石田卓球クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石田卓球クラブ(いしだたっきゅうくらぶ)は、日本の福岡県中間市垣生に拠点を置く卓球クラブチーム日本代表を多く輩出している。

概要[編集]

1988年国体のコーチ経験のある石田眞行や同級生で実業団経験のある妻の石田千栄子らの協力の元で産婦人科の跡地を利用して設立[1][2]

2004年からは地元の私立希望が丘高等学校をサポート、2012年には地元企業のフロム工業の支援を受けて自社工場の2階を練習場に改装[1]

2019年現在、石田千栄子はバンビ、長男の石田弘樹は中間市立中間東中学校、次男の石田真太郎は希望が丘高校の男子、石田眞行は希望が丘高校の女子の指導に当たり、三男の石田大輔早田ひなの専属コーチを務めている[2]

出身者[編集]

ほか

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “卓球クラブ手作り、「ひな」世界へ(探検!九州・沖縄)”. 日本経済新聞社. (2018年8月6日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO33806520T00C18A8MLY000?unlock=1&s=3 2020年8月10日閲覧。 
  2. ^ a b ““年1300時間”練習 元百貨店マンに聞くメダリスト育成の極意<石田卓球クラブ#1”. Rallys. (2019年8月30日). https://rallys.online/person/player-voice/ishida01/ 2020年8月10日閲覧。 
  3. ^ a b c d “「福岡から世界へ」早田、岸川ら生んだ日本卓球界“虎の穴”<石田卓球クラブ#2>”. Rallys. (2019年8月31日). https://rallys.online/person/player-voice/ishida02/ 2020年8月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]