松ヶ根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松ヶ根(まつがね)は、日本相撲協会年寄名跡のひとつで、初代・松鐘が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。

松ヶ根の代々[編集]

  • 代目の太字は、部屋持ち親方
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 松鐘幸太夫 --- ---
2代 明保野安右エ門 --- ---
3代 行司・式守幸太夫 --- ---
4代 稲ノ川善吉 --- ---
5代 友鶴金五郎 --- ---
6代 大戸嵜岩枩 前3 待乳山-尾車-待乳山-尾車-陣幕部屋(大阪) 1914年1月-1926年1月(廃業)
7代 紅葉川規知朝 小結 友綱部屋 1926年1月-1959年5月(廃業)
8代 羽嶋山昌乃武 関脇 出羽海部屋 1959年5月-1987年4月(停年(定年)退職)
9代 若嶋津六夫 大関 二子山部屋 1987年7月-2014年11月 12代二所ノ関に名跡変更
10代 玉力道栄来 前8 片男波部屋 2014年12月-

関連項目[編集]