1969年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1969年 | 1969年のスポーツ

1969年の相撲(1969ねんのすもう)は、1969年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、酒井忠正病気で横綱審議委員会委員長を辞任し、後任に舟橋聖一が就任、相撲博物館館長に石井鶴三就任。
  • 2月、錦島(元大関豊山)が時津風に名跡を変更し、鏡里は立田川に戻る。大鵬が豪州政府招待で渡豪。
  • 3月、横綱大鵬幸喜の連勝が45まで伸びたが、3月場所2日目に戸田智次郎に敗れて連勝がとまる。
  • 5月、5月場所から、物言いがついたときの勝負判定にビデオ映像を参考にする。新弟子検査規定改定し18歳までは170cm、70kg以上。場所後の番付編成会議で清國の大関昇進決定。
  • 7月、7月場所から大関は連続3場所負け越しで関脇に陥落だったのを、連続2場所負け越しで陥落にすることに改める。横綱柏戸剛が引退、新大関の清國勝雄が初優勝。
  • 9月、9月場所8日目に昭和天皇、皇后観戦。初日の土俵で大鵬の30回優勝が表彰され、一代年寄大鵬の名跡が贈られる。十両では若浪が優勝したが、幕内優勝者の十両優勝は史上初めて。
  • 10月、14日立浪理事(元横綱羽黒山)死去。追手風(元関脇安念山)が立浪襲名。呼出太郎こと戸田貞次郎に勲六等単光旭日章。
  • 12月、29日に1970年1月場所の番付発表。従来は初日の8日前の土曜日発表だったものを、13日前の月曜日に発表することになる。
  • 日大の輪島博、東京農大の長浜広光と、大学生が大相撲入りを表明、学生相撲出身者の大相撲入りが常態化するさきがけとなる。

本場所[編集]

  • 一月場所(蔵前国技館・12日~26日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(15戦全勝,29回目)
     殊勲賞-清國、敢闘賞-戸田、技能賞-藤ノ川
    十両優勝 : 朝登俊光(11勝4敗)
  • 三月場所(大阪府立体育館・9日~23日)
    幕内最高優勝 : 琴櫻傑將(13勝2敗,2回目)
     殊勲賞-龍虎、敢闘賞-龍虎、技能賞-藤ノ川
    十両優勝 : 淺瀬川健次(12勝3敗)
  • 五月場所(蔵前国技館・11日~25日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(13勝2敗,30回目)
     殊勲賞-龍虎、敢闘賞-前の山、技能賞-清國
    十両優勝 : 川崎悟(12勝3敗)
  • 七月場所(愛知県体育館・6日~20日)
    幕内最高優勝 : 清國勝雄(12勝3敗,初)
     殊勲賞-前乃山、敢闘賞-藤ノ川、技能賞-藤ノ川
    十両優勝 : 嵐山次郎(11勝4敗)
  • 九月場所(蔵前国技館・14日~28日)
    幕内最高優勝 : 玉乃島正夫(13勝2敗,2回目)
     殊勲賞-栃東、敢闘賞-大竜川、技能賞-栃東
    十両優勝 : 若浪順(12勝3敗)
  • 十一月場所(福岡スポーツセンター・15日~29日)
    幕内最高優勝 :北の富士勝昭(13勝2敗,2回目)
     殊勲賞-麒麟児、敢闘賞-龍虎、技能賞-栃東
    十両優勝 : 貴ノ花満(11勝4敗)
  • 年間最優秀力士賞:大鵬幸喜(59勝16敗15休)
  • 年間最多勝:北の富士勝昭(63勝27敗)

誕生[編集]

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p65