野口ボクシングジム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野口ボクシングジム(のぐちボクシングジム)は、東京都足立区北千住駅)に所在するプロボクシングジムである。

概要[編集]

1950年、元日本王者のライオン野口により創立された。現会長は、創始者の孫の野口まさるで3代目。現在まで世界王者は出していないが、協栄ジム初代会長の金平正紀三迫ジム初代会長の三迫仁志ら後の全日本ボクシング協会会長たる実力者が現役選手時代に所属していた。

創始者の長男である野口修明治大学卒業直後から日本ボクシングコミッションレフェリー見習いや帝拳プロモーションでの修行経て、自身が創始者とするキックボクシングを開拓。キックでは「目黒ジム」としてスーパースター沢村忠も所属していた。

また小学生中学生を対象としたベビーボクシング1957年から開催し小学生時代の西城正三も受講、1964年以降長らく中断していたが現在は再び毎週土曜日午後に開催されている。

歴史[編集]

1950年、ライオン野口目黒区下目黒目黒雅叙園前)に設立。

1961年、ライオン野口が死去し、妻が後を引き継ぐ。

1972年、ライオン野口の次男・野口恭が2代目ジム会長に就任。

1995年、足立区北千住に移転。

2000年、野口恭の長男・野口まさるが3代目会長に就任。

選手[編集]

主な現役選手[編集]

引退した主な選手[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]