KICKBOXING ZONE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

KICKBOXING ZONE(キックボクシング・ゾーン)は、日本キックボクシング団体。略称はZONE(ゾーン)。

概要[編集]

全日本キックボクシング連盟のかつてのエースであり、ゼネラルマネージャーも務めた小林聡が、全日本キック最終興行から5年が経過した2014年6月21日、同年11月9日に後楽園ホールで旗揚げすることを発表した。「ZONE」には「全日本キックのZが一番(ONE)という意味」という意味が込められ、「全日本キックの続きをやりたい」と全日本キックの流れを受け継ぐイベントにする意向を示した[1]。設立当初の運営は全日本キックが開始したKrushを主催するグッドルーザーであった。

以降6回の大会開催を経て、現在の主催はZONE International他。 伝統的なキックボクシングを堅持する一方、ラウェイ等の世界の様々な格闘技の試合を興行に組み入れる等、柔軟な思考で先鋭的な試みを多く取り入れている[2]

肘打ち、膝蹴り、首相撲を有効とした純キックボクシングルールを採用。 2016年5月1日開催の「ZONE4」にて、全日本タイトルのベルトを復活させた[3]

世界の格闘技との交流[編集]

ミャンマーラウェイの統括団体である「Myanmar Traditional Boxing Federation」(MTBF)日本全権代表高森拓也Thut Ti Lethwei Clubと全面協力体制にあり、ZONE4、ZONE5で計3試合のMTBF公認マッチを行っている。

2016年5月より韓国のキックボクシング団体「MAX FC」とも提携を開始した。

開催一覧[編集]

大会名 開催地 開催日
ZONE 6 東京タワーメディアセンター 2017年5月21日
ZONE Extra.1 大井競馬場L-Wing 2016年11月5日
ZONE5 沖縄カデナアリーナ 2016年9月11日
ZONE4 横浜文化体育館 2016年5月1日
ZONE3 沖縄カデナアリーナ 2015年9月13日
ZONE×REAL 第二章 第1部 ZONE2 横浜文化体育館 2015年5月2日
ZONE1 後楽園ホール 2014年11月9日

体重別階級[編集]

階級名称 体重
(キログラム/kg)
体重
(ポンド/lbs)
ヘビー級 72.575kg以上 160lbs以上
ミドル級 72.575kg 160lbs
スーパーウェルター級 69.853kg 154lbs
ウェルター級 66.678kg 147lbs
ライト級 61.235kg 135lbs
スーパーフェザー級 58.967kg 130lbs
フェザー級 57.153kg 126lbs
バンタム級 53.524kg 118lbs

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]