三遊亭小遊三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三遊亭 小遊三(さんゆうてい こゆうざ)は、落語名跡


三遊亭 小遊三さんゆうてい こゆうざ
本名 天野 幸夫(あまの ゆきお)
生年月日 (1947-03-02) 1947年3月2日(69歳)
出身地 日本の旗 日本山梨県大月市
師匠 3代目三遊亭遊三
弟子 三遊亭圓丸
三遊亭遊之介
三遊亭春馬
三遊亭遊雀
三遊亭遊史郎
三遊亭遊馬
三遊亭遊喜
三遊亭遊里
ナイツ(漫才師)
名跡 1. 三遊亭遊吉(1968年 - 1973年)
2. 三遊亭小遊三(1973年 - )
出囃子 ボタンとリボン
活動期間 1968年 -
所属 日本芸術協会→落語芸術協会
大有企画(マネジメント)
公式サイト 所属事務所によるプロフィール
受賞歴
文化庁芸術祭優秀賞(1980年)
文化庁芸術祭優秀賞(2001年)
備考
落語芸術協会副会長付(1999年 - 2004年)
落語芸術協会副会長(2005年2月 - )
らくご卓球クラブコーチ
にゅうおいらんずトランペット担当
サントリーオープンゴルフトーナメントアマプロチャリティトーナメント毎年参加

三遊亭 小遊三(さんゆうてい こゆうざ、1947年昭和22年〉3月2日 - )は、日本落語家公益社団法人落語芸術協会所属、同協会副会長。本名、天野 幸夫(あまの ゆきお)。

神奈川県横浜市生まれ、山梨県大月市出身。山梨県立都留高等学校明治大学経営学部卒業。東京都練馬区在住。出囃子は『ボタンとリボン』(または『春はうれしや』)。定紋は『高崎扇』。長屋ものなどの古典落語専門で、主に軽い噺を得意とする。

人物[編集]

学生時代[編集]

高校時代、卓球部でキャプテンを務めていたことから、1964年東京オリンピックでは聖火ランナーに抜擢される。これは、本来なら他の部のキャプテンがランナーを務めるはずが、不祥事を起こしたため代わりに選ばれたものである。地元の山梨県大月市で1.2km区間を走った。なお、後に1998年長野オリンピックでも聖火ランナーを務め、この時は東京都内を走っている。

卓球選手としては、高校・大学と卓球部に所属し、1966年に山梨県卓球選手権で優勝[1]国体出場には惜しくも届かず、「(卓球は)ここまでだな」と限界を感じたことから、1968年落語へと転身した[2]。落語家になった後もらくご卓球クラブのヘッドコーチを務め、世界ベテラン卓球選手権大会に数回出場している。

落語家として[編集]

明治大学在学中に6代目三遊亭圓生の弟子入りを志願し、圓生の自宅に通い落語を習っていたが、ある日圓生から「前座はぬう生(現:三遊亭圓丈)と旭生(現:三遊亭圓龍)がいるから、3人も面倒見れない。」と、ぬう生を通じて断られる。落胆する天野(小遊三の本名)を不憫に思ったぬう生は彼宛に「落語協会はうちの師匠が会長だから、落語芸術協会(当時は日本芸術協会)へ行きなさい。」とハガキを郵送し、こうして落語家・三遊亭小遊三が誕生する(なぜ三遊亭遊三に入門したかまでは明らかにされていない)[3]

前座時代には、同年齢でもある林家九蔵(現:三遊亭好楽)の実家に居候していた時期がある。小遊三は、当時を「(好楽は)兄弟が多いから、ひとりぐらい増えても問題なかった」と回想している(ちなみに好楽は8人兄弟の6番目である)。

鈴本演芸場落語芸術協会に小遊三の真打昇進を何度か打診したものの、同協会が認めなかったため、鈴本演芸場は1982年3月中席夜の部で二ツ目の小遊三をトリに起用した。2年後、鈴本演芸場は落語芸術協会と絶縁することになる。

1980年代中盤以降は『笑点』回答者としてのイメージが強いが、漫才ブームの頃に売り出した数少ない落語家の一人であり、『笑点』出演以前も『らくごin六本木』や『オレたちひょうきん族』などのバラエティ番組で存在感を示していた。『笑点』はその実績が買われて起用されたものである。若い頃は物真似芸をよく披露しており、『笑点』の演芸コーナーでは、野球選手のフォームの真似をする「野球形態模写」を桂米助(ヨネスケ)と共に披露したこともあった。高田文夫は、一緒に韓国プロ野球を観戦に行った際、小遊三が即興でやった韓国人選手の形態模写が現地で大ウケだったのを見て「小遊三の芸は本物だ」と思ったという。『笑点』では、たびたび巨人に応援コメントを寄せる。

落語家としての持ちネタは多く、同じ演目を連続で何度も繰り返すことは少ない。落語には独自のアレンジを加えることもあり、時代背景を考慮する必要のない(変えたとしても差し支えない)古典落語には時事ネタやカタカナを比較的多く挿入し、時代背景を考慮する落語については時代空間を壊さない程度にオチや使う歌などを変更している。人情噺を語ることはない。

2005年12月、山梨県より「富士の国やまなし観光大使」を委嘱された。

2016年4月、心房細動不整脈によりカテーテルの手術を受ける[4]

大喜利メンバーとして[編集]

『笑点』加入当時、古今亭朝次(現:7代目桂才賀)が自分と同じ色男キャラで売っていたため、小遊三と才賀が隣同士となった1986年1月5日から才賀が卒業した1988年3月27日まで、才賀と罵倒合戦を演じていた。

加入の話を持ちかけられた際、ドッキリではないかと疑い、本人の心境は「ウィーン少年合唱団の中に音痴がひとり、ポンと放り込まれたようなもん」であった[5]。それでも大喜利メンバーは同じ噺家だからという甘えがあったと本人は後年振り返っているが、それでもプロデューサーだけは怖く、収録後にダメ出しを喰らったり、酒を飲みに行けば番組作りに対する思いをとうとうと一晩中聞かされたりした。そんな中助け舟を出してくれたのは番組の先輩である林家こん平であった。新米の頃は5代目三遊亭圓楽の近くであることから緊迫感を覚えていたが、歳を取るごとに丸くなる円楽を見て「世の中にはこれほどおもしろい人がいるのか」と印象が改められた。[6]

2008年からは林家たい平と互いの地元をネタにした罵倒合戦(大月秩父代理戦争)を繰り広げている。[7]2010年6月6日大月市で、さらに、同年10月24日には、「第2弾」として秩父市で、大月市長・石井由己雄と秩父市長・久喜邦康(いずれも当時)も交えたトークバトルが行われた[8]林家たい平参照)。しかし、たい平加入以前は地元ネタを披露していなかった。これは、たい平の師匠である林家こん平が「チャーザー村ネタ」を既にやっていて「二番煎じに見られる」と思ったためである[9]

メンバーの中で最も下ネタ(特に下半身や週刊誌の袋とじ)を発することが多く、他のメンバーから「変態」扱いされることも多い。5代目司会者の歌丸からも「少しケツから離れろよ!」と指摘された。他には、自分をペ・ヨンジュン福山雅治ジョニー・デップなど様々な有名人に例えるナルシストネタ、泥棒、刑務所、手錠などの犯罪者ネタ、自動販売機の釣銭ネタ、銀杏拾いネタ、駅前の自転車盗難ネタも定番となっている。[7]

芸歴[編集]

主な出演作[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

※コーナー司会の毒蝮三太夫が腸閉塞で入院したため、代役として中継を担当(その後毒蝮は復帰し、出演も終了)。それ以降は、毒蝮の休暇時に中継を担当している。

映画[編集]

アニメ[編集]

連載[編集]

  • 全日本ダジャレ芸術協会(1991年 - 1995年週刊アサヒ芸能、通称「ダジャ協」) - 宗匠 ※ダジャレを読者から募集し、宗匠である小遊三が選考・採点。4年間で延べ60万作品が投稿されたとされる。

CD・DVD[編集]

CD[編集]

(14)「姫かたり」(立川ぜん馬)/「茄子娘」(三遊亭小遊三)
(16)「持参金」(三遊亭小遊三)/「風呂敷」(立川談幸
(15)三遊亭小遊三 1「大工調べ」「粗忽の釘
たいこ腹」「千早振る」「提灯屋

DVD[編集]

  • 激笑! 炎の落語(コロムビア、2005年発売)
(2)三遊亭楽太郎「お血脈」/三遊亭小遊三「幇間腹
  • NHK DVD 落語名作選集
出来心」「蜘蛛駕籠」(ポリドール映像販売2006年発売)

一門弟子[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ “北京五輪 私が応援団長 落語家・三遊亭小遊三”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2008年8月14日). オリジナル2008年9月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080928113647/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/topics/20070615-345185/news/20080814-OHT1T00074.htm 
  2. ^ “<演芸>芸協総出で大演芸祭 西新宿の芸能花伝舎 卓球や芸人屋台も”. 東京新聞 Tokyo Web (中日新聞社). (2007年9月22日). オリジナル2007年10月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071014032217/http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/tradition/CK2007092202050819.html 
  3. ^ 祥伝社新書 落語家の通信簿 三遊亭円丈 p94 - 96
  4. ^ “三遊亭小遊三が心臓の手術、「笑点」収録は休まず”. スポーツ報知. (2016年4月21日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160421-OHT1T50131.html 2016年4月22日閲覧。 
  5. ^ ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』29ページ
  6. ^ ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』30ページ
  7. ^ a b ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』32ページ
  8. ^ 林家たい平師匠&三遊亭小遊三師匠 「秩父VS大月 バトルトーク」 in秩父”. 秩父市. 2016年6月18日閲覧。
  9. ^ いつみても波瀾万丈2008年9月14日放送回。[出典無効]
  10. ^ 大有企画
  11. ^ 週刊大衆 2012年5月7・14日号 p. 162 -163 お客のための人間力「この人を見よ!」

外部リンク[編集]