日本キックボクシング協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本キックボクシング協会(にほんキックボクシングきょうかい)は、かつて存在したキックボクシング団体。

歴史[編集]

ボクシングプロモーターだった野口修が「キックボクシング」の名称を考案し、安藤嘉章が代表となり1966年1月30日に日本キックボクシング協会が設立された。4月11日、大阪府立体育館で初の興行を開催。剛柔流空手で活躍していた沢村忠をエースに据え、TBSテレビ(YKKアワー キックボクシング中継)の定期放送も行われキックボクシングブームを巻き起こした。

だが、沢村引退後は人気が急落。団体の分裂が相次いだ。

1984年日本キックボクシング連盟に吸収された。

関連項目[編集]