佐藤瞳 (卓球選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2017年5月
佐藤 瞳 Table tennis pictogram.svg
基本情報
よみがな さとう ひとみ
ラテン語表記 Sato Hitomi
生年月日 (1997-12-23) 1997年12月23日(20歳)
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道の旗北海道函館市
身長 163[1]cm
体重 52[1]kg
選手情報
世界ランキング 最高9[2]位(2017年4月) 現在14位
段級位 5段
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット 剛力スーパーカット[3]
フォア面ラバー 狂飈NEO3[3]
戦型 フォアバック粒高カット主戦型[4]
コーチ 大嶋 雅盛[5]
ITTFサイト ITTFプロフィール
経歴
学歴 札幌大谷高校
所属歴 ミキハウス
代表 日本の旗 日本代表 2017
ITTFワールドツアー戦歴
デビュー 2013
ツアー優勝 通算8勝 シングルス3勝 ダブルス5勝
生涯成績 453試合 321勝 勝率71%
世界卓球選手権戦歴
出場大会数 1
初-最終出場 2017
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子卓球
ワールドツアーグランドファイナル
2016 ドーハ 女子ダブルス
アジア卓球選手権
2017 無錫 女子団体
2017 無錫 女子ダブルス
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

佐藤 瞳(さとう ひとみ、1997年12月23日 - )は、北海道函館市[1][6]出身の日本の女子卓球選手。ミキハウス所属。ITTF世界ランキング最高位は9位(2017年4月)[2]段級位は5段。

人物・経歴[編集]

函館市の生まれ。小学2年で地元の少年団で卓球を始める[1][6]2012年地元の函館市立尾札部中学校3年の時に全国中学校卓球大会で優勝、札幌大谷中学校・高等学校1年でインターハイ準優勝[6]など実績を積み、2013年から積極的にITTFワールドツアーに転戦。2014年6月の韓国オープンではU-21部門でシングル初優勝、11月のスウェーデンオープンでも優勝を果たし、世界ジュニア卓球選手権団体準優勝、この年ワールドツアーU-21部門のポイントランク1位になる[1]2015年、平成26年全日本卓球選手権ではベスト8に進出。2016年、高校卒業後ミキハウスに入社[7]、5月のクロアチアオープンではランキングの格上の福原愛伊藤美誠を破り、決勝では平野美宇を破りツアー初優勝。平成28年度全日本卓球選手権では自身初のベスト4に入る。

2017年1月、5月開催の第54回世界卓球選手権個人戦に推薦枠で代表に初選出[1]、3月のチャレンジシリーズのベラルーシ、4月のタイオープンと2大会連続で優勝、アジア選手権では団体、女シングルス、ダブルスに出場、団体には出場に恵まれず、シングルスでも初戦敗退と結果は振るわなかったがダブルスでは橋本帆乃香とのペアで銅メダルを獲得。またチャレンジシリーズスロベニアオープンで優勝。第54回世界卓球選手権個人戦では1回戦、2回戦と順調に勝ち進んだが3回戦でエリザベタ・サマラ ルーマニア)にフルゲームで敗れた。

エピソード[編集]

2017年のカタールオープンの決勝トーナメントのリー・ジェオランダの旗 オランダ)戦では1ラリーで10分13秒、766回ラリーが続いた。国際卓球連盟は「卓球史上最長のラリーになるはずです」と動画付きで紹介した。

映像外部リンク
カタールOP・リー・ジェ戦の最長ラリー(2014年、国際卓球連盟による動画)

プレースタイル[編集]

戦績[編集]

2009年
2012年
  • 全国中学校卓球大会(シングルス):優勝[1][6]
2013年
2014年
2015年
  • ITTFベラルーシオープン(U21):優勝[12]
  • ITTFクロアチアオープン(U21):準優勝[13]
  • ITTFフィリピンオープン(U21):優勝[14]
  • ITTFオーストラリアオープン(U21):優勝[6][15]
  • ITTFジャパンオープン(U21):優勝
  • ITTF韓国オープン(ダブルス):準優勝(早田ひなペア)[6][16]
  • アジアジュニア卓球選手権大会(団体):準優勝[17]
  • ITTF中国オープン(U21):優勝[6][18]
  • ITTFポーランドオープン(U21):準優勝[6][19]
2016年
  • ITTFクロアチアオープン(シングルス):優勝[6][20]
  • ITTFスロベニアオープン(U21):優勝[6][21]
  • ITTFオーストラリアオープン(ダブルス):優勝(橋本帆乃香ペア)[6][22]
  • ITTFベラルーシオープン(ダブルス):優勝(橋本帆乃香ペア)[6][23]
  • ITTFオーストリアオープン(ダブルス):優勝(橋本帆乃香ペア)[24]
2017年
  • ITTFチャレンジシリーズベラルーシオープン(シングルス):優勝[6][25]
  • ITTFチャレンジシリーズタイオープン(シングルス):優勝、(ダブルス):優勝(橋本帆乃香ペア)
  • アジア卓球選手権大会 団体(平野美宇伊藤美誠早田ひな加藤美優):準優勝、(ダブルス):3位(橋本帆乃香ペア)
  • ITTFチャレンジシリーズスロベニアオープン(シングルス):優勝
  • ITTFチャレンジシリーズクロアチアオープン(ダブルス):優勝(橋本帆乃香ペア)
  • ITTFオーストラリアオープン(ダブルス):準優勝(橋本帆乃香ペア)

成績[編集]

最高成績[編集]

女子シングルス[編集]

女子ダブルス[編集]

女子団体[編集]

世界ランキング[編集]

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 279 281 292 202 170 169 139
2014年 138 137 106 92 106 91 63 70 53 53 57 50
2015年 49 51 53 51 39 33 31 39 36 32 37
2016年 24 24 23 26 27 21 20 20 23 24 23 25
2017年 18 17 18 9 10 12 12 12 12 13 12 14
2018年 19 19 16 13 12 14

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 佐藤瞳、佳純に完敗もつかんだ!夢の東京五輪への足がかりスポーツ報知 2017年01月23日閲覧
  2. ^ a b 卓球・佐藤瞳が自己最高の世界ランク9位に…佳純、美誠に次ぐ日本勢3番手 : スポーツ報知”. スポーツ報知 (2017年4月6日). 2017年4月6日閲覧。
  3. ^ a b 佐藤瞳卓球ナビ
  4. ^ 佐藤瞳(卓球王国)
  5. ^ NT・JNT・HNT強化スタッフ(H29)日本卓球協会
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 佐藤瞳 〈日本 〉”. 卓球王国. 2017年1月23日閲覧。
  7. ^ 佐藤 瞳(卓球)| MIKI HOUSE SPORTS CLUB”. ミキハウス. 2017年4月9日閲覧。
  8. ^ “【TOPICS】タイジュニアで佐藤瞳が優勝”. 卓球王国. (2013年5月9日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=1044#1044 2017年3月25日閲覧。 
  9. ^ “【TOPICS】松平志/前田が金メダル。アジアジュニア選手権”. 卓球王国. (2013年9月4日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=1125#1125 2017年3月25日閲覧。 
  10. ^ “【TOPICS】韓国オープン、佐藤瞳がU21で優勝”. 卓球王国. (2014年6月16日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=1472#1472 2017年3月25日閲覧。 
  11. ^ “【TOPICS】U21で吉田雅己と佐藤瞳が優勝。スウェーデンOP”. 卓球王国. (2014年11月7日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=1636#1636 2017年3月25日閲覧。 
  12. ^ “【TOPICS】ベラルーシオープン、伊藤美誠が女子シングルス制す”. 卓球王国. (2015年5月18日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=1768#1768 2017年3月25日閲覧。 
  13. ^ “【TOPICS】クロアチアオープン、吉村真晴が男子シングルスで優勝”. 卓球王国. (2015年5月24日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=1773#1773 2017年3月25日閲覧。 
  14. ^ “【TOPICS】石川佳純と大島祐哉がフィリピンオープンを制す”. 卓球王国. (2015年6月1日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=1778#1778 2017年3月25日閲覧。 
  15. ^ “【TOPICS】福原愛がオーストラリアオープン優勝”. 卓球王国. (2015年6月8日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=1781#1781 2017年3月25日閲覧。 
  16. ^ “【TOPICS】福原が伊藤を破り韓国オープン優勝”. 卓球王国. (2015年7月6日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=1797#1797 2017年3月25日閲覧。 
  17. ^ “【TOPICS】アジアジュニア選手権、ジュニア男子で三部が3位入賞!”. 卓球王国. (2015年7月27日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=1817#1817 2017年3月25日閲覧。 
  18. ^ “【TOPICS】中国オープンで大島祐哉、石川佳純が3位入賞”. 卓球王国. (2015年8月10日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=1824#1824 2017年3月25日閲覧。 
  19. ^ “【TOPICS】ポーランドオープンは樊振東と劉詩ウェンがV!”. 卓球王国. (2015年10月26日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=1879#1879 2017年3月25日閲覧。 
  20. ^ “【TOPICS】佐藤瞳がワールドツアー初優勝! クロアチアオープン”. 卓球王国. (2016年5月30日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=2032#2032 2017年3月25日閲覧。 
  21. ^ “【TOPICS】水谷隼がスロベニアオープン優勝”. 卓球王国. (2016年6月6日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=2038#2038 2017年3月25日閲覧。 
  22. ^ “【TOPICS】オーストラリアOPで日本が全種目制覇、水谷はツアー2連勝”. 卓球王国. (2016年6月12日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=2042#2042 2017年3月25日閲覧。 
  23. ^ “【TOPICS】芝田沙季がベラルーシオープンでツアー初優勝”. 卓球王国. (2016年9月12日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=2092#2092 2017年3月25日閲覧。 
  24. ^ “【TOPICS】オーストリアオープンで松平健太と伊藤美誠が優勝”. 卓球王国. (2016年11月14日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=2147#2147 2017年3月25日閲覧。 
  25. ^ “【TOPICS】ベラルーシオープンで佐藤瞳が優勝”. 卓球王国. (2017年3月21日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=1&rpcdno=2199#2199 2017年3月25日閲覧。 

外部リンク[編集]