TTG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

TTG(ティーティージー)とは、1970年代後半に活躍した1973年生まれの3頭のサラブレッドトウショウボーイテンポイントグリーングラス)のイニシャルから名付けられた総称である。

3頭で八大競走を7勝[1]、現在のGIに相当する重賞を9勝し3頭すべてが年度代表馬に選ばれた。さらにトウショウボーイとテンポイントは日本中央競馬会(JRA)の顕彰馬に選出された。なお、TTGが揃い踏みしたレースでは全てで1着から3着までを独占しており、この3頭の能力が突出していることを示している。

TTGが戦った主なレース[編集]

当項目内での年齢は、当時の標準であった数え年齢で表記する。

3歳時(1975年[編集]

トウショウボーイとグリーングラスは4歳デビュー故に、3歳時のTTGの対戦は無い。なお、テンポイントはこの時点で阪神3歳ステークスを制しステークスウィナーの仲間入りを果たしている。

4歳時(1976年[編集]

新馬戦1月31日
トウショウボーイとグリーングラスのデビュー戦で、且つ初対戦。結果は、トウショウボーイが勝利し、グリーングラスは4着。
なお、当レースにはこの2頭の他、自身も後の重賞勝ち馬で引退後にはトウショウボーイとの間に三冠馬ミスターシービーを産んだ牝馬シービークインも出走している(5着)。
皐月賞
関西の秘密兵器と呼ばれたテンポイントが東上後2連勝、関東の一番手となっていたものの重賞未勝利のトウショウボーイを抑え1番人気となるが、肝心のレースはトウショウボーイが圧倒的なスピードでテンポイントに0秒8差をつけて制す。
当レース後「調教コースに坂が無ければ関東馬には敵わない」とテンポイント陣営が涙ながらに敗戦の弁を述べた事が、後年栗東トレセンへの坂路コース開設に繋がって行き、現在の関西優勢の起因となる。
東京優駿
圧倒的1番人気で望んだトウショウボーイは不利も無く最後の直線に入るものの、加賀武見鞍上のクライムカイザーの奇襲に屈し2着。このレースと次走の札幌記念の失態が、デビューからコンビを組んできた池上昌弘降板の原因となる。
なお、宿命のライバル・テンポイントはそれより酷く主戦の鹿戸明は落馬負傷で騎乗出来ず、後にライバルの鞍上を担う武邦彦との急造コンビで挑んだもののレース中に骨折の為7着に沈む。
因みに、グリーングラスはトライアルのNHK杯で優先出走権確保を狙うものの、12着惨敗で参戦出来ず。
菊花賞
初のTTG揃い踏み。
単枠指定を受けたトウショウボーイ[2]とクライムカイザーを振り切りテンポイント悲願の勝利と思われたが、条件戦を勝利したばかりで低人気だったグリーングラスが内から抜け出して優勝。
有馬記念
1番人気のトウショウボーイが、武邦彦テン乗りと言うハンデを跳ね返しレコード勝ち。
この時点では無冠[3]の3番人気のテンポイントは最後の直線での不利が祟り届かずの2着。

5歳時(1977年[編集]

天皇賞(春)
京都記念鳴尾記念と連勝で波に乗ったテンポイントが、見事1番人気に応え悲願のタイトル獲得。だが、トウショウボーイ長期休養中で不参加と言う不満が残る勝利であった。
なお、当レースにテンポイントと共に出走していたグリーングラスは、体調が思わしくなく4着に敗れる。
宝塚記念
天皇賞(春)を制し打倒トウショウボーイに挑んだ1番人気のテンポイントであったが、有馬記念以来5か月ぶりの出走となるトウショウボーイが武邦彦の絶妙のペース配分で優勝。
なお、 グリーングラスも後続を突き放し3着入線。2度目の上位独占となる。
天皇賞(秋)
トウショウボーイとグリーングラスが激しく競り合い共倒れ。優勝馬はホクトボーイ
なお、当時の天皇賞は勝ち抜け制であった為、既に天皇賞馬となっているテンポイントには出走権が無かった。
有馬記念
TTGが他の出走馬を引き離し、3度目の上位独占。
なお、KBS京都[4]にはこの回のVTRが保存されている。

6歳時(1978年[編集]

前年にトウショウボーイ引退の上、年明け早々にテンポイントが第25回日本経済新春杯でのアクシデントが元で急死した事から、現役競走馬はグリーングラスのみとなったため、この年以降TTGの対戦は無い。

同期のGI優勝馬[編集]

表記は初制覇が早い順。なお、当時はグレード制移行前の為、八大競走とそれ以外では格式に大きな差があるので注意が必要である。

八大競走[編集]

八大競走以外[編集]

脚注[編集]

  1. ^ なお、3頭が勝てなかった八大競走の内、東京優駿クライムカイザー天皇賞(秋)ホクトボーイ、牝馬限定戦(桜花賞優駿牝馬)はテイタニヤが勝利している。
  2. ^ この時の鞍上は福永洋一
  3. ^ 阪神3歳ステークスを制しているが、当レースは八大競走で無い為カウントされず。
  4. ^ 放送当時は近畿放送。

関連項目[編集]