彦狭島命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
彦狭島命
時代 古墳時代
生誕 不明
死没 不明
別名 日子寤間命
主君 崇神天皇
氏族 宇自鹿臣(針間牛鹿臣)、海直の祖
父母 父:孝霊天皇、母:絙某弟
兄弟 大日本根子彦国牽尊千千速比売命倭迹迹日百襲姫命日子刺肩別命彦五十狭芹彦命倭迹迹稚屋姫命稚武彦命
テンプレートを表示

彦狭島命(ひこさしまのみこと、生没年不詳)は、古墳時代豪族。『古事記』では日子寤間命(ひこさめまのみこと)の別名を伝える。

概要[編集]

古事記』、『日本書紀』では孝霊天皇の皇子で、母は和知都美命の娘である絙某弟。『古事記』や『新撰姓氏録』では宇自鹿臣(針間牛鹿臣)や海直の祖とされる。伊藤博文は「伊藤公爵家系譜」において三男の小千王子が祖先だと主張した。

愛媛県伊予郡松前町にある伊予神社の主祭神として祀られている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]