錦洋幸治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
錦洋 幸治 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 川崎 悟→錦洋 幸治→錦洋 幸次→錦洋 幸治→川崎 悟→大峩 悟
本名 川崎 悟
生年月日 1950年1月3日
没年月日 (2009-07-16) 2009年7月16日(59歳没)
出身 鹿児島県鹿屋市
身長 178cm
体重 150kg
BMI 47.34
所属部屋 井筒部屋 - 君ヶ浜部屋
得意技 押し、右四つ、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位前頭筆頭
生涯戦歴 446勝446敗19休(73場所)
幕内戦歴 183勝217敗5休(27場所)
優勝 十両優勝2回
幕下優勝1回
技能賞1回
データ
初土俵 1965年3月場所
入幕 1969年7月場所
引退 1977年5月場所
引退後 ちゃんこ料理店「大峩」(たいが)経営
他の活動 講演、理学療法士、マッサージ士
備考
金星2個(大鵬1個、北の湖1個)
2013年4月24日現在

錦洋 幸治(にしきなだ こうじ、1950年1月3日 - 2009年7月16日)は、鹿児島県鹿屋市出身で、1960年代後半から1970年代半ばにかけて活躍した大相撲力士本名川崎 悟(かわさき さとる)。最高位は東前頭筆頭(1972年3月場所)。現役時代の体格は178cm、150kg。得意手は押し、右四つ、寄り。

1974年7月大峩 悟(たいが さとる)に改名。

来歴[編集]

井筒親方(元前頭2・鶴ヶ嶺道芳)の勧誘を受けて、中学を卒業後に井筒部屋へ入門。1965年3月場所で初土俵を踏んだ。当初の四股名は、本名でもある「川崎」。初土俵の同期には、後の大関大受や前頭・吉王山らがいる。以来、井筒部屋のホープとして期待された。

押しを武器に順調に番付を上げ、1968年11月場所では18歳の若さで十両に昇進。そして1969年7月場所にて19歳で幕内昇進を果たした時(この場所より四股名を「川崎」から井筒部屋伝統の「錦洋」に改名)には、同い年の大受や貴ノ花と共に、将来の角界を背負って立つ逸材と呼ばれた。東前頭4枚目の地位で迎えた1970年3月場所では、9勝6敗と勝ち越して、生涯唯一の三賞となる技能賞を受賞。西前頭筆頭に進んだ翌5月場所では、6勝9敗と負け越したが、大鵬から初の金星を挙げている。 [1]

しかしこの頃から〈左足が流れる〉という欠陥を指摘され、本人もその矯正に努めたが、それが結果的には出足を鈍らせる事になった。また、糖尿病に罹った事で体の不調を訴える事も増え、それが三役昇進を妨げた。その後1972年3月、師匠の死後の跡目争いの渦中で、元関脇鶴ヶ嶺昭男君ヶ濱親方の独立に同行。同年5月より、君ヶ濱部屋所属となった。そのため、同年9月場所限りで「錦洋」の四股名も返上して本名の「川崎」に戻り、暫くしてから大峩 悟(たいが さとる)と改名した(1974年7月)。

川崎の名で取っていた時期は十両に低迷していたが、大峩に改名した後は再び幕内上位へと進出。1975年7月場所では、3日目に北の湖から5年ぶりの金星を獲得し、復活を印象付けた。しかし間もなく、の故障や肝臓の病気などの影響で下位に逆戻りし、最後は幕下50枚目まで番付を落として1977年5月場所後に廃業した。廃業時の年齢は、27歳であった。

廃業後は夫人の故郷の鳥取県米子市で本場ちゃんこ料理店「大峩」を夫人と共に経営していたが、糖尿病の悪化により失明したため、故郷の鹿児島県鹿屋市に戻って再出発した。現在、店は夫人と娘が引き継ぎ経営している。

帰郷してからすぐに、持病の糖尿病の合併症から肝臓病も併発し、人工透析を余儀なくされた。だがその環境下で、鹿児島県立盲学校へ進学する事を決意。学生服を身につけ通学し、相撲部を作って指導したり、地域の学校に土俵をつくるなどをして、地域社会に貢献した。

盲学校では針灸師の資格を取得し、高等部を卒業して専攻科に進学したが、二年生の時に左眼に残っていた僅かな視力も失いかけ、左人差し指の先は血種で切断する見込みだった為、考え抜いた末1993年11月で盲学校を退学。1993年12月から、実家近くの病院で理学療法士として勤務していた。 2001年2月には糖尿病性壊死で右膝下を切断。障害を抱えながら勤務を続け、第二の人生の歩みを人々に伝える活動として、全国各地で講演の活動も行っていた。

2009年7月16日、脳出血のため逝去。享年59。

主な成績[編集]

  • 通算成績:446勝446敗19休 勝率.500
  • 幕内成績:183勝217敗5休 勝率.458
  • 現役在位:73場所
  • 幕内在位:27場所
  • 三賞:1回
    • 技能賞:1回(1970年3月場所)
  • 金星:2個(大鵬1個、北の湖1個)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:2回(1969年5月場所・1974年3月場所)
    • 幕下優勝:1回(1968年9月場所)

場所別成績[編集]

錦洋幸治(大峩悟)
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1965年
(昭和40年)
x (前相撲) 東序ノ口21枚目
3–4 
東序ノ口10枚目
6–1 
西序二段83枚目
4–3 
西序二段45枚目
4–3 
1966年
(昭和41年)
西序二段12枚目
3–4 
西序二段24枚目
4–3 
東序二段3枚目
6–1 
東三段目46枚目
4–3 
東三段目24枚目
4–3 
東幕下99枚目
3–4 
1967年
(昭和42年)
西三段目9枚目
4–3 
西幕下92枚目
4–3 
西三段目21枚目
4–3[2] 
東三段目6枚目
5–2 
東幕下44枚目
5–2 
西幕下27枚目
5–2 
1968年
(昭和43年)
西幕下16枚目
5–2 
東幕下11枚目
5–2 
西幕下3枚目
4–3 
西幕下筆頭
4–3 
東幕下筆頭
優勝
7–0
東十両6枚目
6–9 
1969年
(昭和44年)
西十両8枚目
6–9 
西十両12枚目
9–6 
西十両8枚目
優勝
12–3
西前頭12枚目
9–6 
西前頭6枚目
7–8 
西前頭7枚目
8–7 
1970年
(昭和45年)
東前頭4枚目
7–8 
東前頭4枚目
9–6
西前頭筆頭
6–9
西前頭2枚目
4–11 
東前頭6枚目
5–10 
東前頭11枚目
8–7 
1971年
(昭和46年)
東前頭9枚目
2–8–5[3] 
西十両筆頭
10–5 
東前頭10枚目
8–7 
東前頭5枚目
6–9 
西前頭8枚目
10–5 
西前頭筆頭
7–8 
1972年
(昭和47年)
東前頭2枚目
8–7 
東前頭筆頭
5–10 
西前頭6枚目
5–10 
西前頭11枚目
5–10 
東十両2枚目
6–9 
西十両4枚目
9–6 
1973年
(昭和48年)
東十両筆頭
5–10 
東十両8枚目
8–7 
東十両6枚目
8–7 
東十両4枚目
6–9 
東十両9枚目
10–5 
東十両4枚目
6–9 
1974年
(昭和49年)
西十両8枚目
7–8 
東十両10枚目
優勝
12–3
西十両2枚目
6–9 
西十両9枚目
8–7 
西十両4枚目
7–8 
西十両6枚目
8–7 
1975年
(昭和50年)
西十両3枚目
10–5 
西前頭13枚目
9–6 
東前頭8枚目
9–6 
東前頭4枚目
7–8
東前頭5枚目
8–7 
西前頭3枚目
5–10 
1976年
(昭和51年)
東前頭8枚目
8–7 
東前頭6枚目
5–10 
西前頭11枚目
8–7 
西前頭8枚目
5–10 
東十両筆頭
4–11 
東十両7枚目
6–9 
1977年
(昭和52年)
東十両10枚目
1–14 
西幕下15枚目
休場
0–0–7
西幕下50枚目
引退
0–0–7
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 最高位が平幕の力士に限れば20歳4ヶ月での初金星は最年少記録となる。
  2. ^ この場所は番付削減のために勝ち越しても地位が下がった
  3. ^ 左膝関節筋損傷・右腕関節亜脱臼により10日目から途中休場

外部リンク[編集]