らくご卓球クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

らくご卓球クラブ(らくごたっきゅうクラブ)は、落語家を中心に業種・所属の垣根を越えて多くの人が参加する、同人卓球クラブ。

概要[編集]

1986年日本テレビ笑点』に出演し中学時代卓球部に属していた落語家・林家こん平が監督(発起人)、共演者で高校・大学で選手として活躍していた三遊亭小遊三がコーチとなり結成されたのが始まり。その後メンバーを徐々に増やし、仕事の繫がりから落語家以外の職業人も加わるようになり、現在ではお笑い、放送作家、俳優などあらゆるジャンルから参加。部員数は総勢100人を突破している。

こん平が多発性硬化症に倒れると小遊三が代わりに責任者の役割を担うようになる。2007年6月4日には結成20周年パーティーが行われ、こん平が3年ぶりに公の場に出席し元気な姿を見せた。以後こん平は病気進行の抑止と身体機能維持のため体調が許す限り積極的に参加している。

主な活動の場として、卓球用品総合メーカーのタマスが本社に併設する「バタフライ卓球道場」を使用している。

主なメンバー[編集]

外部リンク[編集]