新日本キックボクシング協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新日本キックボクシング協会
Shin Nihon Kickboxing Association
略称 SNKA
設立年 1983年
種類 任意団体
目的 キックボクシングの試合主催
本部 日本の旗 日本
東京都渋谷区代官山町7-8
ウェブサイト 新日本キックボクシング協会

新日本キックボクシング協会(しんにほんキックボクシングきょうかい、Shin Nihon Kickboxing Association)は、日本キックボクシングの団体である。現在の代表は伊原信一。略称SNKA

歴史[編集]

1983年日本キックボクシング協会から伊原道場が独立して「新日本キックボクシング協会」として設立。

1984年日本キックボクシング連盟に統合されるが、1990年代後半に再び伊原が独立し、(キックボクシング創始者野口修が設立した藤本勲がチーフトレーナーで伊原の古巣でもある目黒ジム含む)マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟離脱したグループと合流。修より承認を得て「日本キックボクシング協会」を名乗り、1996年5月25日藤本の愛弟子小野寺力が初代フェザー級王座決定戦を制す。1998年には「新日本キックボクシング協会」に変更し現在に至る。

基本的に他団体との交流は行なっていない。

また、「打倒ムエタイ」を掲げ1999年より5年間タイで興行を行なっていた。

2003年、日本プロスポーツ協会に正式加盟。

2004年より「TITANS」と女子のみの「ANGEL'S」も開始。

体重別階級[編集]

ルール[編集]

  • リングは5.5m〜7m四方でロープは4本。
  • 基本3分3ラウンドまたは5ラウンド。
    • ただし、デビュー戦から3勝までは2ラウンドとなる。
    • 王座決定戦に限りラウンド・マスト・システムの延長戦を採用。
  • パンチ、キック、バックハンドブロー、肘打ち、膝蹴りが有効。
  • 3ノックダウン制。
  • ノックダウンした選手は最終ラウンドを除きゴングに救われない。

上記はあくまで団体が定める基本ルールであり、興行内では他にムエタイルール、ヨーロッパルール(肘打ち・顔面膝禁止)なども行なわれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]