旭堂南鱗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

旭堂 南鱗(きょくどう なんりん)は、上方講談名跡。幕末からある名前で初代は旭堂南麟と表記し旭堂の開祖。当代は特に代数は振っていない。

初代[編集]

旭堂 南麟(きょくどう なんりん 1804年 - 1878年8月13日)本名、朝比奈安兵衛。

旭堂派の開祖、2代目田辺南鶴の門下。

当代[編集]

旭堂 南鱗(きょくどう なんりん 1950年8月1日 - )大阪市阿倍野区出身の講談師。本名、今西久幸。

サラリーマンをしながら3代目旭堂南陵の講談教室に通う。1976年4月に3代目旭堂南陵に入門し南幸と名乗る、その後まもなく南光と改名。1988年に真打昇進し南鱗を襲名。

弟子に旭堂花鱗等がいる。水谷ミミも旭堂風鱗、古池真由美は旭堂鱗林の名を貰っている。

外部リンク[編集]