ジャパントップ12卓球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャパントップ12卓球大会 Table tennis pictogram.svg
Yoyogi-National-Second-Gymnasium-01.jpg
大会概要
別名 LIONカップ
開始年 1996
主催 日本卓球協会
スポンサー ライオン
開催国 日本の旗 日本
開催都市 東京都の旗東京都渋谷区
会場 国立代々木競技場第二体育館
参加選手数 男女各12人
賞金総額 500万円
優勝賞金 100万円
サイト 大会公式サイト
前回優勝
最多優勝
■テンプレート■ノート ■解説プロジェクト:卓球

ジャパントップ12卓球大会(ジャパントップトゥエルブたっきゅうたいかい)は、日本卓球協会が主催で1996年に始まった、毎年2月下旬に開催される卓球の大会である。

概略[編集]

原則として直前に開催される全日本卓球選手権大会の男女シングルスベスト8と日本卓球協会が選考した男女4人の合計各12人が参加し、優勝賞金100万円をかけて争う。

男女とも参加12人を「A」「B」「C」「D」の4グループに3人ずつを分けて予選リーグを行い、各グループの第1位の選手による決勝トーナメントが行われる。わずか1ヶ月前に開催された全日本卓球選手権大会で活躍した選手が集まるためトップレベルの選手同士の好試合が多く期待できる。加えて、サインボールプレゼントや抽選会などファンサービスも多く企画されているので、毎年お目当ての選手を間近でみることを楽しみに来場するファンも多い。

開催場所については、第1回が中野区立体育館、第2回が越谷市立総合体育館で開催された後、第3回以降は国立代々木競技場第2体育館で行われているが、第12回のみ駒沢オリンピック公園総合運動場体育館に変更された。また大会名称は、第4回までは当時の日本卓球協会会長・石川六郎の名前から「石川杯」とされていたが、石川の退任後の第5回~第9回及び第13回は「会長杯」となり、第10回~第12回の3回は「大林カップ」という名称で行われている。2017年は「LIONカップ」という名称で行われている。

歴代結果[編集]

男子シングルス 女子シングルス
優勝 準優勝 3位 優勝 準優勝 3位
1996 伊藤誠 松下浩二 岩崎清信 小山ちれ 東童多英子 佐藤利香
山本恒安 坂田愛
1997 岩崎清信 松下浩二 山本恒安 小山ちれ 松岡りか 佐藤利香
渋谷浩 梅村礼
1998 偉関晴光 松下浩二 倉嶋洋介 小山ちれ 西飯由香 河野文江
佐藤建剛 河村朋枝
1999 渋谷浩 田﨑俊雄 三田村宗明 坂田倫子 坂田愛 河野文江
矢島淑雄 内藤和子
2000 偉関晴光 渋谷浩 木方慎之介 羽佳純子 坂田愛 小山ちれ
松下浩二 坂田倫子
2001 偉関晴光 大森隆弘 遊澤亮 小山ちれ 高田佳枝 小西杏
田﨑俊雄 羽佳純子
2002 木方慎之介 偉関晴光 遊澤亮 梅村礼 羽佳純子 藤田由希
真田浩二 平野早矢香
2003 偉関晴光 遊澤亮 木方慎之介 藤沼亜衣 平野早矢香 末益亜紗美
大森隆弘 岸田聡子
2004 偉関晴光 新井周 遊澤亮 平野早矢香 藤井寛子 岸田聡子
大森隆弘 樋浦令子
2005 吉田海偉 岸川聖也 加山兵伍 藤井寛子 福原愛 平野早矢香
偉関晴光 末益亜紗美
2006 吉田海偉 松下浩二 大森隆弘 金沢咲希 福原愛 高橋美貴江
倉嶋洋介 樋浦令子
2007 吉田海偉 坪口道和 松平賢二 平野早矢香 福原愛 石川佳純
松平健太 藤井寛子
2008 吉田海偉 韓陽 上田仁 平野早矢香 樋浦令子 石川佳純
大矢英俊 福原愛
2009 岸川聖也 水谷隼 上田仁 藤沼亜衣 福原愛 渡辺裕子
吉田海偉 田勢美貴江[注 1]
2010 水谷隼 張一博 韓陽 石川佳純 福原愛 藤井寛子
笠原弘光 渡辺裕子
2011 水谷隼 吉村真晴 笠原弘光 藤井寛子 藤沼亜衣 若宮三紗子
張一博 福原愛
2012 高木和卓 大矢英俊 時吉佑一 若宮三紗子 田代早紀 藤井寛子
塩野真人 藤井優子
2013 松平健太 大矢英俊 張一博 石川佳純 藤井優子 森さくら
水谷隼 岡本真由子
2014 水谷隼 松平健太 丹羽孝希 田代早紀 平野美宇 平野早矢香
岸川聖也 土井みなみ
2015 丹羽孝希 吉村真晴 吉田雅己 平野早矢香 石川佳純 平野美宇
森薗政崇 早田ひな
2016 未開催
2017 上田仁 吉村真晴 吉田海偉 石川佳純 伊藤美誠 橋本帆乃香
神巧也 佐藤瞳
2018 水谷隼 張本智和 大島祐哉 早田ひな 橋本帆乃香 安藤みなみ
神巧也 長﨑美柚

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 田勢美貴江は旧姓名高橋美貴江

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]