射水川健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

射水川 健太郎(いみずがわ けんたろう、1894年5月10日 - 1956年2月3日)は、富山県高岡市出身で大正期の元大相撲力士。本名は松崎 健次(まつざき けんじ、旧姓:麻井)。所属は稲川部屋から高砂部屋。最高位は小結。元幕内鯱ノ里の養父。現役時代の体格は身長173cm、体重90kg。得意手は上突っ張り、右四つ[1]

略歴[編集]

小兵だが、動きの速さと回転の速い上突っ張りに加え、足取りの奇襲や引き技を見せた。1924年5月場所6日目には当時最強の呼び声高い横綱栃木山を突っ張りから足取りを繰り出したのち突き出しで破り金星を獲得、さらに千秋楽には「名人」と謳われた大関大ノ里を足取りで破り6勝5敗と勝ち越し、翌1925年1月場所で小結に昇進した[1]。ここでも5勝4敗1分1預と勝ち越したものの、場所後に東京大角力協会主催の花相撲を休みひいき筋主催の行事に出て相撲を取ったのが発覚、翌5月場所で東前頭筆頭に降格させられた。この場所を負け越すとさらに2場所連続全休して引退した。

引退後は年寄・若松を襲名、1929年1月に若松部屋を興し鯱ノ里らを育てたが1953年9月場所後に鯱ノ里(当時は年寄・西岩)に弟子を預けて部屋を閉じた[2]。その後西岩は射水川の死に伴って若松を襲名、部屋も「若松部屋」と改称した。

趣味はマージャン、血液型はO型。

主な成績[編集]

  • 幕内在位:13場所(うち小結1場所)
  • 幕内成績:53勝50敗1分1預31休 勝率.515
  • 金星:1個(栃木山)

年寄変遷[編集]

  • 若松 1926年5月 - 1956年2月

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p20
  2. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p38

関連項目[編集]