白玉 (相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白玉(しらたま)は、日本相撲協会年寄名跡のひとつで、初代・白玉が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。

白玉の代々[編集]

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 所属部屋 襲名期間 備考
初代 白玉浪右エ門 --- ---
2代 淀渡由右エ門 --- ---
3代 礎清次 --- ---
4代 三ッヶ濱政吉 --- ---
5代 象ヶ鼻平助 大関 谷川-高砂部屋(高砂改正組) 1872年4月-1873年頃(廃業)
6代 玉ノ岩浪八 --- ---
7代 淀川音吉 --- ---
8代 玉椿憲太郎 関脇 雷部屋 1916年1月-1928年9月(死去)
9代 宮城山福松 横綱 出羽ノ海-高田川部屋 1931年3月-1932年1月 6代芝田山に名跡変更
10代 大八洲晃 前10 立浪部屋 1939年1月-1971年1月(廃業)
11代 琴櫻傑將 横綱 佐渡ヶ嶽部屋 1974年7月 12代佐渡ヶ嶽に名跡変更
12代 二子岳武 小結 花籠-二子山部屋 1976年9月-1983年12月 借株、12代荒磯に名跡変更
13代 琴ヶ嶽綱一 前1 佐渡ヶ嶽部屋 1984年3月-1995年3月(廃業) 借株
14代 琴椿克之 前3 佐渡ヶ嶽部屋 1995年3月-2003年9月 借株、12代山分に名跡変更
15代 蔵玉錦敏正 前1 伊勢ノ海-鏡山部屋 2004年8月-2005年8月 借株、18代佐ノ山に名跡変更
16代 琴椿克之 前3 佐渡ヶ嶽部屋 2005年8月- 借株のち取得、14代の再襲名