今野安子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
卓球
世界卓球選手権
1969 ミュンヘン 女子団体
1969 ミュンヘン 混合ダブルス
1971 名古屋 女子団体
アジア卓球選手権
1972 北京 混合ダブルス

今野 安子(こんの やすこ)(現姓杉本)は、岩手県大船渡市出身の卓球選手[1]

1967年、久保学園高等学校(現・盛岡誠桜高等学校)3年生の時に第8回アジア卓球選手権女子ジュニアシングルスで優勝した[2]。その後愛知工業大学でプレーした[1]。1969年の世界卓球選手権ミュンヘン大会で長谷川信彦との混合ダブルスで優勝した[1]。1971年の世界卓球選手権名古屋大会では小和田敏子大関行江大場恵美子と共に女子団体で優勝を果たした[3][4]

主な成績[編集]

  • 世界卓球選手権
    • 混合ダブルス優勝(1969年、長谷川信彦とのペア)
    • 女子団体3位(1969年)
    • 女子団体優勝(1971年)
  • 全日本卓球選手権大会
    • 女子ダブルス優勝(1968年、小和田敏子とのペア)
    • 混合ダブルス優勝(1968年、長谷川信彦とのペア)
    • 混合ダブルス優勝(1969年、近藤有慶とのペア)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 岩手県卓球協会創立80周年記念講演会のご案内”. 岩手県卓球協会 (2002年11月10日). 2011年10月31日閲覧。
  2. ^ 岩手日報文化賞・体育賞”. 岩手日報. 2012年5月9日閲覧。
  3. ^ 朝日スポーツ賞(1974~1929年度)”. 朝日新聞社. 2011年10月31日閲覧。
  4. ^ ピンポン外交40周年記念会”. エイ・ワークス. 2011年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]