荒磯 (相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒磯(あらいそ)とは、日本相撲協会年寄名跡のひとつで、通常は初代が四股名として名乗っていたものが多いが、荒磯はこれにも当たらず、その由来は定かではない。2009年1月以降、稀勢の里寛が所有している。

荒磯の代々[編集]

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 雲林与三良 --- ---
2代 荒礒浪五郎 小結 山分-荒礒部屋 1832年11月-1845年?
3代 関ノ川倉吉 --- 楯山部屋 1850年3月-1864年2月(死去)
4代 ? --- --- ---
5代 行司・木村喜代治 --- --- 1889年5月-? 二枚鑑札
6代 荒浪松五郎 下16 --- 1894年5月-1896年5月(廃業)
7代 君山国吉 下2 花籠部屋 1885年5月-1889年5月(死去)
8代 鶴渡清治郎 前1 中立部屋 1919年1月-1936年11月(死去)
9代 新海幸藏 関脇 入間川-出羽海部屋 1937年5月-1951年9月(廃業)
10代 照國万藏 横綱 伊勢ヶ濱部屋 1953年1月-1961年1月 6代伊勢ヶ濱に名跡変更
11代 大豪久照 関脇 花籠部屋 1967年5月-1983年11月(死去)
12代 二子岳武士 小結 花籠-二子山部屋 1983年12月-2008年11月(停年(定年)退職)
13代 琴錦功宗 関脇 佐渡ヶ嶽部屋 2009年1月-2009年9月 借株、12代秀ノ山に名跡変更
14代 玉力道栄来 前8 片男波部屋 2010年1月-2013年6月 借株、11代二所ノ関に名跡変更
15代 玉飛鳥大輔 前9 片男波部屋 2016年9月-2018年4月 借株、17代熊ヶ谷に名跡変更

関連項目[編集]