鳴戸 (給油艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳴戸
横須賀を出港する「鳴戸」(1932年5月29日)[1]
横須賀を出港する「鳴戸」(1932年5月29日)[1]
基本情報
建造所 横須賀海軍工廠[2]
運用者  大日本帝国海軍
艦種 運送艦[3](給油艦[4])
級名 隠戸型[5]
建造費 予算 3,628,265円(1923年11月時)[6]
母港 1924年時 横須賀[4]
最終時 舞鶴[7]
艦歴
計画 大正10年[2](大正12年度艦艇補充計画[注釈 1])
発注 1922年1月21日製造訓令[8]
起工 1922年4月11日[9][10]
進水 1923年1月30日[9][11]
竣工 1924年10月30日[9][12]
最期 1944年3月15日放棄
除籍 1944年4月30日[7]
要目(主に1925年)
軽荷排水量 5,406.9トン[4]
基準排水量 公表値 14,050トン[9]
常備排水量 公表値 15,400トン[9][注釈 2]
満載排水量 15,440トン[4][注釈 3]
総トン数 7,630総トン[4]
全長 470 ft 9 in (143.48 m)[4]
垂線間長 455 ft 0 in (138.68 m)[4]
最大幅 58 ft 2+3/4 in (17.75 m)[4]
吃水 公表値 8.08m[9]
軽荷平均 10 ft 4+9/16 in (3.16 m)[13]
満載平均 26 ft 6 in (8.08 m)[14]
ボイラー 宮原式水管缶 6基[4] または4基[注釈 4]
主機 3段膨張式蒸気機関[4] 1基[9]
推進 1軸[4]
出力 計画 5,850馬力[15]
4,543馬力[4][注釈 2]
速力 12.9ノット[4][注釈 2]
公表値 12ノット[9]
経済速力 8ノット[4]
燃料 石炭満載1,767.3トン +庫外420トン[4][注釈 2]
航続距離 5,350カイリ / 8ノット[4]
乗員 竣工時定員 157名[16]
1928年公表値 160名[9]
搭載能力 重油 8,096.386トン +サマータンク2,082.350トン[4]
缶水 439.8トン、雑用清水635.3トン、飲水146.3トン[4]
獣肉、魚肉、野菜、氷の各冷蔵庫[4]
兵装 50口径三年式14cm砲 単装2門[4]
40口径三年式8cm単装高角砲 2門[4]
(竣工時に砲は装備していない[17])
搭載艇 内火艇1隻、カッター2隻、通船1隻[4]
その他 2トン・デリック4本[4]
便乗者寝台 2床[4]
トンは全て英トン
計画、公表値は隠戸型給油艦の要目も参照
テンプレートを表示

鳴戸(なると)は、大日本帝国海軍特務艦で、隠戸型給油艦の3番艦。艦名は「鳴門海峡」にちなんで名づけられた[18]。「鳴戸」は「鳴門」の古表記である[18]

艦歴[編集]

大正12年度艦艇補充計画により、横須賀海軍工廠1924年(大正13年)10月30日に竣工し、横須賀鎮守府籍となる[19]。しかし、就役後間もない1926年(大正15年)2月1日には早くも第四予備特務艦となり、横須賀軍港で浮きタンクとして活用される[20]1927年(昭和2年)5月1日付で再就役し、武装装備等の工事終了後6月30日に青島に到着して、国民党の北伐山東出兵南京事件などで混乱する中華民国に対する警戒にあたっていた遣外艦隊への支援を行った[20]。この支援活動では本来の給油艦としての活動のほか、給糧艦としての活動や漢口への海軍陸戦隊の輸送なども行った[21]。平時においては石油輸入に従事した。

1940年(昭和15年)11月15日付で連合艦隊付属となる[22]1941年(昭和16年)11月18日にを出港し、ジャルート環礁に進出する[23]。ジャルートとクェゼリン環礁で補給活動を行った後、12月28日に柱島泊地に帰投した[23]1942年(昭和17年)1月から3月にかけてはフィリピンボルネオ島方面で行動し[23]、5月27日には柱島を出撃してミッドウェー海戦に参加する[23]。6月20日に柱島に帰投後呉海軍工廠で修理を行い、修理後は9月1日にショートランドに到着してソロモン諸島海域で行動する[23]。ショートランド在泊中には連日のように爆撃を受け、11月12日には爆撃により損傷する[24]。呉での修理の後は再び南方に進出し、1943年(昭和18年)1月17日にラバウルに到着後は補給任務に専念、いつしか重油タンク代用として活用されるようになった[25]南東方面艦隊草鹿任一中将・海軍兵学校37期)指揮下の駆逐艦潜水艦に対する燃料供給源となったが[25]1944年(昭和19年)1月14日の空襲により大破擱座すると重油タンクとしての活用も困難となり、駆逐艦や潜水艦はラバウルを捨ててトラック諸島を補給基地として活動する事となった[25]。大破擱座後、固定係留の上対空戦闘の従事したが[22]、3月15日にいたって総員退却の上放棄される事となった[22]。4月30日に除籍[22]

特務艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

艤装員長
  • 平山栄 中佐:1924年7月1日[26] - 1924年8月27日[27]
特務艦長
  • (心得)平山栄 中佐:1924年8月27日[27] -
  • 平山栄 大佐:不詳 - 1925年4月1日[28]
  • 新山良幸 大佐:1925年4月1日 - 12月1日
  • 林李樹 大佐:1925年12月1日[29] - 1926年2月20日[30]
  • 倉賀野明 大佐:1927年5月1日 - 12月1日
  • 下村敬三郎 大佐:1927年12月1日[31] - 1928年5月21日[32]
  • 増島忠雄 大佐:1928年5月21日[32] - 1929年11月30日[33]
  • 坂本正 中佐:1929年11月30日[33] - 1930年12月1日[34]
  • 山内大蔵 大佐:1930年12月1日[34] - 1931年12月1日[35]
  • 伍賀啓次郎 中佐:1931年12月1日 - 1932年11月1日
  • 大島乾四郎 中佐:1932年11月1日 - 1933年4月1日
  • 井沢徹 中佐:1933年4月1日[36] - 1933年11月15日[37]
  • 水野準一 大佐:1933年11月15日 - 1934年11月15日
  • 梶岡定道 大佐:1934年11月15日 - 1935年11月15日
  • 石川茂 大佐:1935年11月15日 - 1936年11月2日
  • 堀勇五郎 中佐:1936年11月2日 - 1937年11月25日[38]
  • 鈴木長蔵 大佐:1937年11月25日 - 1938年7月20日
  • 清田孝彦 大佐:1938年7月20日 - 1938年12月15日
  • (兼)古宇田武郎 大佐:1938年12月15日 - 1938年12月20日
  • 関郁乎 中佐:1939年10月20日 - 1940年11月28日
  • 佐々木静吾 大佐:1940年11月28日[39] - 1941年7月28日[40]
  • 西岡茂泰 大佐:1941年7月28日 - 1943年5月7日
  • 瀬戸山安秀 大佐:1943年5月7日 - 1943年10月13日戦死
  • 岡野慶三郎 大佐:1943年11月1日[要出典] -

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ #戦史叢書31海軍軍戦備1pp.320-323
  2. ^ a b c d #戦史叢書31海軍軍戦備1付表第四その二「昭和十三年三月調艦艇要目等一覧表 その二 潜水艦、水雷艇、特務艦、特務艇、新造艦船」では排水量13,800、馬力5,500、速力15ノット、炭油庫容積(定量) 44(改行)1,372となっている。
  3. ^ 数値が常備排水量とほとんど変わらず、転記ミスの可能性もある。
  4. ^ #戦史叢書31海軍軍戦備1付表第二その三「大正十二年三月調艦艇要目等一覧表 その三 潜水艦、水雷艇、特務艦」、同書付表第三その三「昭和六年三月調艦艇要目等一覧表 その三 潜水艦、特務艦、掃海艇」による。同書昭和13年調べの要目等一覧表では6基となっている。

出典[編集]

  1. ^ #写真日本の軍艦第13巻p.19下写真と解説
  2. ^ a b #海軍制度沿革8(1971)p.364『大正十一年二月四日(達一八) 大正十年度軍備補充費ヲ以テ建造ニ著手スヘキ特務艦二隻二隻ニ左ノ通命名ス 横須賀工廠ニ於テ建造 特務艦 鳴戸 ( ナルト ) 呉工廠ニ於テ建造 特務艦 早鞆 ( ハヤトモ )
  3. ^ #海軍制度沿革8(1971)p.104『大正十一年八月二十四日(達一五五) 特務艦類別等級別表中運送艦ノ欄「神威」ノ次ニ「、鳴戸」「、早鞆」ヲ加フ』
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x #T14公文備考巻42/特務艦要目pp.5-18
  5. ^ #海軍制度沿革8(1971)p.105、大正15年11月29日(内令239)、特務艦類別等級別表ノ通定ム(別表省略)。
  6. ^ #T13公文備考21/特務艦鳴戸製造一件画像2-4、大正12年11月19日附官房機密1553号の別紙予算書の改定額
  7. ^ a b #S19.1-7内令/昭和19年4月(2)画像30-33『内令第六百二號 (中略) 舞鶴鎮守府在籍 特務艦 鳴戸 右帝國特務艦籍ヨリ除カル 昭和十九年四月三十日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  8. ^ #T13公文備考21/特務艦早鞆製造一件画像2-3『官房機密第八八號 大正十一年一月二十一日 大臣 横須賀鎮守府長官宛(呉鎮守府長官宛) 給油船一隻建造ノ件 其府工廠ヲシテ別紙図面、要領書及予算書ニ依リ給油船一隻建造セシムヘシ 右訓令ス (別紙図面一葉要領書一通予算書一葉添) (了)』
  9. ^ a b c d e f g h i #海軍制度沿革11-2(1972)pp.1057-1087、昭和3年2月14日附内令第43号、艦船要目公表範囲。うちpp.1084-1085。
  10. ^ #横須賀海軍工廠史3p.307
  11. ^ #横須賀海軍工廠史3p.373
  12. ^ #横須賀海軍工廠史3p.432
  13. ^ #T14公文備考巻42/特務艦要目画像6、前部6'-7"3/8、後部14'-1"3/4
  14. ^ #T14公文備考巻42/特務艦要目画像6、前部26'-6"、後部26'-6"
  15. ^ ##横須賀海軍工廠史3p.373
  16. ^ #海軍制度沿革巻10-1(1972)pp.658-659『大正十一年三月十四日(内令七七) 海軍定員令中左ノ通改正セラル 運送艦定員表其四ヲ附表ノ通改ム(附表略)』士官11人、特務士官2人、准士官3人、下士官26人、兵115人。同書p.665大正11年12月4日(内令441)運送艦定員表其四に「、早鞆」を追加、大正12年1月30日(内令18)「、鳴戸」を追加。同書p.666、大正12年3月12日(内令621)「、隠戸」を追加。
  17. ^ 作成:阿部安雄「日本海軍補助艦艇要目表」#日本補助艦艇物語pp.388-391、補助艦艇要目表 VIII特務艦
  18. ^ a b 片桐, 594ページ
  19. ^ 『特務艦要目表』pp.5
  20. ^ a b 『特務艦鳴戸任務報告』C04015651900, pp.9
  21. ^ 『特務艦鳴戸任務報告』C04015651900, pp.10
  22. ^ a b c d 『日本の軍艦13』44ページ
  23. ^ a b c d e 『運送艦鳴戸行動図』pp.11,12,13,14
  24. ^ 『戦史叢書83』340ページ
  25. ^ a b c 『戦史叢書96』494ページ
  26. ^ 『官報』第3557号、大正13年7月2日。
  27. ^ a b 『官報』第3607号、大正13年8月30日。
  28. ^ 『官報』第3781号、大正14年4月2日。
  29. ^ 『官報』第3982号、大正14年12月2日。
  30. ^ 『官報』第4046号、大正15年2月22日。
  31. ^ 『官報』第279号、昭和2年12月2日。
  32. ^ a b 『官報』第418号、昭和3年5月22日。
  33. ^ a b 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  34. ^ a b 『官報』第1179号、昭和5年12月2日。
  35. ^ 『官報』第1478号、昭和6年12月2日。
  36. ^ 『官報』第1875号、昭和8年4月4日。
  37. ^ 『官報』第2064号、昭和8年11月16日。
  38. ^ 海軍辞令公報 号外 第97号 昭和12年11月25日付』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072600 
  39. ^ 海軍辞令公報(部内限)第561号 昭和15年11月29日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079700 
  40. ^ 海軍辞令公報(部内限)第680号 昭和16年7月28日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081600 

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 特務艦鳴戸『昭和二年第一遣外艦隊 特務艦鳴戸任務報告』(昭和2年第1遣外艦隊特務艦 鳴戸 任務報告(1)(2)(3))レファレンスコード:C04015651900、C04015652000、C04015652100
    • 『大正13年 公文備考 巻21 艦船/特務艦早鞆製造一件』。Ref.C08051091800。
    • 『大正13年 公文備考 巻21 艦船/特務艦鳴戸製造一件』。Ref.C08051091900。
    • 特務艦鳴戸『昭和一六、一一、一八〜一八、四、五 運送艦鳴戸行動図』(運送艦鳴戸行動図 昭和16年11月〜18年4月)レファレンスコード:C08050113600、C08050113700
    • 軍務局第二課 『大正14年 公文備考 巻42 艦船止/特務艦要目』。Ref.C08051419000。(特務艦要目表)
    • 『自昭和19年1月 至昭和19年7月 内令/昭和19年4月(2)』。Ref.C12070195100。
  • 『海軍制度沿革 巻八』明治百年史叢書 第180巻、海軍省/編、原書房、1971年10月(原著1941年)。
  • 『海軍制度沿革 巻十の1』明治百年史叢書 第182巻、海軍省/編、原書房、1972年4月(原著1940年)。
  • 『海軍制度沿革 巻十一の2』明治百年史叢書 第185巻、海軍省/編、原書房、1972年5月(原著1941年)。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝 全八六〇余隻の栄光と悲劇』光人社、1993年、ISBN 4-7698-0386-9
  • 世界の艦船 増刊第47集 日本海軍特務艦船史』海人社、1997年3月号増刊
  • 福井静夫『日本補助艦艇物語』光人社、1993年、ISBN 4-7698-0658-2
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』戦史叢書第31巻、朝雲新聞社1969年
  • 防衛研究所戦史室編『戦史叢書83 南東方面海軍作戦(2) ガ島撤収まで朝雲新聞社、1975年
  • 防衛研究所戦史室編『戦史叢書96 南東方面海軍作戦(3) ガ島撤収後』朝雲新聞社、1976年
  • 写真 日本の軍艦 第13巻 小艦艇I』 雑誌「」編集部/編、光人社、1990年8月ISBN 4-7698-0463-6
  • 『横須賀海軍工廠史(3)』明治百年史叢書 第331巻、横須賀海軍工廠/編、原書房、1983年8月(原著1935年)。ISBN 4-562-01380-X

同型艦[編集]

関連項目[編集]