多賀竜昇司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
多賀竜 昇司 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 黒谷 昇→多賀竜 昇司
本名 黒谷 昇
愛称 ドカベン(現役時代)
生年月日 (1958-02-15) 1958年2月15日(60歳)
出身 茨城県日立市
身長 178cm
体重 139kg
BMI 43.87
所属部屋 鏡山部屋
得意技 右四つ、寄り、上手出し投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 西関脇
生涯戦歴 557勝621敗10休(103場所)
幕内戦歴 321勝407敗7休(49場所)
優勝 幕内最高優勝1回
十両優勝1回
幕下優勝1回
三段目優勝1回
敢闘賞1回
技能賞1回
データ
初土俵 1974年3月場所[1]
入幕 1982年5月場所[1]
引退 1991年5月場所[1]
引退後 年寄勝ノ浦
(後、同・鏡山を襲名)
他の活動 日本相撲協会理事(5期)
2010年2月 -
趣味 野球(現役時代)
備考
金星1個(北の湖1個)
2018年3月26日現在

多賀竜 昇司(たがりゅう しょうじ、1958年(昭和33年)2月15日- )は、茨城県日立市出身(本籍地は北茨城市)で、鏡山部屋に所属した大相撲力士。最高位は西関脇(1983年(昭和58年)11月場所)。現役時代の体格は179cm、139kg。本名は黒谷 昇(くろたに のぼる)。得意手は右四つ、寄り、上手出し投げ[1]

現在は、年寄鏡山である[1]

来歴・人物[編集]

日立市立成沢小学校時代はあまりにも元気がありすぎて、5年生の時にサッカーゴールポストで逆上がりしてポストごと倒れ、顔に17針も縫う傷を負ったりもした。

日立市立多賀中学校では野球部に所属し、捕手でキャプテンを務めた。野球の腕を買われて東洋大学附属牛久高等学校への入学が一旦決定したが、経済的な事情で断念。中学卒業後は職業訓練所に通い、溶接の技術を学んだ。

訓練所を卒業する直前に日立グループの子会社への就職も決まったが、近所の建設業者が鏡山親方(元横綱柏戸)の現役時代からの贔屓だった縁で鏡山部屋を紹介され、家が貧しいことを理由に角界入りを承諾。間もなく同部屋へ入門し、1974年3月場所において、16歳で初土俵を踏んだ。

当初の四股名は、本名でもある「黒谷」。

なお、改名後の「多賀竜」という四股名は、出身の日立市立多賀中学校に因んだものである。取的時代は、十両魄龍の付け人を務めた。

1981年1月場所で十両昇進、1982年5月場所で入幕を果たした。

1983年11月場所では、自己最高位となる西関脇に昇進したものの、5勝10敗と大きく負け越している[1]

1984年5月に母が交通事故で亡くなってからは、せめてもの供養にとそれまで以上に懸命に土俵を務め、蔵前国技館で行われた最後の本場所となった同年9月場所では13勝2敗と大勝ちして見事な平幕優勝を遂げた。この場所では、敢闘賞と技能賞を同時に受賞している[1]

2場所後、両国国技館のこけら落としとなった1985年1月場所では、2日目に横綱・北の湖押し出しで破って生涯唯一となる金星を挙げた。北の湖は翌3日目の取組前に引退を表明し、彼の現役最後の対戦相手としても名を残した[1]

その後は持病の痛風の悪化などにより目立った活躍はできなかったが、1988年7月場所では十両の地位でも優勝し、元小結・若浪に続く「天皇賜杯拝戴者の十両優勝」となった。

現役晩年は十両と幕内との往復が続き、1991年5月場所中に33歳で引退年寄勝ノ浦を襲名した。

なお、蔵前国技館で幕内最高優勝を経験した力士としては、現役最後の力士ともなった(千代の富士と同じ場所での引退ではあったが、多賀竜の引退表明は、千代の富士より数日後だったため)。

引退後はしばらく、鏡山部屋付きの親方として、後進の育成に当たっていた。

しかし1996年12月、師匠(元横綱・柏戸)が亡くなったため年寄・鏡山を襲名することとなり、鏡山部屋の新たな師匠となった[1]

なお、長男も鏡山部屋に入門し、「竜勢(りゅうせい)」の四股名で相撲を取っている。

2006年11月場所7日目、土俵下で勝負審判を務めていた際、豊ノ島安壮富士との一番で押し出しで敗れた安壮富士が土俵下に転落。その124kgもの体重で鏡山は右すねを踏まれ、あまりの痛みに悶絶し翌日から休場した。本人はこのアクシデントについて、「現役時代にも経験したことがない痛み」と語っていた。

2010年2月に日本相撲協会理事選挙に立候補し、当選した[1]。理事は4期目で、現在は総合企画部長をはじめ、指導普及部長・生活指導部長・危機管理部長などといった協会の要職に就いている。(2016年3月発表の職務分掌による。)
2期目の当選を果たした2012年1月場所後の改選から約2年間は審判部長を務めていた。現行の制度で、審判部長を関脇経験者が単独で務めることは史上初のケースだった。理事を勇退するまで長年にわたって審判部長を務めていた前師匠(元・柏戸)に続き、弟子である元・多賀竜も審判部長という要職を担ったことになる。

1984年9月場所の平幕優勝[編集]

蔵前国技館で行われる最後の本場所となった1984年9月場所に於いて、多賀竜は幕尻に近い西前頭12枚目の位置まで下がっていた。もし負け越すと幕内の座が危なくなるため、まずは勝ち越して幕内に残ることを考えて土俵に臨んだ。

この9月場所は、前場所で15戦全勝優勝した東大関若嶋津の綱獲りが懸かった場所で、しかも中日の時点で若嶋津は1敗を維持していた。加えて、幕内2場所目で西前頭6枚目の小錦が、当時「小錦旋風」「黒船襲来」と呼ばれるほどの活躍を見せていたため、場所の注目は若嶋津や小錦の方に集まっていた。

しかし、多賀竜は初日から快調に勝ち進み、6日目には1敗だった小錦との直接対決で引き落としで勝利。中日には、多賀竜だけが8戦全勝で勝ち越す状況となった。9日目に栃剣に敗れたものの、その後も多賀竜は11日目に西関脇・大乃国に対して左上手からの鮮やかな上手出し投げで快勝し、終盤まで優勝争いの先頭を走っていた。若嶋津は12日目に小錦に寄り切られ2敗となり、14日目には1敗で単独トップの多賀竜と2敗の若嶋津が星1つの差で直接対戦することとなった。

ところがこの時困っていた人物は、実は多賀竜の師匠の鏡山親方であった。鏡山親方は当時の審判部長で、14日目に多賀竜対若嶋津と、小錦対千代の富士を組んだことで、横綱・千代の富士対大関・若嶋津の取組が消滅してしまう。それにより若嶋津がこの場所優勝して2連覇を果たしたとしても、対戦相手の内容に問題が出て横綱に推挙しづらくなってしまった(千代の富士は前場所を休場していて、その場所で若嶋津は千代の富士と対戦せずに全勝優勝している)。もし多賀竜が負けて優勝争いが縺れれば師匠を困らせるところだったが、多賀竜は若嶋津を寄り倒しで破り、13勝1敗と優勝に王手をかけた。この敗戦で若嶋津は3敗に後退し、2場所連続優勝と横綱昇進が共に絶望となってしまった。また、小錦も千代の富士を堂々と押し出して金星を獲得し、これで優勝争いは1敗の多賀竜と2敗の小錦の2人に絞られた。

しかし、翌日千秋楽での対戦相手に、2日連続での大関との対戦となる朝潮との割が組まれた。多賀竜は、もし2敗で追う小錦が本割で琴風に勝利して、小錦との13勝2敗同士の優勝決定戦になれば、自分は絶対に不利だと思っていたという[2]。多賀竜は琴風と支度部屋の便所で偶然出会った時に、琴風に対して思わず「大関、頑張って(小錦関に)勝ってください!」と言うと、真面目一本の琴風は多賀竜に対して「任せておきなさい!」と答えたという。

そして千秋楽に於ける琴風対小錦の対戦は2分を超える長い相撲となったが、最後は琴風が小錦をすくい投げで下し、この時点で多賀竜の優勝が決定した。多賀竜はその瞬間には土俵下の控えに座っていたが、その席で優勝した喜びの気持ちをずっと我慢していたという。多賀竜は当日の対戦では朝潮に敗れて、最終的には13勝2敗の成績となった。また、多賀竜は同場所にて自身唯一の三賞もダブル(敢闘賞・技能賞)で受賞した。

なお、鏡山親方と力士時代に柏鵬時代を築いていた大鵬親方は、自分の弟子から幕内最高優勝者を出すことができなかった。そのため、多賀竜の存在を理由に自身の著書『巨人・大鵬・卵焼き』にて、「親方としては、柏戸さんに負けた」と書いている。

エピソード[編集]

  • 多賀竜は北の湖の現役最後の対戦相手となったが、北の湖が引退を表明する1場所前の1984年11月場所(5日目)に於いて、北の湖は多賀竜に勝利した。北の湖は7日目より途中休場するが、結果的に北の湖は多賀竜から最後の白星と黒星を得ている。
  • なぜか太寿山には弱く、初顔から17連敗と一方的に負けていた。1990年5月場所にて、18回目の対戦でようやく太寿山から初白星を挙げた(最終的な対戦成績は1勝18敗)。
  • 経済的な事情で高校進学と野球の道を諦めたことから、現役時代に連載されていた野球漫画の主人公になぞらえ「ドカベン」と呼ばれていた。ちなみに漫画の方のドカベン(山田太郎)も、経済的な理由で高校進学を諦める可能性があった。
  • 喋りが不得意であることと長らく勝負審判を務めていたため、大相撲中継の解説には縁がなかった。引退直後の1991年7月場所と、審判部を離れていた2011年7月場所にて、向正面の解説を務めた2回のみであった。しかし審判部長を退いてしばらくした2016年1月場所からは、幕内の正面で解説を務めるようになった。また、以前は話が不得意であると言う印象が強かったものの、現在はあまりそういったシーンは見られなくなってきている他、厳しくも独特な解説が好評を呼んでおり、1月場所以降も毎場所のように解説を務めている。

審判部長としての問題発言[編集]

  • 審判部長を務めていた2013年、この年の1月場所に於いて、13日目の時点で十両残留がほぼ絶望的となった高見盛について「もうアウト、アウト、アウトだってのに。大丈夫だって。(高見盛は)6番勝たないから」と放言とも取られかねない発言を行った。さらに、愛弟子の新十両(当時)・鏡桜が負け越せば高見盛と陥落を争う可能性も考えられた中で、「そんなにうちの鏡桜を落としたいの?」と報道陣を牽制する一幕を見せて物議を醸した[3]
  • 同じく審判部長の立場で迎えていた同年3月場所の13日目には十両残留がほぼ不可能となってこの時点で引退の可能性を報道された元大関・雅山についても「ご苦労さまでした。言っちゃ悪いが、きょうで(転落が)確定だよ」と軽い口調で扱い、1月場所に続いて功労者への配慮に欠けた発言を続けたことが問題視された[4]。進退のかかった力士に対する扱いは辛辣さもさることながら番付編成の一部を事前に公表してしまっているという観点から問題があり、前者のケースでは「幕下から4人上げる」十両昇格の予定人数まで場所中に記者の前で漏洩してしまっていた。その影響もあってか、2014年3月場所を最後に審判部長を退いている。

主な戦績[編集]

  • 通算成績:557勝621敗10休 勝率.473
  • 幕内成績:321勝407敗7休 勝率.441
  • 現役在位:103場所
  • 幕内在位:49場所
  • 三役在位:2場所(関脇1場所、小結1場所)
  • 対横綱戦:2勝18敗(隆の里1勝、北の湖1勝)
  • 対大関戦:3勝32敗(北天佑1勝、若嶋津1勝、大乃国1勝)


各段優勝[編集]

  • 幕内最高優勝:1回(1984年9月場所)
  • 十両優勝:1回(1988年7月場所)
  • 幕下優勝:1回 (1980年9月場所)
  • 三段目優勝:1回 (1978年9月場所)

三賞・金星[編集]

  • 三賞:2回
    • 敢闘賞:1回(1984年9月場所)
    • 技能賞:1回(1984年9月場所)
  • 金星:1個(北の湖から。1985年1月場所2日目)

場所別成績[編集]

多賀竜 昇司
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1974年
(昭和49年)
x (前相撲) 西 序ノ口 #12
5–2 
東 序二段 #72
4–3 
東 序二段 #50
3–4 
西 序二段 #65
5–2 
1975年
(昭和50年)
西 序二段 #30
3–4 
西 序二段 #42
3–4 
東 序二段 #57
5–2 
西 序二段 #18
6–1 
東 三段目 #46
3–4 
西 三段目 #58
4–3 
1976年
(昭和51年)
西 三段目 #42
3–4 
西 三段目 #54
4–3 
西 三段目 #40
4–3 
西 三段目 #27
6–1 
西 幕下 #51
4–3 
西 幕下 #38
0–7 
1977年
(昭和52年)
東 三段目 #11
4–3 
東 幕下 #60
2–5 
西 三段目 #24
4–3 
東 三段目 #9
2–5 
西 三段目 #33
4–3 
東 三段目 #20
4–3 
1978年
(昭和53年)
東 三段目 #9
1–3–3 
東 三段目 #39
4–3 
西 三段目 #26
4–3 
東 三段目 #13
4–3 
西 三段目 #2
優勝
7–0
西 幕下 #12
2–5 
1979年
(昭和54年)
西 幕下 #29
4–3 
東 幕下 #23
3–4 
西 幕下 #32
2–5 
東 幕下 #51
5–2 
東 幕下 #30
5–2 
東 幕下 #17
4–3 
1980年
(昭和55年)
西 幕下 #11
3–4 
東 幕下 #20
4–3 
西 幕下 #15
3–4 
西 幕下 #20
2–5 
西 幕下 #40
優勝
7–0
東 幕下 #3
5–2 
1981年
(昭和56年)
西 十両 #12
3–12 
東 幕下 #9
6–1 
西 幕下 #1
4–3 
東 十両 #13
5–10 
西 幕下 #4
5–2 
東 十両 #13
9–6 
1982年
(昭和57年)
西 十両 #6
9–6 
東 十両 #1
8–7 
東 前頭 #13
8–7 
東 前頭 #9
8–7 
東 前頭 #6
7–8 
東 前頭 #7
6–9 
1983年
(昭和58年)
西 前頭 #9
9–6 
西 前頭 #2
3–12 
西 前頭 #8
6–9 
西 前頭 #10
9–6 
西 前頭 #4
9–6 
西 関脇
5–10 
1984年
(昭和59年)
西 前頭 #3
4–11 
東 前頭 #11
9–6 
東 前頭 #4
6–9 
西 前頭 #8
6–9 
西 前頭 #12
13–2
西 小結
6–9 
1985年
(昭和60年)
東 前頭 #1
5–10
東 前頭 #6
8–7 
西 前頭 #2
3–12 
東 前頭 #12
8–7 
西 前頭 #8
7–8 
東 前頭 #11
8–7 
1986年
(昭和61年)
西 前頭 #5
5–10 
西 前頭 #10
8–7 
東 前頭 #6
6–9 
西 前頭 #9
8–7 
西 前頭 #2
5–10 
西 前頭 #6
6–9 
1987年
(昭和62年)
西 前頭 #11
9–6 
東 前頭 #5
6–9 
東 前頭 #9
8–7 
西 前頭 #2
5–10 
西 前頭 #6
6–9 
東 前頭 #10
8–7 
1988年
(昭和63年)
西 前頭 #3
4–11 
西 前頭 #8
6–9 
西 前頭 #12
5–10 
東 十両 #3
優勝
10–5
西 前頭 #10
8–7 
西 前頭 #7
8–7 
1989年
(平成元年)
西 前頭 #2
1–11–3[5] 
西 前頭 #11
8–7 
東 前頭 #6
4–11 
東 前頭 #13
6–5–4[6] 
東 十両 #2
7–8 
西 十両 #3
10–5 
1990年
(平成2年)
東 前頭 #12
8–7 
西 前頭 #9
6–9 
東 前頭 #12
9–6 
東 前頭 #6
5–10 
西 前頭 #12
5–10 
東 十両 #2
8–7 
1991年
(平成3年)
東 前頭 #14
5–10 
西 十両 #3
5–10 
東 十両 #9
引退
0–6–0
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 黒谷 昇(くろたに のぼる)1974年5月場所-1978年5月場所
  • 多賀竜 昇司(たがりゅう しょうじ)1978年7月場所-1991年5月場所(引退)

年寄変遷[編集]

  • 勝ノ浦 昇司(かつのうら しょうじ)1991年5月-1996年12月
  • 鏡山 昇司(かがみやま -)1996年12月-

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p28
  2. ^ もし決定戦が実現していれば、史上初の平幕同士の決定戦になっていた。なお、実際の平幕同士の決定戦は、2012年5月場所に於いて実現している。
  3. ^ 高見盛、意地の白星 幕下陥落決定的も8連敗で止めた Sponichi Annex 2013年1月26日 06:00
  4. ^ 雅山11敗、幕下陥落濃厚…鏡山審判部長「確定だよ」 2013年3月23日 06:00 Sponichi Annex
  5. ^ 右肘関節捻挫により12日目から途中休場
  6. ^ 左趾末節骨骨折・左母趾挫減創節創により11日目から途中休場