駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
駒沢オリンピック公園総合運動場体育館
Komazawa Gymnasium 2009.jpg
施設情報
愛称 駒沢体育館
正式名称 駒沢オリンピック公園総合運動場体育館
用途 体育館
収容人数 固定席 2,354人
仮設席 1,120人
設計者 芦原義信
施工 鹿島建設銭高組大明建設
管理運営 (公財)東京都スポーツ文化事業団
構造形式 鉄筋コンクリート造・鉄骨造
延床面積 競技フロア
38.86m×47.4mm²
階数 地上2階地下1階
着工 1962年8月
竣工 1964年3月
所在地 154-0013
東京都世田谷区駒沢公園1-1
位置 北緯35度37分29.3秒 東経139度39分38.9秒 / 北緯35.624806度 東経139.660806度 / 35.624806; 139.660806座標: 北緯35度37分29.3秒 東経139度39分38.9秒 / 北緯35.624806度 東経139.660806度 / 35.624806; 139.660806

駒沢オリンピック公園総合運動場体育館(こまざわオリンピックこうえん そうごううんどうじょう たいいくかん)は東京都世田谷区駒沢オリンピック公園にある体育館。

概要[編集]

1964年東京オリンピックで、レスリング競技の会場となった。その後1993年に大規模な改修が行われ、規模が1.7倍に広げられ、観客席数も2898席から3474席に増え、「東京オリンピックメモリアルギャラリー」などが設けられた[1]

2005年には、DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選定。

現在ではレスリングの他、バレーボール全日本インカレ(グループ戦)[2]、プロバスケットボールB3.LEAGUE東京サンレーヴスのホームゲーム[3]フットサルハンドボールなどが行われている。

また、代々木第一・第二体育館改修工事中には2007年ワールドカップバレーボール男子大会、全日本レスリング選手権大会全日本選抜選手権が行われ、レスリング少年少女大会も開催される。プロレスの興行にも使用されたことがある。2017年-2018年にはB1リーグアルバルク東京」が本来の本拠である代々木第2体育館の全面改修工事で使用できないことに伴い、暫定本拠地の一つとして[4]4試合の主催カードを行う。

公園内その他の施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【シリーズ】世界からつどう-未来への遺産(第10回) 東建月報2007年12月号掲載のWEB版
  2. ^ 全日本インカレ - 会場案内
  3. ^ 東京サンレーヴスOfficialSite. “SCHEDULE”. 2012年8月25日閲覧。
  4. ^ メインはアリーナ立川立飛

外部リンク[編集]