1995年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1995年の相撲(1995ねんのすもう)は、1995年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、春巡業から公式スポンサー制度を導入することを決定。阪神・淡路大震災の義援金を贈る。千秋楽・土俵下で初めて優勝力士インタビューが行われた。阪神・淡路大震災に配慮し、土俵下で黙とうが行われ、優勝パレードが中止にされた。
  • 2月、5日、報恩古式大相撲が行われた。
  • 4月、元前頭3枚目琴椿引退、年寄白玉襲名。富岡八幡宮横綱力士碑刻銘奉告祭と披露宴が復活し、貴乃花らが出席。
  • 5月、国技館にエレベーター付きの常備櫓が完成。
  • 6月、終戦50周年を記念した日米戦没将兵鎮魂のため、曙、貴乃花の奉納横綱土俵入りが硫黄島で行われた。
  • 9月、元関脇琴富士引退、年寄粂川襲名。
  • 10月、6日、大相撲ヨーロッパ公演の一行約100人が出発。8日にウィーン公演、13、14日にパリ公演が行われ、17日に帰国。約10年間禁止していたCM出演を巡業の特別協賛者に限り認めた。
  • 11月、26日、大相撲九州場所千秋楽で、史上初の兄弟による優勝決定戦が実現(“若貴対決”)。兄の大関若乃花が弟の横綱貴乃花を破り優勝した。
  • 12月、大相撲ファン感謝祭を開催。財団法人日本相撲協会設立70周年記念式典が行われた。

本場所[編集]

一月場所(初場所)[編集]

両国国技館東京都)を会場に、初日の1月8日(日)から千秋楽の1月22日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 貴乃花光司二子山部屋 東京都中野区出身) - 13勝2敗(3場所連続8回目) ※優勝決定戦勝利
三賞 殊勲賞 魁皇博之友綱部屋 福岡県直方市出身) - 8勝7敗(5場所ぶり2回目)
敢闘賞 安芸乃島勝巳(二子山部屋 広島県豊田郡安芸津町出身) - 11勝4敗(17場所ぶり6回目)
大翔鳳昌巳立浪部屋 北海道札幌市豊平区出身) - 11勝4敗(14場所ぶり2回目)
技能賞 該当者なし
十両優勝 旭豊勝照大島部屋 愛知県春日井市出身) - 11勝4敗 ※優勝決定戦勝利

三月場所(春場所、大阪場所)[編集]

大阪府立体育会館大阪市)を会場に、初日の3月12日(日)から千秋楽の3月26日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 曙太郎東関部屋 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島出身) - 14勝1敗(6場所ぶり8回目)
三賞 殊勲賞 寺尾常史井筒部屋 鹿児島県姶良郡加治木町出身) - 8勝7敗(5場所ぶり3回目)
敢闘賞 安芸乃島勝巳(二子山部屋 広島県豊田郡安芸津町出身) - 11勝4敗(2場所連続7回目)
技能賞 該当者なし
十両優勝 時津洋宏典時津風部屋 徳島県美馬郡脇町出身) - 10勝5敗 ※優勝決定戦勝利

五月場所(夏場所)[編集]

両国国技館(東京都)を会場に、初日の5月14日(日)から千秋楽の5月28日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 貴乃花光司(二子山部屋 東京都中野区出身) - 14勝1敗(2場所ぶり9回目)
三賞 殊勲賞 武双山正士武蔵川部屋 茨城県水戸市出身) - 11勝4敗(4場所ぶり3回目)
敢闘賞 武双山正士(武蔵川部屋 茨城県水戸市出身) - 11勝4敗(4場所ぶり2回目)
技能賞 該当者なし
十両優勝 土佐ノ海敏生伊勢ノ海部屋 高知県安芸市出身) - 14勝1敗

七月場所(名古屋場所)[編集]

愛知県体育館名古屋市)を会場に、初日の7月2日(日)から千秋楽の7月16日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 貴乃花光司(二子山部屋 東京都中野区出身) - 13勝2敗(2場所連続10回目)
三賞 殊勲賞 琴錦功宗佐渡ヶ嶽部屋 群馬県群馬郡箕郷町出身) - 8勝7敗(22場所ぶり5回目)
剣晃敏志高田川部屋 大阪府守口市出身) - 11勝4敗(初受賞)
敢闘賞 琴の若實哉(佐渡ヶ嶽部屋 山形県尾花沢市出身) - 9勝6敗(初受賞)
技能賞 武双山正士(武蔵川部屋 茨城県水戸市出身) - 10勝5敗(初受賞)
十両優勝 旭鷲山昇(大島部屋 モンゴルの旗 モンゴルウランバートル出身) - 10勝5敗

九月場所(秋場所)[編集]

両国国技館(東京都)を会場に、初日の9月10日(日)から千秋楽の9月24日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 貴乃花光司(二子山部屋 東京都中野区出身) - 15戦全勝(3場所連続11回目)
三賞 殊勲賞 魁皇博之(友綱部屋 福岡県直方市出身) - 11勝4敗(4場所ぶり3回目)
敢闘賞 琴稲妻佳弘(佐渡ヶ嶽部屋 群馬県利根郡新治村出身) - 9勝6敗(初受賞)
土佐ノ海敏生(伊勢ノ海部屋 高知県安芸市出身) - 11勝4敗(初受賞)
技能賞 琴錦功宗(佐渡ヶ嶽部屋 群馬県群馬郡箕郷町出身) - 10勝5敗(9場所ぶり5回目)
十両優勝 若ノ城宗彦間垣部屋 沖縄県那覇市出身) - 12勝3敗

十一月場所(九州場所)[編集]

福岡国際センター福岡市)を会場に、初日の11月12日(日)から千秋楽の11月26日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 若乃花勝(二子山部屋 東京都中野区出身) - 12勝3敗(16場所ぶり2回目) ※優勝決定戦勝利
三賞 殊勲賞 土佐ノ海敏生(伊勢ノ海部屋 高知県安芸市出身) - 9勝6敗(初受賞)
敢闘賞 魁皇博之(友綱部屋 福岡県直方市出身) - 9勝6敗(初受賞)
湊富士孝行湊部屋 群馬県安中市出身) - 8勝7敗(初受賞)
技能賞 土佐ノ海敏生(伊勢ノ海部屋 高知県安芸市出身) - 9勝6敗(初受賞)
十両優勝 和歌乃山洋(武蔵川部屋 和歌山県御坊市出身) - 11勝4敗 ※優勝決定戦勝利

受賞[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

出典[編集]

  1. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 300頁
  2. ^ 魁勝 旦祈 日本相撲協会公式サイト(2021年8月3日閲覧)
  3. ^ 白鷹山 亨将 日本相撲協会公式サイト(2021年8月3日閲覧)
  4. ^ 「令和2年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑」『相撲』2020年5月号別冊付録、ベースボール・マガジン社、 18頁。
  5. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 299頁
  6. ^ 力真 樹 日本相撲協会公式サイト(2021年8月4日閲覧)
  7. ^ 武将山 虎太郎 日本相撲協会公式サイト(2021年8月3日閲覧)
  8. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 193頁
  9. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 184頁
  10. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 125頁
  11. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 138頁
  12. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 142頁
  13. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 134頁
  14. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 172頁
  15. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 129頁

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p102