梅村礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梅村礼 Table tennis pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1976-12-04) 1976年12月4日(40歳)
選手情報
最高世界ランク 11位
利き腕
グリップ シェークハンド
フォア面ラバー 裏ソフト
バック面ラバー 裏ソフト
戦型 ドライブ主戦型
■テンプレート■ノート ■解説プロジェクト:卓球

梅村 礼(うめむら あや、1976年12月4日 - )は、北海道苫小牧市出身の卓球選手。

経歴[編集]

耳が不自由であった兄の梅村正樹が卓球をしていたので、一緒に卓球を習い始める。(兄はその後、1997年コペンハーゲンで開催されたデフリンピックで2種目金メダル、2001年ローマで開催された同大会では4種目の金メダルを獲得する。)

中学校から北広島市(当時広島町)に移住。札幌日本大学高等学校から富田女子高等学校へと転校し、その後十六銀行に就職、1996年日本生命保険へと移籍する。

2001年にはITTFプロツアー・ブラジルオープン女子シングルスで優勝し、2001年2002年全日本卓球選手権女子シングルスで連続優勝を達成。2004年世界選手権ドーハ大会女子団体では、当時世界ランキング1位の張怡寧に勝つなどの活躍で、3位入賞の立役者となる。アテネオリンピックでオリンピック初出場を果たし、シングルスではベスト16、藤沼亜衣とのダブルスではベスト8となった。

2006年、卓球ブンデスリーガにて(一番左が梅村)

2005年からは、ドイツブンデスリーガのラングバイトに所属、また文化シヤッターに移籍し、プロ活動を行っている。2005/2006年シーズンでは、ラングバイドのエースとして、チームのブンデスリーガ女子1部優勝、ヨーロッパチャンピオンズリーグ準優勝に大きく貢献した。2006/2007年シーズンにおいても、ブンデスリーガ女子1部で優勝を果たす。2007/2008年シーズンはイタリアのサンドナテッセに所属、2008/2009年シーズンはドイツのホルスターハオゼンに所属する。

プレースタイル[編集]

元々はバック表ソフトの異質攻撃型だったが、日本生命に所属していたときに両面裏ソフトに変更。日本の女子選手で数少ないパワーのあるドライブ攻撃を放つことができる選手であり、特に1発で抜き去るバックハンドは威力がある。

主な戦績[編集]

  • 2001年
    • ITTFプロツアー・ブラジルオープン 女子シングルス優勝
    • ITTFプロツアー・USオープン 女子シングルス準優勝
    • ITTFプロツアー・デンマークオープン 女子シングルス準優勝
    • 全日本卓球選手権大会 女子シングルス優勝、女子ダブルス優勝
  • 2002年
    • ITTFプロツアー・ブラジルオープン 女子シングルス優勝
    • アジア競技大会女子団体3位
    • 全日本卓球選手権大会 女子シングルス優勝
  • 2003年
    • ITTFプロツアー・ブラジルオープン 女子シングルス準優勝
  • 2004年

外部リンク[編集]