琴富士孝也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
琴富士 孝也 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 小林 → 琴大杉 → 琴富士
本名 小林 孝也
生年月日 (1964-10-28) 1964年10月28日(53歳)
出身 千葉県千葉市花見川区
身長 191cm
体重 150kg
BMI 41.12
所属部屋 佐渡ヶ嶽部屋
得意技 左四つ、寄り、吊り、上手投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 西関脇
生涯戦歴 529勝528敗15休(94場所)
幕内戦歴 251勝289敗15休(37場所)
優勝 幕内最高優勝1回
三段目優勝1回
敢闘賞2回
データ
初土俵 1980年3月場所[1]
入幕 1988年9月場所[1]
引退 1995年9月場所[1]
引退後 年寄・粂川 → 退職
タレント
焼肉店店長
備考
金星2個(大乃国1個、旭富士1個)
2012年12月7日現在

琴富士 孝也(ことふじ たかや、1964年10月28日 - )は、千葉県千葉市花見川区出身の大相撲力士である。本名は小林 孝也(こばやし たかや)。現役引退後は、一時期年寄として後進の指導につとめたが退職、タレント、焼肉店店長に転向した[1]

身長191cm、103kg(大相撲時代は、身長191cm、150kg)。得意手は突っ張り、左四つ、吊り、寄り、上手投げ。最高位は西関脇(1990年7月場所)[1]

来歴[編集]

千葉市立幕張中学校出身。中3の秋に佐渡ヶ嶽(元横綱・琴櫻)がいきなり勧誘にやってきた[2]ため、この行動力に感服して入門をほぼ即決した。1980年3月場所、佐渡ヶ嶽部屋から初土俵を踏んだ。初土俵の同期生には、日本大学出身の学生横綱幕下付出デビューの花嵐一美(現・プロレスラーの大黒坊弁慶)がいる。素質に恵まれていたため、新弟子の頃より期待される。当初は「琴大杉」を名乗っていたが、十両目前の西幕下2枚目まで上がった1986年3月場所に琴富士に改名。同年11月場所で新十両に昇進した。この翌年の1987年の9月場所12日目には、南海龍太郎を相手に当時まだ2回しか決まっていなかった合掌捻りを決めた。(なお、この決まり手は、この取り組み以後、1度も出ていない。)新入幕を果たした1988年9月場所では、11勝4敗と大勝ちして敢闘賞を受賞。その後いまひとつ伸び悩んでいたが、1991年7月場所では初日から13連勝し、横綱旭富士に加え、小錦霧島の2大関を撃破し、14勝1敗の好成績で前頭13枚目でありながら見事平幕優勝を果たす[3][1]。しかし小結に昇進した11月場所は4勝11敗と大負けし、三役に定着できずに1995年9月場所を最後に引退した。

引退後は年寄粂川を襲名して佐渡ヶ嶽部屋の部屋付き親方として後進の指導に当たっていたが、兄弟子の琴稲妻佳弘が引退したのに伴い、1999年7月限りで退職しタレントへ転向した。元大関の小錦八十吉が経営する株式会社KPに所属し、現役時代からフジテレビの部屋別対抗歌合戦などで披露するユーモラスなキャラクターを活かして活動した。

2005年には三段目以上の経験力士に受験資格が与えられる日本相撲協会主催の相撲指導員資格を現役の豊乃國大地一ノ矢充らとともに取得したが、幕内以上の受験者は琴富士ただ一人であった。

2012年海浜幕張駅前にある元関脇貴闘力経営の焼肉店「焼肉 貴闘力」の店長に就任した。

2014年2月20日、韓国籍の女に在留資格を取得させる目的で虚偽の婚姻届を提出し偽装結婚した公正証書原本不実記載・同行使の容疑で警視庁により逮捕された[4]。同年3月12日、東京地方検察庁は小林を起訴した。起訴状によると、2人は昨年2月6日、結婚する意思がないのに韓国籍の女に在留資格を取得させる目的で、東京都の台東区役所に小林を夫とする虚偽の婚姻届を提出したとしている。地検によると、女が知人に紹介された小林に偽装結婚を持ち掛け、報酬として昨年1月~今年2月、計約130万円を渡したという[5]

同年5月1日、東京地裁は小林に懲役1年6ヶ月、執行猶予3年(求刑懲役1年6ヶ月)の判決を言い渡した[6]

大相撲時代のデータ[編集]

主な戦績[編集]

  • 通算成績:529勝528敗15休 勝率.500
  • 通算在位:94場所
  • 幕内成績:251勝289敗15休 勝率.465
  • 幕内在位:37場所
  • 三役在位:2場所 (関脇1場所、小結1場所)
  • 三賞:2回
    • 敢闘賞:2回(1988年9月場所、1991年7月場所)
  • 金星:2個(大乃国1個、旭富士1個)
  • 各段優勝
    • 幕内最高優勝:1回(1991年7月場所)
    • 三段目優勝:1回 (1983年9月場所)

場所別成績[編集]

琴富士 孝也
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1980年
(昭和55年)
x (前相撲) 西 序ノ口 #30
5–2 
西 序二段 #96
5–2 
西 序二段 #56
5–2 
西 序二段 #12
2–5 
1981年
(昭和56年)
東 序二段 #41
4–3 
西 序二段 #22
4–3 
西 序二段 #6
4–3 
東 三段目 #80
4–3 
西 三段目 #68
5–2 
東 三段目 #47
3–4 
1982年
(昭和57年)
東 三段目 #59
4–3 
東 三段目 #40
4–3 
西 三段目 #28
3–4 
西 三段目 #46
5–2 
西 三段目 #14
5–2 
西 幕下 #49
3–4 
1983年
(昭和58年)
西 三段目 #2
4–3 
西 幕下 #53
3–4 
西 三段目 #8
4–3 
西 幕下 #58
3–4 
東 三段目 #15
優勝
7–0
西 幕下 #20
2–5 
1984年
(昭和59年)
東 幕下 #40
3–4 
東 幕下 #53
4–3 
東 幕下 #38
4–3 
西 幕下 #26
4–3 
東 幕下 #18
2–5 
西 幕下 #40
5–2 
1985年
(昭和60年)
東 幕下 #23
5–2 
東 幕下 #10
4–3 
東 幕下 #7
3–4 
東 幕下 #13
2–5 
西 幕下 #29
6–1 
東 幕下 #12
4–3 
1986年
(昭和61年)
西 幕下 #7
5–2 
西 幕下 #2
2–5 
西 幕下 #16
4–3 
西 幕下 #11
5–2 
東 幕下 #4
5–2 
西 十両 #13
6–9 
1987年
(昭和62年)
東 幕下 #4
5–2 
東 十両 #13
9–6 
西 十両 #7
6–9 
東 十両 #11
9–6 
西 十両 #8
6–9 
東 十両 #11
8–7 
1988年
(昭和63年)
東 十両 #8
8–7 
東 十両 #6
8–7 
西 十両 #4
11–4 
東 十両 #1
9–6 
東 前頭 #12
11–4
東 前頭 #4
4–11 
1989年
(平成元年)
東 前頭 #10
6–9 
東 前頭 #13
9–6 
東 前頭 #5
5–10 
東 前頭 #11
9–6 
東 前頭 #6
8–7 
東 前頭 #2
4–11 
1990年
(平成2年)
西 前頭 #8
8–7 
東 前頭 #6
9–6 
西 前頭 #1
8–7 
西 関脇
4–11 
東 前頭 #5
7–8 
西 前頭 #6
8–7 
1991年
(平成3年)
東 前頭 #3
5–10
東 前頭 #10
8–7 
西 前頭 #7
5–10 
東 前頭 #13
14–1
東 張出小結
4–11[7] 
西 前頭 #6
6–9 
1992年
(平成4年)
西 前頭 #11
8–7 
東 前頭 #6
8–7 
西 前頭 #3
6–9 
東 前頭 #7
8–7 
東 前頭 #3
4–11 
東 前頭 #11
6–9 
1993年
(平成5年)
西 前頭 #15
9–6 
東 前頭 #10
8–7 
東 前頭 #7
7–8 
西 前頭 #9
11–4 
東 前頭 #2
6–9 
西 前頭 #4
休場
0–0–15
1994年
(平成6年)
西 前頭 #4
3–12 
東 前頭 #14
8–7 
西 前頭 #12
9–6 
西 前頭 #4
4–11 
東 前頭 #12
4–11 
東 十両 #3
5–10 
1995年
(平成7年)
東 十両 #11
8–7 
東 十両 #10
8–7 
東 十両 #8
7–8 
東 十両 #10
8–7 
西 十両 #9
引退
2–10–0
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 小林 孝也(こばやし たかや)1980年3月場所
  • 琴大杉 孝也(ことおおすぎ -)1980年5月場所 - 1986年1月場所
  • 琴富士 孝也(ことふじ -)1986年3月場所 - 1995年9月場所

年寄変遷[編集]

  • 粂川 孝也(くめがわ たかや)1995年9月 - 1999年7月

タレント時代のデータ[編集]

テレビ出演[編集]

映画出演[編集]

  • 「伊能忠敬」(東映

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p25
  2. ^ 母親が電話で訪問の約束を交わしてそのわずか数時間後に佐渡ヶ嶽がやってきたという。
  3. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年8月号 p44
  4. ^ “元関脇琴富士を逮捕 韓国人女と偽装結婚容疑”. 47NEWS (共同通信社). (2014年2月20日). http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014022001001276.html 2014年2月20日閲覧。 
  5. ^ “元関脇琴富士を起訴 偽装結婚で・・・”. Daily Sports Online. (2014年3月13日). http://www.daily.co.jp/sumo/2014/03/13/0006775850.shtml 
  6. ^ “元関脇琴富士に有罪=韓国人女と偽装結婚-東京地裁”. 時事ドットコム (時事通信社). (2014年5月1日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014050100052&j4 2014年5月1日閲覧。 
  7. ^ 左足首関節負傷により千秋楽休場

関連項目[編集]