鯱ノ里一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鯱ノ里 一郎(しゃちのさと いちろう、本名:松崎 一雄(旧姓:加藤)、1914年8月11日 - 1981年5月21日)は、愛知県名古屋市中区出身の元大相撲力士若枩部屋所属。最高位は西前頭3枚目(1938年5月場所)。現役時代の体格は179cm、130kg。得意手は左四つ、上手投げ、寄り。元小結射水川の養子。元関脇房錦の岳父であり養父。

人物[編集]

四股名の鯱ノ里は名古屋城のシンボルである金鯱に因んだもの。改名する前の「太閤山」も出身地愛知ゆかりの豊臣秀吉にあやかったものだった。

美男力士として女性に人気が高かった。当時としては重量級で腰が重く、左四つからの投げを武器に横綱玉錦水入りの大相撲を見せるほどの実力があったが、のんびりした気性が災いしたか三役経験はなかった。アキレス腱を切って十両に陥落したものの再び幕内に返り咲き、実力の片鱗を見せた。出羽錦の著書ではある年の広島の駅前で行われた興行で飛付五人抜きが行われた際の逸話が記されておりそこには「入間川親方(木村宗次郎)が土俵下で観戦していた土地の暴力団幹部の上に落ち、支度部屋へ外から石の雨が降ってきた。最初のうちは我慢していたが、堪忍袋の緒を切らした鯱ノ里関が『小倉、太刀持ってこい』と歌舞伎役者並みの剣幕で命じた」という趣旨の内容が確認される。[1]

引退後は西岩部屋(のち若松部屋)を創設し高砂一門下にあって房錦、岩風の両関脇や前頭大鷲らの個性派力士を育て上げた[2]相撲協会でも検査役や理事を務めた。

1968年、相撲協会の機構改革で、理事・監事が選挙で選出されるようになったとき、監事候補として立候補したが落選した。このためか、それ以後30年ほど、各一門で票の調整がおこなわれ、選挙は無投票が続いた。

略歴[編集]

主な成績[編集]

  • 通算成績:200勝230敗2分5休 勝率.465
  • 幕内成績:84勝137敗2分5休 勝率.380
  • 現役在位:46場所
  • 幕内在位:18場所

場所別成績[編集]

鯱ノ里一郎
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1929年
(昭和4年)
(前相撲) (前相撲) 東序ノ口14枚目
3–3 
東序ノ口14枚目
2–4 
1930年
(昭和5年)
東序二段35枚目
3–3 
東序二段35枚目
4–2 
東序二段筆頭
2–4 
東序二段筆頭
3–3 
1931年
(昭和6年)
西序二段4枚目
4–2 
西序二段4枚目
3–3 
東三段目27枚目
2–4 
東三段目27枚目
2–4 
1932年
(昭和7年)
西三段目33枚目
3–5 
西三段目33枚目
3–7 
東序二段16枚目
5–1 
東序二段16枚目
5–1 
1933年
(昭和8年)
東三段目22枚目
3–3 
x 東三段目21枚目
4–2 
x
1934年
(昭和9年)
西三段目4枚目
5–2 
x 東幕下15枚目
8–3 
x
1935年
(昭和10年)
西十両12枚目
5–6 
x 西幕下筆頭
8–3 
x
1936年
(昭和11年)
東十両8枚目
8–3 
x 東十両筆頭
7–4 
x
1937年
(昭和12年)
西前頭13枚目
7–4 
x 西前頭6枚目
5–6–2[3] 
x
1938年
(昭和13年)
東前頭10枚目
7–5
1痛分
 
x 西前頭3枚目
4–9 
x
1939年
(昭和14年)
東前頭8枚目
7–6 
x 西前頭7枚目
4–11 
x
1940年
(昭和15年)
東前頭13枚目
8–7 
x 東前頭5枚目
3–12 
x
1941年
(昭和16年)
西前頭13枚目
5–10 
x 西前頭15枚目
4–7–3
1分[4]
 
x
1942年
(昭和17年)
東十両筆頭
8–7 
x 東前頭17枚目
3–12 
x
1943年
(昭和18年)
東十両5枚目
8–7 
x 西十両2枚目
8–7 
x
1944年
(昭和19年)
西前頭17枚目
7–8 
x 東前頭13枚目
4–6 
東前頭8枚目
2–8 
1945年
(昭和20年)
x x 西前頭16枚目
3–4 
東前頭16枚目
7–3 
1946年
(昭和21年)
x x x 東前頭7枚目
2–11 
1947年
(昭和22年)
x x 西前頭16枚目
引退
2–8–0
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

四股名変遷[編集]

  • 太閤山 ?(たいこうやま ?)1929年1月場所 - 1932年3月場所
  • 鯱ノ里 一郎(しゃちのさと いちろう)1932年5月場所 - 1944年1月場所
  • 鯱ノ里 政弘(- まさひろ)1944年5月場所 - 1945年11月場所 (※「政」の字は「正」の下に「又」)
  • 鯱ノ里 政弘(- まさひろ)1946年11月場所
  • 鯱ノ里 政弘(- まさひろ)1947年6月場所 (※「政」の字は「正」の下に「又」)

年寄変遷[編集]

  • 西岩 一雄 1947年6月 - 1956年5月
  • 若松 万雄 1956年5月 - 1979年8月

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 元出羽錦・田子ノ浦忠雄の名義『土俵の砂が知っている〜涙と笑い・二十五年の生活記録〜』一水社
  2. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p38
  3. ^ 腰痛により8日目から途中休場、11日目から再出場
  4. ^ 右膝関節亀裂骨傷により11日目から途中休場