古社寺保存法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古社寺保存法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 明治30年6月10日法律第49号
効力 廃止
主な内容 古社寺建造物、宝物等の保存
関連法令 文化財保護法
条文リンク ウィキソース
テンプレートを表示

古社寺保存法(こしゃじほぞんほう、明治30年6月10日法律第49号)は、日本文化財保護に関する、廃止された法律古器旧物保存方 (こききゅうぶつほぞんかた、明治4年5月23日太政官布告第251号)を引き継いで制定され、1929年昭和4年)7月1日、旧国宝保存法施行に伴い廃止された。

条文は附則を含めて20条である。

概要[編集]

明治政府は、明治4年「古器旧物保存方」を布告し、廃仏毀釈によって破壊された文化遺産の調査を始めた。後の古社寺保存法では、古社寺の建造物及び宝物類で、「特ニ歴史ノ証徴又ハ美術ノ模範」であるものを「特別保護建造物」または「国宝」に指定し、保護してきた。この法律は、(1919年大正8年法律第44号によって一部改正がなされた。

当初、本法の所管官庁は内務省であったが、大正2年には文部省となった[1]

その後、国宝保存法の施行により、この古社寺保存法は廃止され、同法時代の「特別保護建造物」及び「国宝」は、国宝保存法の規定により指定された「国宝」とみなされた。

勅令[編集]

  • 古社寺保存法施行ニ関スル件(明治30年勅令第446号)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「第二節 文化財保護と文化行政」(学制百二十年史) - 文部科学省

関連項目[編集]

外部リンク[編集]