福ノ海七男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福ノ海 七男(ふくのうみ ななお、本名:小田 七男(おだ ななお)、1930年4月28日-1995年7月20日)は、福井県福井市宝永出身で、朝日山部屋にかつて所属した力士である。最高位は西前頭10枚目(1958年1月場所)。得意手は左四つ、寄り。現役時代の体格は175cm、108kg。

略歴[編集]

  • 1949年…朝日山部屋に入門し、この年の10月場所で初土俵を踏む。
  • 1950年1月場所…「朝昇」の四股名で、序ノ口に付く。
  • 1954年9月場所…「福ノ海」に改名。
  • 1955年9月場所…十両に昇進。
  • 1956年9月場所…新入幕。
  • 1958年5月場所…「福ノ海」から「福乃海」へ改名。
  • 1959年5月場所…「福ノ海」に四股名を戻し、以後、引退まで通す。
  • 1962年7月場所…現役引退を表明し、場所後、年寄北陣を襲名(以後、5回名跡を変更)。
  • 1995年4月…日本相撲協会を停年(定年)退職。
  • 1995年7月20日…脳内出血のため、埼玉県越谷市内の病院で死去(65歳没)。

当初の四股名である「朝昇」は、所属部屋の朝日山部屋から「朝」の字を取り、縁起が良い「昇」と合わせたもの。

左四つからの寄りという正攻法を得意手としていたが、勝ち身が遅く、そのために幕内中堅どころで終わった。

引退後は何度も年寄名跡を変えつつも、朝日山部屋付きの親方として後進の育成に努め、停年まで相撲協会に在籍した。

主な成績・記録[編集]

  • 幕内在位:9場所
  • 幕内成績:61勝74敗 勝率.452
  • 現役在位:58場所
  • 通算成績:397勝369敗18休 勝率.518

場所別成績[編集]

福ノ海 七男
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1949年
(昭和24年)
x x x x x 新序
2–1 
1950年
(昭和25年)
東序ノ口5枚目
優勝
12–3
x 東序二段4枚目
6–9 
x 東序二段7枚目
9–6 
x
1951年
(昭和26年)
西三段目35枚目
11–4 
x 西三段目12枚目
10–5 
x 東幕下29枚目
9–6 
x
1952年
(昭和27年)
東幕下18枚目
7–8 
x 西幕下19枚目
7–8 
x 東幕下23枚目
10–5 
x
1953年
(昭和28年)
西幕下15枚目
6–9 
西幕下18枚目
3–5 
西幕下21枚目
4–4 
x 東幕下21枚目
5–3 
x
1954年
(昭和29年)
東幕下13枚目
4–4 
西幕下12枚目
5–3 
西幕下7枚目
4–4 
x 東幕下6枚目
4–4 
x
1955年
(昭和30年)
東幕下5枚目
4–4 
東幕下5枚目
4–4 
西幕下3枚目
優勝
7–1
x 西十両15枚目
11–4 
x
1956年
(昭和31年)
西十両7枚目
8–7 
東十両4枚目
8–7 
西十両2枚目
11–4 
x 東前頭18枚目
8–7 
x
1957年
(昭和32年)
東前頭16枚目
6–9 
西前頭20枚目
7–8 
東前頭21枚目
8–7 
x 西前頭18枚目
8–7 
西前頭14枚目
9–6 
1958年
(昭和33年)
西前頭10枚目
4–11 
東前頭19枚目
5–10 
東十両筆頭
8–7 
西前頭22枚目
6–9 
西十両2枚目
7–8 
東十両7枚目
8–7 
1959年
(昭和34年)
西十両4枚目
6–9 
東十両7枚目
9–6 
東十両6枚目
9–6 
東十両4枚目
7–8 
東十両6枚目
9–6 
東十両5枚目
6–9 
1960年
(昭和35年)
西十両9枚目
11–4 
西十両4枚目
1–3–11 
西十両14枚目
8–7 
東十両14枚目
6–9 
東十両17枚目
8–7 
西十両16枚目
9–6 
1961年
(昭和36年)
西十両11枚目
7–8 
東十両12枚目
5–10 
西十両17枚目
9–6 
西十両12枚目
7–8 
東十両16枚目
8–7 
西十両8枚目
4–11 
1962年
(昭和37年)
西十両15枚目
7–8 
東十両17枚目
6–9 
西幕下筆頭
1–4–2 
東幕下17枚目
引退
1–1–5
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

各段優勝[編集]

  • 幕下優勝:1回(1955年5月場所)
  • 序ノ口優勝:1回(1950年1月場所)

四股名の変遷[編集]

  • 朝昇 七男(あさのぼり ななお)1950年1月場所 - 1954年5月場所
  • 福ノ海 七男(ふくのうみ -)1954年9月場所 - 1958年3月場所
  • 福乃海 七男(ふくのうみ -)1958年5月場所 - 1959年3月場所
  • 福ノ海 七男(ふくのうみ -)1959年5月場所 - 1962年7月場所(引退)

年寄変遷[編集]

  • 北陣 七男(きたじん ななお)1962年7月 - 1975年5月
  • 浦風 七男(うらかぜ -)1975年5月 - 1976年1月
  • 北陣 七男(きたじん -)1976年1月 - 1981年1月
  • 桐山 統彦(きりやま むねひこ)1981年1月 - 1982年9月
  • 八角 統彦(はっかく-)1982年9月 - 1991年5月
  • 中川 七男(なかがわ ななお)1991年5月 - 1995年4月(停年退職)

関連項目[編集]

参考文献[編集]