森薗美咲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森薗美咲 Table tennis pictogram.svg
トップおとめピンポンズ名古屋
基本情報
よみがな もりぞの みさき
ラテン語表記 MORIZONO Misaki
生年月日 (1992-04-16) 1992年4月16日(26歳)
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都西東京市
選手情報
世界ランキング 最高25位(2014年9月)
段級位 7段
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット クリッパーCR WRB
フォア面ラバー テナジー・05
バック面ラバー ブースターEV
シューズ WAVE DRIVE 8
戦型 フォア・バック前陣速攻型
ITTFサイト ITTFプロフィール
経歴
学歴 青森山田中学高等学校
所属歴 日立化成
マネージメント FPC
ITTFワールドツアー戦歴
生涯成績 487試合 324勝 勝率67%
世界卓球選手権戦歴
出場大会数 2
初-最終出場 2009 - 2013
国内戦歴
全日本選手権 混合ダブルス 2013
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子卓球
アジア卓球選手権
2013 釜山 女子団体
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

森薗 美咲(もりぞの みさき、1992年4月16日 - )は、日本の女子卓球選手。東京都西東京市出身。フォア・バック前陣速攻型ITTF世界ランキング最高位は25位。段級位は7段。TリーグTOP名古屋所属。マネージメントはFPC。弟は卓球選手の森薗政崇、従妹は森薗美月である。

経歴[編集]

東京都西東京市出身。小学校までは自身の親が経営する美鷹クラブに所属。青森山田中学高等学校在学中は卓球ジュニア日本代表として世界ジュニア卓球選手権などで実績を上げた。

卓球日本代表として2009年横浜市で行われた第50回世界卓球選手権個人戦に選ばれて混合ダブルスに丹羽孝希とのペアで出場した。

2010年12月の第8回世界ジュニア選手権の女子団体では中国の8連覇を阻止し初優勝をした。ジュニア大会ではあるが、世界タイトルイベントでの日本女子団体種目優勝は、1971年世界選手権女子団体優勝以来39年ぶり。

2014年度全日本卓球選手権の混合ダブルスにおいて張一博ペアで優勝した[1]

2018年に7年半所属した日本卓球リーグ日立化成を離れ、TリーグTOP名古屋に加入してプロ契約した [2]

戦歴[編集]

  • 2003年
    • 全日本選手権(ホープスの部):ベスト8
  • 2004年
    • 全日本選手権(ホープスの部):3位
    • 全日本選手権(カデットの部):13歳以下シングルス準優勝、ダブルス3位
  • 2005年
    • 東京選手権(カデットの部):優勝
    • 全日本選手権(カデットの部):13歳以下シングルス準優勝
  • 2006年
    • 第37回全国中学校卓球大会:女子シングルス準優勝
    • ITTFワールドカデットチャレンジ:女子シングルス優勝、女子団体優勝
  • 2007年
    • 全日本卓球選手権:ジュニア女子 3位
    • ITTFプロツアーチリオープン:女子アンダー21 ベスト8
    • 第62回国民体育大会:少年女子の部準優勝(青森県代表)
    • ITTFワールドカデットチャレンジ:女子シングルス優勝
  • 2008年
    • 大林カップ・第14回ジャパントップ12:女子シングルス出場
    • 第77回全国高校総体:女子シングルス ベスト8、女子ダブルス優勝、女子学校対抗準優勝
    • ITTFジュニアサーキット(タヒチ):女子シングルス2位、女子ダブルス優勝、女子団体優勝
    • ITTFジュニアサーキット(ポーランド):女子団体優勝
    • ITTFジュニアサーキットファイナル:女子シングルス準優勝
    • 世界選手権モスクワ大会(団体)女子代表選考会:8位
    • 第6回世界ジュニア選手権:女子団体準優勝
  • 2009年
    • 全日本選手権:女子シングルス ベスト4、ジュニア女子準優勝
    • アジア選手権大会女子代表選考会:7位
    • ITTFジュニアサーキット(韓国):女子団体優勝、女子シングルス準優勝、女子ダブルス3位
    • 第78回全国高校総体:女子学校対抗優勝、女子シングルス3位、女子ダブルス準優勝(秦詩琪ペア)
    • 第15回アジアジュニア選手権:女子ダブルス優勝
    • 世界卓球選手権(個人):混合ダブルス出場
    • ITTFジュニアサーキットファイナル:女子シングルス優勝
    • 第7回世界ジュニア選手権:女子団体準優勝
  • 2010年
    • 全日本卓球選手権:女子シングルス ベスト16、ジュニア女子準優勝
    • 第79回全国高校総体:女子学校対抗準優勝、女子ダブルス優勝(秦詩琪ペア)
    • ITTFプロツアー ジャパンオープン(荻村杯):女子ダブルス3位(藤沼亜衣ペア)
    • 世界ジュニア選手権女子日本代表選手選考会:(23試合全勝)優勝
    • ITTFジュニアサーキット(ポーランド):女子団体優勝、女子ジングルス2位、ダブルス優勝(谷岡あゆかペア)
    • ITTFジュニアサーキット(中国太原):女子ジングルス3位
    • 第8回世界ジュニア選手権大会:女子団体初優勝(石川、森薗、谷岡、前田),ダブルス準優勝(石川佳純ペア)
  • 2011年
    • 全日本卓球選手権:女子シングルス ベスト8
    • ITTFプロツアー カタールオープン:U21準優勝
    • ITTFプロツアー スペインオープン:U21準優勝
    • ITTFプロツアー 韓国オープン:U21準優勝
    • ITTFプロツアー チリオープン:シングルス3位、ダブルス3位(谷岡あゆかペア)、U21優勝
    • ITTFプロツアー オーストリアオープン:U21準優勝
    • 第66回国民体育大会『おいでませ山口国体』卓球競技会 成年女子優勝=茨城県(福平・野上・森薗)
  • 2012年
  • 2013年
    • 全日本卓球選手権:女子ダブルス準優勝(小野思保ペア)
    • ITTFワールドツアー クウェートオープン:女子ダブルス準優勝(石川佳純ペア)
    • ITTFワールドツアー 中国オープン(蘇州):U21優勝
    • ITTFワールドツアー ロシアオープン:U21優勝
  • 2014年
    • 全日本卓球選手権:混合ダブルス優勝(張一博ペア)
    • ITTFワールドツアー オーストラリアオープン:シングルス準優勝
    • ITTFワールドツアー ベラルーシオープン:シングルス準優勝
    • 平成26年度日本卓球リーグプレーオフJTTLファイナル4〔内閣総理大臣杯〕:優勝(日立化成)
  • 2015年
    • 全日本卓球選手権:女子シングルス準優勝
  • 2016年
    • 第25回日本卓球リーグ・ビッグトーナメント佐賀大会:女子シングルス優勝[3]
    • ITTFワールドツアー ブルガリアオープン:女子ダブルス優勝(加藤美優ペア)
  • 2017年
    • ITTFチャレンジシリーズベラルーシオープン:女子ダブルス優勝(加藤美優ペア)

人物[編集]

AKB48のファン。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ おめでとう! 混合ダブルスは張一博/森薗美咲が優勝!! - Nittaku公式サイト、2018年2018年10月24日閲覧
  2. ^ 森薗美咲、日立化成を退社しプロ転向…Tリーグ「TOP名古屋」と契約 - スポーツ報知、2018年10月24日閲覧
  3. ^ ビッグトーナメント佐賀大会 松平健太(JTB)と森薗美咲(日立化成)が優勝 - 日本卓球リーグ実業団連盟、2016年4月11日閲覧

外部リンク[編集]