小野寺力 (キックボクサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小野寺 力
基本情報
通称 キックの赤い薔薇
NO,KICK-NO,LIFE
階級 フェザー級
身長 170cm
体重 72kg
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1974-07-07) 1974年7月7日(46歳)
出身地 東京都
スタイル キックボクシング
プロキックボクシング戦績
総試合数 37
勝ち 25
KO勝ち 14
敗け 8
引き分け 4
テンプレートを表示

小野寺 力(おのでら りき、1974年7月7日 - )は、日本キックボクサー東京都大田区出身。目黒ジム所属。現在はRIKIX会長。元新日本キックボクシング協会フェザー級王者。

経歴[編集]

15歳で目黒ジム入会し東京都立八潮高等学校卒業数ヶ月前の1992年11月13日MA日本キックボクシング連盟興行にて山田浩を判定で下しデビュー。

成人式直後の1995年1月29日佐藤堅一(後のMA日本ライト級王者)と引き分け。6月2日山崎通明(元MA日本日本キックボクシング連盟フェザー級王者)と引き分け。12月9日佐藤孝也(元全日本キックボクシング連盟フェザー級王者)にKO勝ち。

1996年3月24日前田憲作(元全日本キックボクシング連盟フェザー級王者)にKO勝ち。

1996年5月25日大柴ひろしにKO勝ちし、新日本キックボクシング協会フェザー王者となる。K-1 JAPANフェザー級GP'97に新日本キック代表伊原信一から出場を期待されたが拒否した。

99年、ナルナート・ジョッキージムにKO勝ち。

2000年3月、ペットボーライにKO負け、5月に対戦が決定していたムアンファーレッグ戦が中止に。

7月、鈴木に判定勝ち。9月、江森にKO勝ち。10月、テーチャカリンにKO勝ち。

2002年9月、ラタナサックに判定勝ち。

2005年10月29日アヌワット・ゲーオサムリットラジャダムナン・スタジアムルンピニーフェザー級王者)にKO負け。引退

以後はRIKIX会長として後進の指導に当たる。設立10周年に当たる2014年には自主興行「NO KICK, NO LIFE」を大田区総合体育館で開催。

2016年、ブシロードの新会社・キックスロードとの提携を発表[1]。12月より新イベント「KNOCK OUT」を開催[1][2]

2019年4月29日を最後にKNOCK OUTのプロデューサーを退任した[3]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代新日本キックボクシング協会フェザー級王者

1996年5月25日 - 返上

空位
次タイトル獲得者
小出智