木村寿之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木村 寿之介
Kimura Hisanosuke
Sumo pictogram.svg
基礎情報
行司名 木村寿行
→ 木村寿之介
本名 波田 寿和
生年月日 (1967-06-27) 1967年6月27日(51歳)
出身 鹿児島県大島郡徳之島町
所属部屋 大島部屋友綱部屋
データ
現在の階級 幕内格行司
最高位 幕内格行司
初土俵 1983年5月場所
幕内格 2008年1月場所
備考
2015年11月18日現在

木村 寿之介(きむら ひさのすけ、本名:波田 寿和(はた としかず)[1]1967年6月27日[1] - )は、鹿児島県大島郡徳之島町出身で、友綱部屋所属(入門時は大島部屋)所属の現役大相撲行司血液型A型

人物[編集]

実兄に元小結・衆議院議員でタレントの旭道山[2]。息子の波田大和は帝拳よりプロボクサーとしてデビュー[3]

行司としての初土俵は、1983年五月場所[1]。身長173cm。

立行司27代木村庄之助の弟子である。

東京場所で用いる軍配は、同じ一門の横綱白鵬と共通の後援会関係者から贈られたもので、表面に鳳凰の蒔絵が描かれ、裏面には27代木村庄之助が揮毫した「精神一到(白鵬が横綱昇進時の口上で述べた四字熟語)」、軍配の漆塗は輪島塗の人間国宝と角界内外のトップの最高級を凝縮したものである。この軍配は500万円を超えるものとのこと(幕内格の軍配は通常50~100万円程度)[4]。なおこの軍配は完成直後兄弟子である立行司37代木村庄之助が1回だけ裁いたことがある。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 大相撲名鑑 相撲部屋別紹介 友綱部屋”. goo大相撲. 2012年6月16日閲覧。
  2. ^ 木村寿之介”. 2012年6月16日閲覧。
  3. ^ “旭道山の甥と元ミス美女ボクサーがテスト受験”. Boxing News. (2015年7月15日). http://boxingnews.jp/news/28216/ 2015年7月16日閲覧。 
  4. ^ 幕内格行司 500万円超の軍配で白鵬戦の夢 - 大相撲裏話 - 相撲・格闘技コラム : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年1月21日閲覧。

関連項目[編集]