桂米團治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桂 米團治(かつら よねだんじ)は、上方落語名跡米団治とも表記される。

現在は米朝一門米朝事務所)の事実上の止め名。なお、4代目の弟子である3代目桂米朝は5代目を継がず、50年以上途絶えていたのを4代目の孫弟子に当たる3代目桂小米朝(3代目桂米朝の弟子、実子)が継いだ。


初代[編集]

初代 桂米團治1847年4月15日 - 1928年9月18日)は、後の7代目桂文治。本名: 平野 次郎兵衛享年81。

初代桂文團治の門下で初代桂米團治、1885年秋に桂順枝、1886年に初代桂亭米喬を経て、1887年、2代目文團治襲名。1908年11月、7代目文治襲名。

2代目[編集]

2代目 桂米團治1856年 - 1924年4月9日)は、後の3代目桂文團治。本名: 前田 七三郎。享年68。

23歳の時、立川三玉齋の門下に入門し、三吉を名乗る。三玉齋の死後、1879年頃に2代目桂文枝(後の桂文左衛門) の門下に移り文朝。更に3代目林家菊枝(後の4代目林家正三?)の門下で菊松。その後、初代文團治の門下に移り初代米朝、1885年に順朝、1886年に再度米朝となるが、1887年に2代目文團治(後7代目文治)門下に移り、2代目米團治を経て、1908年11月に3代目文團治を襲名。

3代目[編集]

3代目 桂米團治1869年 - 1943年10月29日)は、本名: 早田 福松。享年75。

2代目米團治の門下で、初代米歌子(べかこ)、初代米之助、2代目米朝を経て、1910年3月、3代目米團治を襲名。

4代目[編集]

4代目 桂米團治1896年9月3日 - 1951年10月23日)は、本名: 中濱 賢三。享年56。

3代目米團治の門下。2代目米之助を経て、4代目米團治を襲名。「代書」(または「代書屋」)を創作。弟子に「四天王」の一人、3代目米朝らがいる。

5代目[編集]

5代目 桂米團治1958年12月20日 -)は、本名: 中川 明2008年10月4日に3代目桂小米朝が襲名。57年ぶりに復活、米朝一門では初めての名前に○○團治の付く噺家の誕生。

出典[編集]

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年)

関連項目[編集]