北の花勝利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北の花 勝利(きたのはな かつとし、本名:国岡 治美(くにおか はるよし)、1944年5月22日 - )は、1960年から9年間、大相撲出羽海部屋に所属した北海道虻田郡留寿都村出身の力士。最高位は東前頭6枚目(1968年9月場所)。現役時代の体格は175cm、97kg。得意手は左四つ、寄り。

来歴・人物[編集]

留寿都中学校では陸上部に所属し、砲丸投げの選手として活躍したが、陸上競技以上に相撲が好きであった。そのため中学校を卒業すると、すぐに上京し、16歳で出羽海部屋に入門(1960年5月)。1960年7月、「北の花」の四股名序ノ口に付いた。

体は小さかったが出世は早く、序ノ口から僅か1年2ヵ月で幕下に進出。だがここで暫く低迷し、1965年9月場所にて漸く十両昇進を果たす。

その後は3年近く十両に在り、上位で幾度も入幕確定の勝ち星を挙げながらも、番付上の不運により3度入幕を見送られた(最も不運だったのは1967年5月場所で、前場所西筆頭で10勝5敗と二桁勝利を挙げたが、場所後の「番付削減」のため半枚しか番付が上がらなかった(西筆頭→東筆頭))。しかし4度目の好機はモノにし、1968年5月場所で新入幕を果たした。

左を差して寄るという取り口を得意としたが、軽量のため幕内では苦戦し、結局幕内経験は僅か4場所に終わっている。

その後十両尻近くまで番付を落とし、途中休場した1969年7月場所を最後に、25歳という若さで廃業した。

主な成績・記録[編集]

  • 通算成績:297勝271敗4休 勝率.523
  • 幕内成績:28勝32敗 勝率.467
  • 現役在位:55場所
  • 幕内在位:4場所
  • 連続出場:568番(序ノ口以来、1960年7月場所-1969年7月場所(11日目))
北の花 勝利
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1960年
(昭和35年)
x x (前相撲) 東序ノ口18枚目
5–2 
東序二段91枚目
4–3 
西序二段44枚目
5–2 
1961年
(昭和36年)
西序二段8枚目
3–4 
東序二段29枚目
6–1 
西三段目83枚目
6–1 
西三段目29枚目
6–1 
西幕下92枚目
5–2 
東幕下65枚目
5–2 
1962年
(昭和37年)
西幕下41枚目
1–6 
東幕下52枚目
3–4 
東幕下53枚目
3–4 
東幕下54枚目
5–2 
東幕下41枚目
5–2 
西幕下27枚目
4–3 
1963年
(昭和38年)
西幕下23枚目
4–3 
西幕下20枚目
2–5 
西幕下32枚目
5–2 
東幕下19枚目
5–2 
西幕下13枚目
3–4 
東幕下17枚目
4–3 
1964年
(昭和39年)
西幕下13枚目
5–2 
西幕下4枚目
3–4 
東幕下8枚目
2–5 
西幕下16枚目
3–4 
東幕下20枚目
3–4 
東幕下23枚目
4–3 
1965年
(昭和40年)
東幕下20枚目
5–2 
西幕下10枚目
4–3 
西幕下7枚目
5–2 
西幕下2枚目
4–3 
西十両18枚目
8–7 
東十両16枚目
9–6 
1966年
(昭和41年)
西十両9枚目
5–10 
西十両15枚目
8–7 
東十両13枚目
9–6 
東十両8枚目
8–7 
西十両3枚目
8–7 
東十両2枚目
9–6 
1967年
(昭和42年)
西十両筆頭
8–7 
西十両筆頭
10–5 
東十両筆頭
5–10 
西十両5枚目
5–10 
西十両11枚目
11–4 
西十両4枚目
8–7 
1968年
(昭和43年)
西十両2枚目
8–7 
西十両筆頭
8–7 
西前頭11枚目
8–7 
西前頭7枚目
8–7 
東前頭6枚目
7–8 
東前頭9枚目
5–10 
1969年
(昭和44年)
東十両筆頭
7–8 
東十両2枚目
5–10 
東十両9枚目
6–9 
西十両12枚目
引退
2–9–4
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 国岡 治美(くにおか はるよし)1960年5月場所(※前相撲)
  • 北の花 勝利(きたのはな かつとし)1960年7月場所 - 1969年7月場所

関連項目[編集]

参考文献[編集]