古今亭志ん生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

古今亭 志ん生(ここんてい しんしょう)は、落語家名跡。5代目の死後は空き名跡となっている。

特に5代目は高名で、戦後以降の現代落語において「最高峰の名人」と位置付けられるほど、非常に評価が高い。また、名跡継承の最有力候補と見られていた5代目志ん生の実子・3代目古今亭志ん朝が襲名せずに亡くなったためか、現在では継承者が現れていない。