父)。
    • 新宮社 - 五所大明神の1社。祭神:吉備武彦命(若日子建吉備津日子命の子)。本宮社に合祀。明治末までは南方の東山に鎮座。
    • 内宮社 - 五所大明神の1社。祭神:百田弓矢比売命(大吉備津彦命の妃)。本宮社に合祀。元は吉備の中山の南部山上に鎮座。
  • 三社宮 - 次の3社を総称。
    • 春日宮
    • 大神宮
    • 八幡宮
  • 岩山宮 - 五所大明神の1社。祭神:建日方別命(吉備国の地主神)。
  • 滝祭神社
  • えびす社
  • 祖霊社
  • 一童社
  • 宇賀神社 - 神池の島に鎮座。

主な祭事[編集]

文化財[編集]

国宝[編集]

  • 本殿及び拝殿(附 棟札[明和6年]、棟札[弘化2年])(建造物)
    室町時代中期、応永32年(1425年)の造営。本殿・拝殿合わせて1棟として指定。明治35年4月17日に当時の古社寺保存法に基づき特別保護建造物に指定、昭和27年3月29日に文化財保護法に基づき国宝に指定[6]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 南随身門(建造物)
    室町時代前期、延文2年(1357年)の造営。明治44年4月17日指定[10]
  • 北随身門(建造物)
    室町時代後期、天文12年(1543年)の造営。大正2年4月14日指定[9]
  • 御釜殿(建造物)
    江戸時代、慶長17年(1612年)の造営。昭和55年1月26日指定[7]
  • 木造獅子狛犬 1対(彫刻)
    鎌倉時代後期から南北朝にかけての作。本殿内々陣の東西に安置される。平成14年6月26日指定[12]

重要無形民俗文化財(国指定)[編集]

  • 備中神楽
    備中地方各地で奉納される神楽で、吉備津神社では毎月10日のえびす祭で演じられる。保護団体は備中神楽保存会。昭和54年2月3日指定[13]

岡山県指定文化財[編集]

  • 重要文化財(有形文化財)
    • 回廊(建造物) - 戦国時代、天正年間(1573-1591年)の造営。昭和51年3月27日指定[8]
    • 大太刀 銘 備州長船秀幸(工芸品) - 室町時代、長禄3年(1459年)の作。岡山県立博物館に寄託。昭和57年4月9日指定[14]
    • 大太刀 法光(工芸品) - 室町時代、文安3年(1446年)の作。岡山県立博物館に寄託。平成6年4月5日指定[15]
    • 行道面(工芸品) - 岡山県立博物館に寄託。昭和34年3月27日指定[16]
    • 高麗版一切経(書跡・典籍) - 朝鮮の高麗時代の経典。昭和34年3月27日指定[17]
    • 紙本墨書連歌(書跡・典籍) - 応永8年(1401年)に吉備津神社で行われた法楽連歌の発句を集めたもの。昭和34年3月27日指定[18]
  • 無形民俗文化財
    • 宮内踊 - 門前町の宮内地区で7月31日に行われる。昭和34年3月27日指定[19]

登場作品[編集]

現地情報[編集]

所在地

交通アクセス

  • 鉄道
  • バス
    • 中鉄バス国道180号方面「吉備津神社」行き)で、「吉備津神社」終点バス停下車 (下車後徒歩すぐ)
    • 中鉄バス(国道180号方面「稲荷山」行き、または「大井行き」)で、「吉備津神社参道口」バス停下車 (下車後徒歩2分)
    • 備北バス東総社経由「地頭」行き)で、「吉備津神社参道口」バス停下車 (下車後徒歩2分)

周辺

大吉備津彦命の宮内庁治定墓。
  • 吉備の中山
    境内後方の吉備の中山には多くの古墳や古代祭祀遺跡が残り、古くより神体山として信仰されたと考えられている。中央の茶臼山(160m)山頂には大吉備津彦命の墓とされる古墳があるほか、最高峰の竜王山(北峰、標高175m)山頂には吉備津彦神社が祀る磐座がある。
  • 吉備津彦神社 - 備前国一宮。
  • 伝賀陽氏館跡 - 吉備津神社神官を務めた賀陽氏の館跡とされる。岡山県の指定史跡[20]
  • 栄西上人生誕地の碑
  • 造山古墳 - 全国第4位の大きさの前方後円墳。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在、備中・備後一宮は「吉備津神社」を名乗るが、備前一宮のみ「吉備津彦神社」を名乗る。
  2. ^ 現在も備中の吉備津神社は三備一宮や吉備総鎮守を名乗る。
  3. ^ なお備前の吉備津彦神社側では、分霊による創建の伝承はない。
  4. ^ 皇學館大学出版部『式内社調査報告 第二十二巻 山陽道』。
  5. ^ 『週刊朝日百科 日本の国宝』29号、朝日新聞社、1997、pp.2 - 281 - 2 - 283
  6. ^ a b 吉備津神社本殿及び拝殿 - 国指定文化財等データベース(文化庁
    吉備津神社本殿及び拝殿(岡山県ホームページ「おかやまの文化財」)。
  7. ^ a b 吉備津神社御釜殿 - 国指定文化財等データベース(文化庁
    吉備津神社御釜殿(岡山県ホームページ「おかやまの文化財」)。
  8. ^ a b 吉備津神社回廊(岡山県ホームページ「おかやまの文化財」)。
  9. ^ a b 吉備津神社北随神門 - 国指定文化財等データベース(文化庁
    吉備津神社北随身門(岡山県ホームページ「おかやまの文化財」)。
  10. ^ a b 吉備津神社南随神門 - 国指定文化財等データベース(文化庁
    吉備津神社南随身門(岡山県ホームページ「おかやまの文化財」)。
  11. ^ 『岡山県の地名』吉備津彦神社項。
  12. ^ 木造獅子狛犬 - 国指定文化財等データベース(文化庁
    木造獅子狛犬(岡山県ホームページ「おかやまの文化財」)。
  13. ^ 備中神楽 - 国指定文化財等データベース(文化庁
    備中神楽(岡山県ホームページ「おかやまの文化財」)。
  14. ^ 大太刀 銘備州長船秀幸(岡山県ホームページ「おかやまの文化財」)。
  15. ^ 大太刀 法光(岡山県ホームページ「おかやまの文化財」)。
  16. ^ 行道面(岡山県ホームページ「おかやまの文化財」)。
  17. ^ 高麗版一切経(岡山県ホームページ「おかやまの文化財」)。
  18. ^ 本墨書連歌(岡山県ホームページ「おかやまの文化財」)。
  19. ^ 宮内踊(岡山県ホームページ「おかやまの文化財」)。
  20. ^ 伝賀陽氏館跡(岡山県ホームページ「おかやまの文化財」)。

参考文献[編集]

  • 谷川健一 編『日本の神々 -神社と聖地- 2 山陽 四国』(白水社)吉備津神社項
  • 日本歴史地名大系 岡山県の地名』(平凡社)岡山市 吉備津神社項
  • 藤井学・山崎浩之編『改訂増補 備中吉備津神社文書 中世篇』(法藏館、平成24年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]