尾野実信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾野 実信
Ono Minobu.jpg
生誕 1865年12月2日
福岡県
死没 (1946-04-19) 1946年4月19日(80歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1888年 - 1939年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―大将.svg 大将
テンプレートを表示

尾野 実信(おの みのぶ、1865年12月2日慶応元年10月15日) - 1946年(昭和21年)4月19日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。A級戦犯として絞首刑となった武藤章(陸軍中将・太平洋戦争開戦時の軍務局長・陸士25期)は娘婿。

経歴[編集]

福岡県(朝倉郡甘木)出身。黒田藩士尾野実治の長男として生れる。1888年(明治21年)7月、陸軍士官学校(旧10期)を卒業し、歩兵少尉に任官、歩兵第14連隊小隊長に就任した。1896年(明治29年)3月、陸軍大学校(10期)を首席で卒業した。日清戦争出征のため、陸大を一時中退し戦後に復校している。参謀本部員、ドイツ駐在、中部都督部参謀大本営参謀などを歴任。

日露戦争では、満州軍参謀兼大山巌元帥副官として出征し、さらに満州軍総兵站監部参謀となった。参謀本部員兼大山元帥副官、陸軍省軍務局歩兵課長、ドイツ大使館付武官歩兵第37連隊長、中清派遣隊司令官を経て、1912年(明治45年)3月、陸軍少将に進級し、歩兵第8旅団長、参謀本部第1部長、同総務部長を歴任。1916年(大正5年)8月、陸軍中将となり、第10師団長、第15師団長、教育総監部本部長、陸軍次官、兼航空部長を歴任。

1922年(大正11年)5月、陸軍大将となり、関東軍司令官軍事参議官を勤め、1939年(昭和14年)5月に予備役に編入。

のち、大日本相撲協会会長、内閣顧問を勤めた。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第822号「叙任及辞令」1915年5月1日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。