時葉山敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
時葉山 敏夫 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 春木 敏雄 → 時葉山 敏夫
本名 春木 敏男
生年月日 1944年5月5日
没年月日 (1995-09-20) 1995年9月20日(51歳没)
出身 石川県七尾市
身長 180cm
体重 131kg
BMI 40.43
所属部屋 時津風部屋
得意技 左四つ、寄り、掬い投げ
成績
現在の番付 引退
最高位前頭2枚目
生涯戦歴 523勝533敗7休(93場所)
幕内戦歴 237勝301敗2休(36場所)
優勝 十両優勝2回
幕下優勝1回
序二段優勝1回
データ
初土俵 1959年9月場所[1]
入幕 1967年9月場所[1]
引退 1975年3月場所[1]
引退後 年寄・富士ヶ根
備考
2013年8月25日現在

時葉山 敏夫(ときばやま としお、本名:春木 敏男(はるき としお)、1944年5月5日 - 1995年9月20日)は、石川県七尾市出身で、時津風部屋に所属していた元大相撲力士である。最高位は東前頭2枚目(1968年9月場所)。現役時代の体格は180cm、131kg。得意手は左四つ、寄り、掬い投げ[1]

来歴[編集]

小学生時代から相撲を始め、七尾市立七尾東部中学校(当時東部中学校)では地元の大会で優勝するなど活躍した。中学3年生の時、立田川親方(元横綱・鏡里)の勧誘を受け、時津風部屋に入門。1959年9月場所で初土俵を踏んだ。当初の四股名は、本名と同じ「春木」。

1966年7月場所、22歳で十両に昇進し、これを機に「春木」から「時葉山」に改名。そして、翌年9月場所にて23歳で新入幕を果たした。以降は、呼び戻し気味の掬い投げを武器に、闘志溢れる取り口で幕内中堅力士として長く活躍した。呼び戻し自体も2度決めている。関取の数が少ない時代の時津風部屋を支えた面もある力士である[1]

しかし、三賞受賞や金星獲得は一度も成らず、三役昇進も果たせぬまま力士生活を終えている。ただし自己最高位の前頭2枚目で迎えた1968年9月場所では4勝11敗に終わったものの、3日目に玉乃島、10日目に琴櫻と2大関を破る殊勲の星を挙げている(ちなみに琴櫻は、その翌日から休場した)。仕切りでの相手を睨みつける仕草や、叩き付けるように塩を撒く動作にも持ち前の闘志を見せた。

仕切りの1回目から立つ構えを見せる事もしばしばで、-実際に立った事は殆んどなかったが-全く気のない相手力士が塩に戻りかけると、半歩突っかける素振りを見せたりして場内の喝采を浴びた[1]。彼のこの仕切りは、ファンサービスの意味合いもあった。

時葉山は12代時津風14代時津風を比較して「先々代(双葉山)は、あまりにも偉大な人であっただけに、なかなか話をする機会もありませんでしたが、今度の親方は、自分の考えていることなどを率直に言って、よく聞いてもらっています。あと、若い衆に聞いたのですが、夜、大部屋で寝ているときに親方が来て、布団をかけ直していたそうです。すごく感激して、親方の下で一生懸命頑張ると言っていました」と述懐している[2]

大関・豊山(後、年寄錦島→同・時津風)の引退後、しばらく関取が少なかった時代の時津風部屋(13代時津風の部屋継承時点で幕内力士は時葉山、青ノ里のみ)を豊山(広)双津竜大潮らの成長まで支え、部屋の再発展に大きく貢献した[3]。1974年7月場所を最後に幕内の座から遠ざかり、西幕下13枚目に在位した1975年3月場所を以って、30歳で引退。

引退後は年寄・富士ヶ根を襲名し、時津風部屋付きの親方として後進の指導に当たった。

1995年9月20日午前8時40分頃、消化管出血のため東京都江東区内の病院で急逝。享年51。

家族[編集]

  • 次男・吉晴(よしはる、1975年7月生まれ)は中学卒業後、父と同じ時津風部屋へ入門。四股名も父の「時葉山」を継いだが、最高位は三段目56枚目に止まり、関取にはなれなかった(1999年11月場所後に引退)。

主な戦績[編集]

  • 通算成績:523勝533敗7休 勝率.495
  • 幕内成績:237勝301敗2休 勝率.441
  • 現役在位:93場所
  • 幕内在位:36場所[1]
  • 各段優勝
    • 十両優勝:2回(1973年11月場所、1974年5月場所)
    • 幕下優勝:1回(1963年7月場所)
    • 序二段優勝:1回(1961年9月場所)

場所別成績[編集]

一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1959年
(昭和34年)
x x x x (前相撲) 西序ノ口18枚目
6–2 
1960年
(昭和35年)
東序二段125枚目
6–2 
西序二段73枚目
6–2 
東序二段30枚目
3–5 
東序二段37枚目
5–2 
東三段目107枚目
3–4 
西序二段17枚目
5–2 
1961年
(昭和36年)
東三段目98枚目
3–4 
西三段目112枚目
4–3 
西三段目81枚目
3–4 
東三段目93枚目
1–6 
西序二段筆頭
優勝
7–0
西三段目21枚目
4–3 
1962年
(昭和37年)
西三段目9枚目
2–5 
東三段目17枚目
4–3 
西三段目8枚目
2–2–3 
東三段目20枚目
4–3 
西三段目11枚目
5–2 
西幕下85枚目
4–3 
1963年
(昭和38年)
西幕下75枚目
3–4 
東幕下84枚目
4–3 
西幕下76枚目
4–3 
東幕下68枚目
優勝
7–0
西幕下2枚目
2–5 
東幕下8枚目
3–4 
1964年
(昭和39年)
西幕下11枚目
3–4 
西幕下13枚目
3–4 
西幕下16枚目
4–3 
東幕下13枚目
3–4 
東幕下16枚目
5–2 
東幕下8枚目
2–5 
1965年
(昭和40年)
西幕下17枚目
4–3 
西幕下11枚目
5–2 
東幕下4枚目
4–3 
東幕下3枚目
2–5 
東幕下11枚目
4–3 
東幕下8枚目
5–2 
1966年
(昭和41年)
西幕下3枚目
4–3 
東幕下3枚目
5–2 
東幕下2枚目
5–2 
西十両17枚目
8–7 
西十両16枚目
8–7 
東十両11枚目
6–9 
1967年
(昭和42年)
西十両16枚目
9–6 
東十両10枚目
9–6 
東十両9枚目
9–6 
東十両5枚目
10–5 
東前頭12枚目
6–9 
西十両筆頭
9–6 
1968年
(昭和43年)
東前頭10枚目
9–6 
東前頭5枚目
4–11 
西前頭10枚目
8–7 
西前頭6枚目
9–6 
東前頭2枚目
4–11 
西前頭8枚目
7–8[4] 
1969年
(昭和44年)
東前頭10枚目
8–7 
東前頭8枚目
10–5 
東前頭3枚目
4–9–2[5] 
東前頭9枚目
6–9 
西前頭11枚目
6–9 
西十両筆頭
10–5 
1970年
(昭和45年)
東前頭11枚目
8–7 
西前頭8枚目
10–5 
西前頭3枚目
3–12 
東前頭11枚目
8–7 
東前頭5枚目
5–10 
西前頭8枚目
8–7 
1971年
(昭和46年)
西前頭4枚目
6–9 
東前頭6枚目
7–8 
東前頭8枚目
8–7 
東前頭4枚目
6–9 
西前頭7枚目
8–7 
東前頭5枚目
5–10 
1972年
(昭和47年)
東前頭9枚目
9–6 
東前頭6枚目
7–8 
東前頭9枚目
9–6 
西前頭4枚目
5–10 
西前頭9枚目
8–7 
東前頭8枚目
6–9 
1973年
(昭和48年)
西前頭11枚目
8–7 
西前頭8枚目
6–9 
西前頭12枚目
9–6 
東前頭7枚目
1–14 
東十両3枚目
5–10 
東十両11枚目
優勝
11–4
1974年
(昭和49年)
東十両3枚目
9–6 
西前頭12枚目
3–12 
西十両7枚目
優勝
12–3
西前頭11枚目
3–12 
東十両5枚目
6–9 
西十両10枚目
2–13 
1975年
(昭和50年)
東幕下8枚目
3–4 
西幕下13枚目
引退
2–3–2
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)


改名歴[編集]

  • 春木 敏男(はるき としお)1959年11月場所-1966年5月場所
  • 時葉山 敏夫(ときばやま -)1966年7月場所-1975年3月場所

年寄変遷[編集]

  • 富士ヶ根 敏男(ふじがね としお)1975年3月-1995年9月 

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p27
  2. ^ ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p14-15
  3. ^ ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p36-39
  4. ^ 発熱・扁桃腺炎により11日目不戦敗
  5. ^ 急性腰筋筋膜炎により5日目から途中休場、8日目から再出場