日本プロスポーツ協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
公益財団法人日本プロスポーツ協会
Japan Professional Sports Association
創立者 櫻内義雄
団体種類 公益財団法人
設立 1990年
所在地 東京都千代田区麹町一丁目3番地23
麹町1丁目3番地ビル9階
法人番号 6010005006399
起源 日本プロスポーツ会議
主要人物 会長 島村宜伸
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 プロスポーツ団体の統括
ウェブサイト www.jpsa.jp
テンプレートを表示

公益財団法人日本プロスポーツ協会(にっぽんプロスポーツきょうかい、Japan Professional Sports Association)は、日本国内のプロスポーツ団体が加盟するスポーツ組織である。

日本の最高峰ともいえるプロスポーツ表彰「内閣総理大臣杯日本プロスポーツ大賞式」を主催する団体である。他に文部科学大臣顕彰、NHK杯も当大賞式で優秀選手に授与を行っている。

また、プロスポーツ選手および、協会・団体の功労者に対する国家表彰の推薦業務を行っている。

歴史[編集]

1968年に、参議院議員も務めた八田一朗の呼びかけによって、設立されたプロスポーツ団体の連合体である日本プロスポーツ会議を前身とする。

1990年12月、文部省中央省庁再編により2001年1月6日以降は文部科学省)により財団法人として認可され、初代会長に当時衆議院議長だった櫻内義雄が就任。

各プロスポーツ団体を統括し、会長は統一コミッショナー的な存在といえよう。

歴代会長[編集]

  1. 櫻内義雄(1990年 - 2002年
  2. 柳川覚治
  3. 森喜朗(2002年7月 - 2009年
  4. 島村宜伸2010年6月 - 現在)

加盟団体[編集]

過去の加盟団体[編集]

以下は日本プロスポーツ会議時代、いずれも現在は団体自体消滅。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]