春風亭小柳枝 (7代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
7代目 春風亭しゅんぷうてい 小柳枝こりゅうし
本名 染谷 晴三郎
生年月日 1921年1月2日
没年月日 (1962-09-27) 1962年9月27日(41歳没)
出身地 日本の旗 日本千葉県野田市
師匠 7代目林家正蔵
6代目春風亭柳橋
名跡 1. 林家正平(1937年 - 1939年)
2. 春風亭青枝(1939年 - 1944年)
3. 林家正太郎(1944年 - 1949年)
4. 7代目春風亭小柳枝(1949年 - 1962年)
出囃子 喜撰
活動期間 1937年 - 1962年
所属 日本芸術協会

7代目春風亭 小柳枝(しゅんぷうてい こりゅうし、1921年1月2日 - 1962年9月27日)は、落語家。本名は染谷 晴三郎。出囃子は『喜撰』。生前は日本芸術協会(現:落語芸術協会)、一時TBSの専属だった時期もある。俗に『染谷の小柳枝』。

出身は千葉県野田市1937年7代目林家正蔵門下で正平となる。1939年6代目春風亭柳橋門下で青枝、1944年に再度正蔵門下で正太郎と名乗る。正蔵の死後は再度6代目柳橋門下で小柳枝襲名し、真打昇進。

軽く飄々とした芸風で「甲府い」「野ざらし」などを得意とした。大食漢であったが、それがもとで晩年は糖尿病結核に悩まされたため、若くして没した。「医者から結核なので栄養をつけなきゃいけないってんですがね。そしたら糖尿がひどくなっちまうンで、あたしゃどうしたらいいんだ。」とこぼしていた。

性格は大変粗忽で物忘れ勘違いが多かったという。

弟子には2代目春風亭華柳がいたが死後大師匠6代目春風亭柳橋門下へ移籍。

参考文献[編集]

CD[編集]

  • ビクター落語 七代目 春風亭小柳枝
  • 落語 昭和の名人完結編 26 三升家小勝/三遊亭小圓朝/春風亭小柳枝(小学館、2012年2月)*「馬の田楽」を収録。